梨花女子大学校言語教育院日本語講師募集概要
 

梨花女子大学校言語教育院では、2005年度春学期(3月下旬)から一緒に日本語を教えてくださる方を募集しています。講師募集の概要を以下にお知らせいたしますので、どうぞご覧の上、応募してください。

なお、提出書類は、言語教育院の事務室(203号室)に出してくださいますようお願いします。

2004年11月1日発行 
2004年11月17日修正 
2004年12月1日募集打切り

尾崎達治  


梨花女子大学校言語教育院の講師募集に対して、お問い合わせいただきありがとう ございました。募集の概要は以下のとおりです。
募集人員 1名(“男性1名”から11/17に変更)
応募資格 @日本語を母語とする方
A4年制大学卒業以上(大学院修了または修士以上の学位所持者は優遇)
B日本語教育経験者(日本語を体系的に教えられる方)
C韓国語ができる方(これは必須ではありませんが、韓国語ができると授業に非常に役に立ちます)
D日本語教育に対して意欲があり、性格が明るくて授業を楽しくできる方(小人数のクラスですから先生の人柄が非常に重要です。)
授業開始日 2005年3月 日〜
担当授業時間数 1週間に5コマ程度(10時間/週)
学期によって多少の変動があります。
講師料 24000ウォン前後(50分当たり)からスタートになります。
学歴・経験、資格等によって多少の違いはあります。
(その他に毎学期、作文添削料、インタビュー料等が支払われます。)
講師の仕事 @授業(当然これがメインです)
A新規の学生のクラス分けインタビュー
B最上級クラスの学生による最終レポート発表に対する審査
(学生たちの口頭発表に対して行います)
C教材開発
提出書類 @履歴書(写真を貼ること)
A自己紹介書
B教育所見書(日本語教育に対する自分自身の計画等)
C最終学歴証明書
D資格を証明する書類(学位証明書、日本語教育能力試験等)
※書類は自筆でもワープロで作成したものでもかまいません。
(最後に一言)

 普段は授業を一生懸命やっていればいいので、それほど大変ではないと思います。また、言語教育院の教育環境は非常にいいと思います。(建物および施設が最新のもので、非常に気持ちよく授業ができます。もちろん冷暖房完備)学生たちの学習意欲および学習能力も非常に優れています。元々勉強する姿勢のできている学生が多いです。(もちろん例外もいますが……)授業も少人数(10〜15人前後)で行われますので、本当の意味で日本語教育をやってみたい方には最高の環境だと思います。

 但し、1週間の授業時間数が10時間程度しかないので、自分の時間はたくさんありますが、毎月の収入が約100万ウォン〜120万ウォン程度になりますので、一家の大黒柱である男性には、ちょっときついかもしれません。男性の場合は何か他の仕事を併行してやる必要があると思います。授業のスケジュールに支障がない限り、学院を除く他大学での講義、大学院への在学、その他のサイドビジネスに対する制限は特にありません。

 以上、参考になりましたでしょうか。何かお聞きになりたいことがありましたら、尾崎の方までお願いいたします。(電子メール:ijustat@hotmail.com

※ 梨花女子大学校言語教育院についての詳細はhttp://elc.ewha.ac.kr/をご覧ください。

서울특별시 서대문구 대현동 11-1 이화여자대학교 언어교육원
대표전화 : 3277-3184   Fax : 3277-2855