「つもり」の用例

予定、 つもり


重役は旦那さまのつもり (小熊秀雄全集-07.txt)

やるべきことに専念するつもり (ハナミユウサク詩集.txt)

女1・・・誘惑って、まさか、将来妻になる女の操を売るつもり (真夏の夜の夢)

――りん子さん、今夜は貴女は何処へかへるつもり (小熊秀雄全集-07.txt)

亜衣「どう責任取るつもり!?」 ( 5 双子探偵第5回)

リドルが振り返った。ロディは自分にしか聞こえないようにしゃべったつもり (青い谷の魔女.html)

「なによそれ!聞いたことない。食い逃げのつもり?」 (詩織平成九年度.txt)

びた朝顔の蔓みたいに見える。まるで自分みたいだ。いつまで貼り付いているつもり?もう中身が空っぽになてし (『詩織』平成10年度号)

彼女と過ごす誕生日。これも1年前と同じことを言うつもり?名前だけ変えて「一緒にい (『詩織』平成10年度号)

その車は、旦那の自家用の車のつもり(小熊秀雄全集-07.txt)

花「それだから海上さんのとこへ行《ゆ》くつもり、そうすれば御内所《ごな (根岸お行の松 因果塚の由来.txt)

西尾愛「気をつけるつもり、って........普通のお父 (13 パパはニュースキャスタースペシャル)

梢「(首を振り)........そんなつもり、なかったんです。私、札 ( 8 逢いたい時に… 第8回)

「多分、する。でも、この1度だけにするつもり。」 (bamen.html)

は(がん)宣告を受けたでしょう。自分で運命を背負っていることを納得したつもり。そう思ってみてもまだ未 (AIC〔今週のAERA〕)

今度のライブに一緒に行けなくても、私は一人でも行くつもり。コウ君に行くって約束し (17-8.htm)

北区の主婦脇田弥輝さん(24)は「雪印製品が店頭に出ても、しばらくは避けるつもり。買うかどうかは、雪印側 (「安全」宣言 消費者不安)

想の問題だけではなく、心理学的な事実なのです。(9.21のテレビ「知ってるつもり:マザーテレサ」で、ミル (mother心理学とキリスト教02)

男:そんなことより自分の心配しなさいよ。これからずっとこのまま生活するつもり(彼に愛されるあたしは彼)

……それで本当に進んでるつもり(チョイスっ!.txt)

婦長「(美代子の真剣な顔に)大木さん、4月以降はどうするつもり?」 (11 逢いたい時に… 最終回)

西尾愛「(頬杖をついて)こんなとこでずっと待たせるつもり?」 ( 1 パパはニュースキャスター第1回)

西尾愛「工藤今日子さんと結婚するつもり?」 (10 パパはニュースキャスター第10回)

モデルどういうつもり?あなた何か企んでるの?< (微笑のマスク)

「じゃあ、勝手にしな。だけど、どうやって青い谷まで行くつもり?このあた (青い谷の魔女.html)

ママ(間)それ、笑い話のつもり?それとも、新手の説教な (居眠りする人々よ、夢を語れ!)

走る女暴力で黙らせるつもり?最低だわ。 (凍てついたロマンの残骸)

「(見据えて)........どういうつもり?中身、違うわね」 (スチュワーデス刑事)

「まづその御意《おつもり》でお熱いところをお一盞 (金色夜叉_ruby.txt)

9.21今、テレビの「知ってるつもり」で、マザーテレサの番組 (mother心理学とキリスト教.html)

男「中学生のクセに正義の味方気取りやがって!罠を仕掛けたつもりか!?」 ( 7 双子探偵第7回)

を立った時に、夫婦の荷を運んだ赤帽が、もう動き出した汽車の窓へ、挨拶のつもりか顔を出した。その顔を一 (妙な話.txt)

って、なにを見るともなしに川のおもてを見おろしていた。一体どこまで行くつもりか、お君にはちょっと見当 (岡本綺堂/両国の秋.txt)

「いいや。どういうおつもりか、お組頭、ちとふにおち (右門捕物帖31.txt)

かと思うと、お角はむやみに文字春が憎らしくなって、行きがけの駄賃に殺すつもりか、それとも顔にでも傷を (半七捕物帳 津の国屋_ruby.txt)

ません。一体なんの為にこんな事をしたのか、犬を使ってお角を咬み殺させるつもりか、それとも何かほかに目 (半七捕物帳 蟹のお角_ruby.txt)

くのか、あるいはその正体を見あらわす必要上、腕ずくでもそれを取り押えるつもりか、それらについては最初 (半七捕物帳 柳原堤の女_ruby.txt)

らしくなって、行きがけの駄賃に殺すつもりか、それとも顔にでも傷をつけるつもりか、ともかくも彼女の家へ (半七捕物帳 津の国屋_ruby.txt)

かした。しかし法華経信者の母は妻の言葉も聞えないように、悪い熱をさますつもりか、一生懸命に口を尖らせ (065 子供の病気 )

いくらいです。七年まえのだんごのかたきを伝六は捕物《とりもの》で晴らすつもりか、雨の道をもものともせ (右門捕物帖30.txt)

冥加な奴でござる。」――甚太夫は口惜しそうに呟いたまま、蘭袋に礼を云うつもりか、床の上へ乱れた頭を垂 (008 或敵打の話)

する同情か、或いはこれを枷《かせ》にして今後の飲み代《しろ》をいたぶるつもりか、彼は死骸の始末を自分 (半七捕物帳 白蝶怪_ruby.txt)

はそのためにいつものように微笑することも忘れたなり、一体細引を何にするつもりか、聞かしてくれと歎願し (018 馬の脚)

、感心に物のわかる男だ。ではこれからは貧乏をしても、安らかに暮して行くつもりか。」 (杜子春.txt)

だな。そうだろう。そこで其の相談はどう決まった。七之助をどこへか逃がすつもりか。いや、おまえに訊いて (半七捕物帳 猫騒動_ruby.txt)

「ひねったことを申すのう。甥でないゆえせがれじゃと申したつもりか。せがれならばせがれと (右門捕物帖27.txt)

「正勝!てめえはまた嘘をつくつもりか?」 (恐怖城 .txt)

竜太郎「(遮って)米崎くん、その服でニュース読むつもりか?」 ( 8 パパはニュースキャスター第8回)

今泉(同)帰らないつもりか?ならばこちらにも考え (被害者は知っている)

「この俺とサシで勝負するつもりか?身の程知らずもはなは (風の伝説3)

父アヒルおまえはこれでも浮気していないって言い張るつもりか! (新説・日本むかし話)

もするような気になるといいと思うな。正月には帰れと言って来ても帰らないつもりか」 (冬の日_rubi.txt)

「バカ!君まで死ぬつもりか」
(風の伝説2b)

た。リンガフォン室にたまたま入ってくる同級生からは、「また一年生になるつもりか」と皮肉られるほどだっ ( 3「模倣」.txt)

お前さん全体何うする気だい、この身請にどこまでも楯ついて強情を張り通すつもりかい、そりゃ伊之さんとの (根岸お行の松 因果塚の由来.txt)

い癖ですよ。ねえさんを甘くお見でないよ。……お前さんほんとうに黙ってるつもりかい……そうじゃないでし (有島武郎/或る女(後編).txt)

「(ブ然と)キミは刑事にでもなったつもりかい」 (スチュワーデス刑事・3)

て下手人は容易にゃ見つからねえはずだが、どうして本人をしょっぴいてくるつもりかい」 (右門捕物帖12.txt)

。十両に近いもうけものを、みすみすふい[#「ふい」に傍点]にしてしまうつもりかい」と、お弓は幾度も市 (恩讐の彼方に.txt)

一丁目へ出かけて、お俊の家《うち》のあたりを徘徊していると、どこへ行くつもりかお俊は頭巾をかぶって出 (半七捕物帳 薄雲の碁盤_ruby.txt)

ち止まって、独楽のように三、四遍横まわりをしたかと思うと、調子をつけるつもりかちょっと飛び上がって、 (有島武郎/僕の帽子のお話.txt)

った。むかしの男たちへの罪滅しのために若いものの世話でもして気を取直すつもりかと思っていたが、そうで (老妓抄_ruby.txt)

ていた潜水服を着せられ、それから外へ出されたんです。おやおや、どうするつもりかなと思っていたら、それ (地球発狂事件_ruby.txt)

」と、治六は半分起き返って言った。「おめえさま。あしたの晩に吉原へ行くつもりかね」 (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

習得したいと思う外国語が決まったら、その外国語をどの程度習得するつもりかの見通しをつけなくては ( 1「続ける」.txt)

、この頃はしばらく中止しているが、あわ好くば小隊全部の髪を切ってしまうつもりかもしれない。 (半七捕物帳 歩兵の髪切り_ru.txt)

とくもそれを認めると、あばたの敬四郎たち一党に気づかれないようにというつもりから、腰にしていた白扇を (右門捕物帖12.txt)

ふつ》と思い浮かべられますが、だから、久之進がいくぶんの罪滅ぼしというつもりから、彼女ら姉妹をその邸 (右門捕物帖02.txt)

自分ひとりでてがらにでもしようというつもりからか、ぷんぷんおこって (右門捕物帖12.txt)

ってみると、だが、目を射たへやの光景とその姿!――案の定、高飛びをするつもりからか、伝六がいったあの (右門捕物帖16.txt)

高新兵衛の馬丁について、何等かあの金色ハブの手掛りを嗅ぎつけようと言うつもりからでしたが、然るに、そ (旗本退屈男03.txt)

るぞ。主君の馬前に役立てなければならぬ命を、無用な意地立てで粗末に致すつもりかッ。逃ぐる者は追わぬ。 (旗本退屈男03.txt)

「馬鹿者ッ、行くつもりかッ」 (旗本退屈男02.txt)

「何だとッ?では、貴様どうあっても抜かぬつもりかッ」 (旗本退屈男01.txt)

「では、行けと申すに行かぬつもりかツ[#ママ]」 (旗本退屈男02.txt)

らくはあまりしかつめらしい空気を打ち破って、なんとかそこに余裕をつけるつもりが、みんなに起こったのだ (有島武郎/或る女(前編).txt)

刑事:いや、いつものギャグのつもりが、ギャグじゃなくなっち (ボサノバ)

とIさん。Oさんは運転手でIさんはガイドという触れ込みだった。一人旅のつもりが、次第に修学旅行の趣き (Shijo-Tsushin/#4/JIBIKI)

しょう。その反対に、あなたが一筋でも低い肉親の血をわたくしにおつなぎのつもりがあったら、それは却って (富士.txt)

(わしのいうことをきかないのなら、こっちにもそのつもりがある) (吉良上野の立場_ruby.txt)

まりに誠意がない。社長が辞めようと、現場の対応がひどすぎる。本当に謝るつもりがあるんでしょうか」と雪 (018 対応に怒る被害者)

ハイウェイを南へ下る。彼の大学のある蔚山(ウルサン)市まで5時間−−のつもりが渋滞で8時間半。腰と背 (Shijo-Tsushin/#4/JIBIKI)

。そうなったら結局、「孤独」になっちまう、と。他人との結び付きを求めたつもりが道具のせいで孤独に向か (唯脳論的雑文)

「そうだ、冒険だ、わしは準備の出来次第、その冒険を決行するつもりだ、何しろプログラムに全 (地球発狂事件_ruby.txt)

客からのリクエストは、全て歌っているつもりだ。 (インターネットの詩達)

そういう質問には、若い者の口調で答えていくつもりだ。 (インターネットの詩達)

ただこの一言は伝えるつもりだ。 (bamen.html)

くはいつでも何処でも自ら進んでよそ者になることで密かな快楽を貪ってきたつもりだ。 (Shijo-Tsushin/#8/TITLE)

8.僕はこの原稿の中では少くとも意識的には自己弁護をしなかったつもりだ。 (小説の冒頭部の機能について)

稿の中では少くとも意識的[#「意識的」に傍点]には自己弁護をしなかつたつもりだ。 (007 或阿呆の一生)

意のただならぬことも感じてとれる。間違いない。あいつは、この俺様を殺すつもりだ。
(How are you,Mr.Cockroach?.html)

まではつれないと思つてゐたが、もう向後は御仏よりも、お前に身命を捧げるつもりだ。」 (059 好色)

の時渭塘を通ったら、是非あの酒旗の出ている家へ、もう一度舟を寄せて見るつもりだ。」 (045 奇遇)

たみかけて云った。「あいつが南京玉を買いあつめているのは贋金の金に使うつもりだ。あいつらのこしらえる (半七捕物帳 雪達磨_ruby.txt)

ね、むだ責めむだ口はでえきれえ、意気ときっぷで名を売った江戸まえの男のつもりだ。うじゃうじゃしており (右門捕物帖26.txt)

電話の声一体何処へ逃げるつもりだ。おまえらにとっては、 (微笑のマスク)

った。「お前はどうするつもりだ。何時までお前はそうして独りで暮しているつもりだ。お前の沈黙、お前の労 (新生.txt)

とはない。もう此の上は誰がなんと云っても、決してそんな相談には乗らないつもりだ。お通という女中もそれ (半七捕物帳 向島の寮_ruby.txt)

ななつかしみを感じた。これを縁に木村はどこまでも岡を弟とも思って親しむつもりだ。が、日本に帰る決心だ (有島武郎/或る女(前編).txt)

る。そんな恐ろしい目に逢わないうちに……わたしは一と思いに死んでしまうつもりだ。くどくも云う通り、わ (半七捕物帳 勘平の死_ruby.txt)

「己は其時になればお前のやうに若くなつてゐるつもりだ。けれども今は、まだ年 (HARURUBY.TXT)

右門は手さばきも味がこまけえが、眼《がん》のにらみも味が通ってこまけえつもりだ。これだけたたみ込んだ (右門捕物帖38.txt)

し又死なずにすんだ所が、この先二度とお前と一しよに掃溜めあさりはしないつもりだ。さうすればお前は大喜 (029 お富の貞操)

点から見た現在の過去化にすぎない。いまでも、自殺志願の意志に変わりないつもりだ。そうさ、ちょっと可愛 (口一杯に含んだ夜)

くれ。じつは離れ島にある別荘で、しばらくのあいだ、ひとりで静かにすごすつもりだ。そこで使いたいのだ」 (きまぐれロボット.txt)

。「わたしは、自分の力のおよぶ限りのこと、科学ができることはすべてやるつもりだ。でもな、患者が自分の (最後の一枚の葉.txt)

なら、もっとすなおにざんげができるはずだよ。理にはずれたことアいわねえつもりだ。どうでえ、まだじらす (右門捕物帖29.txt)

「ああ、そのつもりだ。フォン・クラム伯爵名 (ボヘミアの醜聞.txt)

君」と博士はある朝ふと私に呼びかけた。「わしはいよいよ最後の努力をするつもりだ。私はじつにいい手段を (ある宇宙塵の秘密.txt)

「むむ。午前に髪月代でもして、午過ぎから行くつもりだ。一緒に来い」 (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

つけたかしらねえが、人より少しよけい慈悲も情けも持ち合わせているおれのつもりだ。隠さずにいってみな」 (右門捕物帖25.txt)

岸本の独身は決して彼の心を静かにさせては置かなかった。「お前はどうするつもりだ。何時までお前はそうし (新生.txt)

人だよ。今度書き上げた百五十枚の小説も、実はあの人のところへ送っておくつもりだ。多分どこかへ、推薦し (無名作家の日記.txt)

しかし私は充分これを学理上からも説いたつもりだ。通俗記事にもして十三 (放送された遺言_ruby.txt)

グラタンユバ、この先おなかを空かせたらどうするつもりだ? (猫のしっぽ)

透「ふざけんな、何のつもりだ?!」 (散歩道)

「おまえが銃を引きつけると言うが、どうするつもりだ?」 (風の伝説3)

「いいだろう。で、いつ出発するつもりだ?」 (風の伝説1)

「それで、いつ出発するつもりだ?」 (風の伝説1)

はっ!何が分かるっていうんだよ?全然、何にも分かりゃしないね。一体何のつもりだ?こんなもん見せて。オ (チョイスっ!.txt)

笑)盗人は静かに両腕を組むと、おれの姿へ眼をやった。「あの女はどうするつもりだ?殺すか、それとも助け (藪の中.txt)

市民C奴が俺達を襲ったらどうするつもりだ! (吸血鬼ラプソディ)

竜太郎「どういうつもりだ!」 (11 パパはニュースキャスター第11回)

竜太郎「(声を殺して)どういうつもりだ!」 (13 パパはニュースキャスタースペシャル)

「馬鹿者っ!何のつもりだ!」 (月の闇語り・前編)

竜太郎、!?もう一回『どういうつもりだ!』に線。 (10 パパはニュースキャスター第10回)

竜太郎、書いた『どういうつもりだ!』に線を引く。 (10 パパはニュースキャスター第10回)

「(昂奮して)何様のつもりだ!警察か!?正義の味方か! (島田太郎氏の災難)

――『どういうつもりだ!こんなに早く帰....... (10 パパはニュースキャスター第10回)

竜太郎「一体どういうつもりだ!そんなに掃除がしたい ( 9 パパはニュースキャスター第9回)

「帰らないつもりだ」 (冬の日_rubi.txt)

「いや洒落どころか。こりゃ、まあどうしてくれるつもりだ」 (泉鏡花/義血侠血.txt)

)........とにかく今日は帰ってくれ。考える。........悪いようにはしないつもりだ」 ( 3 パパはニュースキャスター第3回)

前に十分勧告をして、卑怯千万な虚偽の申し立てなどは、命に換えてもさせんつもりだ」 (泉鏡花/義血侠血.txt)

恩赦の折など、私からも、早く帰ることが出来るよう進言してみるつもりだ」 (2novel2_6.txt)

出来るだろうか。出来ても、出来なくても、まあ俺は自分で子供を育てて見るつもりだ」 (新生.txt)

い、と俺は思っておる。仲麻呂さまを盛り立てるため、俺は手足となって働くつもりだ」 (2novel1_4.txt)

ればならないはずなのに。私は、マイクロソフト社という悪夢はすべて避けるつもりだ」 (05 - アンチ・ウィンドウズ派)

ニティーと協力していく計画であり、ユーザーにその最新の成果を届けていくつもりだ」 (ちょっとした改造で$200PC・2)

「(見据えて)どういうつもりだ」 (スチュワーデス刑事・3)

「そうだな、すぐってわけにはいかないが、3年をめどに行ってくるつもりだ」 (風の伝説1)

もう二百枚ばかりも書き上げた。いずれでき上ったら、何かの形式で発表するつもりだ」と、いうことが大きい (無名作家の日記.txt)

中国語のキーボードを開発するかわりに、それを一気に飛び越えて音声を使うつもりだ」と、インテル社の中国 (Yahoo! - SFチックなインテルの音)

たかを知った。「お前が仏蘭西から帰って来るまでには、俺も大いに雄飛するつもりだ」と言って以前に手を分 (新生.txt)

だなと、胸の中で長たらしく感心していたんだ)。円山曰く『どこで修業するつもりだ』、『W専門学校に行っ (有島武郎/星座.txt)

てくれ、貴様が仏蘭西の方へ行って帰って来るまでには、俺も大いに雄飛するつもりだ――」 (新生.txt)

スープだいたいね、ひとつの餌場確保するのにいったいどれだけかけるつもりだい。ちょっとばかり名が (猫のしっぽ)

「だが、君はどうやって捜すつもりだい?」 (ボヘミアの醜聞.txt)

「これから、どうするつもりだい?」私は尋ねた。 (赤毛連盟_ruby.txt)

いっても千両ほどの金をもっている。それを元手に江戸で何か商売でも始めるつもりだから、この後もまあよろ (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

船で帰るようになったの。木村さんはどこまでもわたしをお嫁にしてくださるつもりだから、わたしもその気で (有島武郎/或る女(後編).txt)

船で河から市川へ出るつもりだから、十七日の朝、小雨 (伊藤左千夫/野菊の墓.txt)

が訪ねてきた。そしていうには今度会うのは東京だろう。三四年は帰郷しないつもりだからと。僕もそのつもり (非凡なる凡人.txt)

だ、叔父《おじ》さんが出る気さえあればきっと周旋する、どうせ隠居仕事のつもりだから十円だって決して恥 (二老人 .txt)

高倉勝彦社長は「ラベルはしっかりとした材質で、はがれないようにしたつもりだが、肩代わり製造を始め (雪印乳業食中毒事件 41)

切にしているつもりだが、今は仕事をもっと頑 (bamen.html)

えかと思うが、故郷へ帰る足溜りにはもってこいだ。それで俺武州の方へ出るつもりだが、お前はどうする気だ (入れ札.txt)

肩を落とした。ボーイ自身、ここ何カ月か世界中を走り回ってずいぶん捜したつもりだが、それでもあの病を治 (風の伝説4)

のは自然なことである。「宣言一つ」には、できるだけ平面的にものを言ったつもりだが、それでもわからない (有島武郎/広津氏に答う.txt)

今回の捜査について、当時の複数の県警幹部は「百パーセントの捜査をやったつもりだが、どこかが抜けていた (08 監禁男 捜査網から"脱落")

は年のころ十八、九、あいきょうたっぷり、こいつもにらんだ眼に狂いはねえつもりだが、違うか、どうだ」 (右門捕物帖35.txt)

が自分の手に戻さなくちゃ!紀久ちゃんが帰ったら、おれは紀久ちゃんに言うつもりだが、紀久ちゃんはそれが (恐怖城 .txt)

「ちっとおれの目玉は値段が高いつもりだが、少しはおどろいたか (右門捕物帖15.txt)

、自分で自分の食うものを作るべきだ。そういう意味で、自分は一人でも行くつもりだが、誰か一緒に行く者は (熊の出る開墾地.txt)

「尤も、当節の歌よみや宗匠位には行くつもりだがね。」 (046 戯作三昧(旧仮名))

「もっとも、当節の歌よみや宗匠くらいにはいくつもりだがね。」 (047 戯作三昧(新仮名))

家のものと同じ食事をした。すぐ吐いた。口中や咽喉を極力無感覚に制御したつもりだが嚥み下した喰べものが (鮨.txt)

まくし立ててきた。おれは説教慣れしているので、いつものように聞き流したつもりだけど、この時はすごく腹 (詩織平成九年度.txt)

「バイトがあるから、明日の朝には帰るつもりだけど。」 (詩織平成九年度.txt)

「いや。全然そうは見えなかった。次の連休に温泉に誘ってみるつもりだけど。せめてもの罪ほろ (詩織平成九年度.txt)

と思う。でも、そんなに急に人間は変われない。なるべく........気をつけるつもりだけど」 (13 パパはニュースキャスタースペシャル)

思ひ出させられしてさんざん生殺しの目にあはされました。隨分よくこらへたつもりだけれども、それでもまだ (有島/水野仙子氏の作品について)

が流布された。「当局者の方では今度の作家のうちから二三人は死んでもらふつもりださうだ」と。勿論それは (小熊秀雄全集-20.txt)

れるまで次の話題に移るわけにはいかない。彼女はどんなことでも知っているつもりだし、たとえ知らなくても (7人の女)

のに。子どもっぽいと彼に思われないようにあんまりわがままも言わなかったつもりだし、仕事が忙しいって言 (ピアス.txt)

ナゲットおう、もともとそのつもりだぜ。 (猫のしっぽ)

ら一部の在留者の間に反感をさえ引起させた。「岸本は日本人には附合わないつもりだそうだ」と言って彼の誠 (新生.txt)

「今福岡空港なんです。本当は一便早い飛行機で東京に戻るつもりだっ (スチュワーデス刑事・3)

「実は昼飯も食ってないんだ。昨日のうちにリノアの郷についているつもりだっ (幻映樹(前編).html)

兄はいきなり川へ跳び込んで、あとを追った。橋までに捕えるつもりだった。 (城のある町にて_rubi.txt)

は今度は相手の保吉である。それも粟野さんの言葉よりは遥かに真剣に言ったつもりだった。 (十円札.txt)

の力はすぐ葉子の自由を奪ってしまった。葉子は確かにそれにあらがっているつもりだった。 (有島武郎/或る女(後編).txt)

つもりだった。 (wasira.html)

ないのだ)。まあそれでも亜樹は平気なつもりだった。 (wasira.html)

「頼まれないでも来るつもりだった。」 (066 湖南の扇 )

のみならず肩を揺すぶるものもあった。わたしは勿論縁先に腰をおろしているつもりだった。が、ぼんやり気が (夢.txt)

仕入れるつもりだった。フロイライン・メルレンドルフの演奏会へも顔を出すつもりだった。けれども六十何銭 (十円札.txt)

日曜日はもうあしたに迫っている。彼はあしたは長谷や大友と晩飯を共にするつもりだった。こちらにないスコ (十円札.txt)

善郎は定年までこの職場にいるつもりだった。この職場で、研究 (海岸隧道.htm)

中西「(平然と)たしかに。俺たちは飛行機で帰るつもりだった。しかし、キミが空 ( 8 逢いたい時に… 第8回)

僕の想いには鍵をかけたつもりだった。そして、また新し (イメージストーリー 3)

だったのかね。俺は自分でも結婚するつもりだったし、お前にも結婚を勧めるつもりだった。そのつもりで旅か (新生.txt)

うな気がした。優美は唇をかみしめた。わかってた。わかっていた。納得したつもりだった。それでもやはりど (『詩織』平成10年度号)

僕は諧謔を弄したつもりだった。それに覆いかぶせ (地球を狙う者_ruby.txt)

にするつもりだった。こちらにないスコットの油画具やカンヴァスも仕入れるつもりだった。フロイライン・メ (十円札.txt)

「まあな、ふっふっふ…」充分凄みを効かせて含み笑ったつもりだった。受話器の向こうか (黄色いボール.html)

ビになった。俺は会社に不要だということだ。自分なりにちゃんと働いているつもりだった。会社以外に俺の世 (『詩織』平成10年度号)

「俺はもう一生、誰にも自分の心をくれないつもりだった。到頭お前に持って (新生.txt)

「いつか母親を捜し出して復讐するつもりだった」 (スチュワーデス刑事・2)

ら、彼はなくなるたびに何個も置いた。彼女が連絡をくれるまで、置き続けるつもりだった」 ( 9 双子探偵第9回)

キミが俺のことを男として意識してないことはこの前のパーティの時に判ったつもりだった」 ( 6 逢いたい時に… 第6回)

だったことが分からなかった。留守番電話に『翌日話し合いたい』と録音するつもりだった」と話しているとい (OCTOBER 14,1999 )

、月はまだあがらず、薄暗いところへもってきて、向こうははじめっからそのつもりだったか、顔を隠していや (右門捕物帖34.txt)

ういったっけ。柿江はいやな夢でも見ているような心持になったが、どういうつもりだったか、奇怪にも我れ知 (有島武郎/星座.txt)

てとり返すからにゃ、ただのいたずらじゃあるめえ。二度売りやってもうけるつもりだったか」 (右門捕物帖28.txt)

房は寝入っていて小僧が返事をした。女房だったならば、何か戯《からか》うつもりだったかも知れねえが、小 (半七捕物帳 三つの声_ruby.txt)

対されると思ったし・・・私も、稲垣くんみたいに、短期でちょっとだけするつもりだったから。 (bnovel2_6.txt)

るに足らぬ下郎下人の雑言ならば、相手にするも大人気ないと笑ってきき流すつもりだったが、形ばかりなりと (旗本退屈男04.txt)

は、かなりの時間がかかった。両人は全力をあげて能率的に互いを助け合ったつもりだったが、現場についたの (地球発狂事件_ruby.txt)

うするッ。いざといわば仕掛けのその壁へかくれて、まんまと抜け裏へ逃げるつもりだったが、そいつを気づか (右門捕物帖09.txt)

響子は今までずっと、大人しいかなえを自分がかばってきたつもりだったが、そうすることで (bnovel1_6.txt)


最初、「1」だけ読むつもりだったが、その奇抜な発想 (dokusyo2.htm)

買って、硯箱を借りて、男恥ずかしい筆跡で、出発前にもう一度乳母を訪れるつもりだったが、それができなく (有島武郎/或る女(前編).txt)

とごく軽く受けるつもりだったが、それが思わず息 (有島武郎/或る女(前編).txt)

「こいつは自分で飲むつもりだったが、まあそっちへ進 (新生.txt)

たち五人はなんとか美佐子を盛り上げようとしていた。頭では、そうしているつもりだったが、次第に巧の事が (17-16.htm)

と事もなげに答えるつもりだったが、自分ながら悒鬱 (有島武郎/星座.txt)

りやすい説明とはどのようなものなのか。それを知りたいと思い研究してきたつもりだったが、何度もその肝心 (子ども向け辞書の説明の特徴)

が。自分では歩き続けているつもりだったが、足はもはや動い (青い谷の魔女.html)

年配の女性「ないよ。ちゃんと持ってきたつもりだったけど」 (14 パパはニュースキャスターお正月スペシャル)

何か言われたら即座に取り替えるつもりだったけれども。でも彼女 (Tea Time Romance)

ユバ俺は、いつか出て行くつもりだったさ。いつも言ってる (猫のしっぽ)

俺が結婚したら、お前はどうするつもりだったのかね。俺は自分でも結婚するつもりだったし、お前にも結婚を (新生.txt)

る六、七両の金とその百両とを持って、故郷の名古屋へ帰って金貸しでもするつもりだったそうです。そうなる (半七捕物帳 弁天娘_ruby.txt)

りを殺すと世間の疑いを受けるので、刷毛《はけ》ついでに藤助も冥途へ送るつもりだったそうです。どう考え (半七捕物帳 青山の仇討_ruby.txt)

いたと言うことです。もっともそのまた「朝日」の空き箱には空気を通わせるつもりだったと見え、べた一面に (031 温泉だより)

に対する憧れもありました。父が若いとき、本気でブラジルに農業移住をするつもりだったという影響もあるか (お金をかけない語学学習法)

からです。藤吉はふところに短刀を呑んでいて、見つけ次第に三甚を突き殺すつもりだったと云いますから、ま (半七捕物帳 廻り燈籠_ruby.txt)

のに、また引っ返して来て今度はわたくしを斬ろうとした。本人は藤助を斬るつもりだったと云っていましたが (半七捕物帳 青山の仇討_ruby.txt)

竜太郎「最初からそのつもりだったのか?ハワイで会お (14 パパはニュースキャスターお正月スペシャル)

「用意した賞品の図書券が二十枚以上必要になったら、どうするつもりだったのか」「そこまでの (80 公用車「2台は私用」)

つもりで旅から帰って来た。もし俺が結婚したら――それでもお前は待ってるつもりだったのかい」 (新生.txt)

成らないかと思ったなんて――もしあの時、俺が結婚したら、お前はどうするつもりだったのかね。俺は自分で (新生.txt)

ナゲット勝てるつもりだったのかよ。 (猫のしっぽ)

に仕事をやり、夜は夜でアルバイトの原稿書きをやり、生活を両立させていたつもりだったのが、「もう参った (阿刀田高(全))

わかっていた。いや、わかっているつもりだったのだ。しかし、現実 (風の伝説4)

うとしたが、声が出なかった。もう一度ノック。オレは、はい、と返事をしたつもりだったのだが、変なうめき (新世界交響曲.txt)

どと言っては私だけには不可解な接し方をしてくる。何様のつもりだったのだろう。 (人物描写集)

て何になるんだ。おれらを引き取ったのだって、育てておいて扱き使ってやるつもりだったのだろう」 (恐怖城 .txt)

と脱ぎ捨てたりするものか。だが、自分自身はどうなんだ?馬鹿丁寧に揃えるつもりだったのだろうか。勿論「 (口一杯に含んだ夜)

声最初からここを乗っ取るつもりだったのさ。 (猫のしっぽ)

嵯峨野では大いに歩くつもりだったので、スニーカーを (bnovel4_01.txt)

れない。彼女は自分自身に好みの基準がかなり高く存在することを知っているつもりだったので、自分の冒険心 (7人の女)

られなかったせいだった。そして半平は、あくまでも亡妻への貞操を死守するつもりだったのである。彼のエネ (幸運の黒子_ruby.txt)

が、尋ねて来た事がありました。しかしこれは捨児を種に、悪事でもたくらむつもりだったのでしょう。よくよ (捨児.txt)

次にはそう言うつもりだったのです。しかし落し (Kの昇天_rubi.txt)

文子「(首をすくめ)どうしてかしら........あげるつもりだったのに........」 ( 6 パパはニュースキャスター第6回)

体機能のコントロールを探すつもりだったのに。 (紅蓮の残響/後編.html)

だ。捨てたつもりだったのに。結局、戻って (幻映樹(後編).html)

「あたし、今日は有休取るつもりだったのに。どうせ文ちゃ (イメージストーリー4-3)

して、台所の床下へかくして置いて、よそから泥坊がはいったように誤魔化すつもりだったのを、徳蔵に見つけ (半七捕物帳 弁天娘_ruby.txt)

にご帰藩もして、それから今夜のようにごく密々で上さまを城中へお迎えするつもりだったんだが、じょうずの (右門捕物帖03.txt)

男1ほんのギャグのつもりだったんだが・・・ (真夏の夜の夢)

岩清水刑事「(ウンザリ顔で)そのつもりだったんだけどね、業務連 (10 双子探偵第10回)

必ず出てくる。それについてね、後になって、あのときは主観的に、そういうつもりだったんだという趣旨のね (30 souri526.html)

「幽霊のまねして、この大いちょうにでもぶらさがるつもりだったんだな」 (右門捕物帖05.txt)

パスタ勢いじゃないよ。最初から勝負するつもりだったんだもん。 (猫のしっぽ)

大塚愛「あたしは最初からパパに渡すつもりだったんだもん」 ( 6 パパはニュースキャスター第6回)

「いったい俺は今夜あの男をどうするつもりだったんだろう」 (ある崖上の感情_rubi.txt)

砂子ちゃんのお母さんの形見のダイヤの指輪を握りしめてね。きっと養育費のつもりだったんでしょうけど、相 (吉本ばなな小説冒頭性質役割)

たものだね。この先、もし赤ん坊が生まれるようなことになったら、どうするつもりだったんでしょうね。男で (右門捕物帖11.txt)

康子「最初は愛だけのつもりだったんです。でも、一日 (14 パパはニュースキャスターお正月スペシャル)

龍太郎「親の転勤でニューヨークに行ったんです。人形は彼女に全部あげるつもりだったんですが、彼女は自 ( 9 双子探偵第9回)

大多亮「そのつもりだったんですけと........ (15 パパはニュースキャスタースペシャル。)

「じゃあ、亭主を殺して、その百両を持って伝介と夫婦になるつもりだったんですね」 (半七捕物帳 弁天娘_ruby.txt)

「本人が芝居のつもりだった優しさにも、案外真 (月の闇語り・後編.html)

僕は僕の部屋へ帰ると、すぐに或精神病院へ電話をかけるつもりだつた。が、そこへはひる (haguruma.txt)

彼はいつ死んでも悔いないやうに烈しい生活をするつもりだつた。が、不相変養父母 (007 或阿呆の一生)

想の為に弟子を教へる為である。古代の画家の弟子を教へたのは代作をさせるつもりだつた。従つて彼等の技巧 (bungei.txt)

つた事がある。どこの渡しだつたか、それも今では覚えてゐない。どこへ行くつもりだつたか、それももう忘れ (世之助の話.txt)

て薬になるかも知れない。しばらくは其のままにして彼の行状を見張っているつもりだと、五郎三郎はまた言い (岡本綺堂/箕輪心中.txt)

クが甘すぎる。もっと猛々しい男っぽいシャーロック・ホームズを俺は書いたつもりだと言ったのですが、実は (ホームズ三世講演eおもしろさ)

徳を重んじ正義を愛するの念に於て過ぐる年月の間あえて人には劣らなかったつもりだと言って見たところで、 (新生.txt)

に、私は彼が郷里に帰ったということを聞いた。もう再び東京には出て来ないつもりだということをも聞いた。 (荒雄川のほとり・他4編.txt)

高所大所とはいったい何を意味するつもりだというところから柿江は (有島武郎/星座.txt)

いてよこす何よりも大切な教訓であった。こうした気質の兄から不日上京するつもりだという手紙を受取ったば (新生.txt)

ぐあいなんだ。ほしけりゃ参ろうかい。ほほう。さび刀をまだひねくりまわすつもりだな、草香流が御意に召さ (右門捕物帖21.txt)

て、自分で別の宗教の教祖になって大儲けするつもりだな。 (教祖さま)

スープ安心しな。このスープ、そんなに落胆するほど落ちぶれちゃいないつもりだよ。 (猫のしっぽ)

商業主義的に見られても困るので、かなり自分としては出すところも選んでるつもりだよ。 (アーティスト・インタビュー.txt)

「そのつもりだよ。」
(17-15.htm)

声そんなに落胆するほど落ちぶれちゃいないつもりだよ。スープそう、落ちぶ (猫のしっぽ)

て聞かせた事があったな。おれはこれでいざとなると心にもない事はいわないつもりだよ。双鶴館にいる間もお (有島武郎/或る女(後編).txt)

別のところに行ってたらどうするつもりだよ」
(イメージストーリー4-3)

「博士、君はもちろん家に帰るつもりだよね。」ホールを出たと (赤毛連盟_ruby.txt)

が一匹もがいてゐるのを見つけた。その時あいつは自動車が来たら、どうするつもりだらうと考へた。しかしそ (素描三題・他七編.txt)

いうつもりだろ。 (居眠りする人々よ、夢を語れ!)

の不思議な言葉に、あたしはまた身慄《みぶる》いをした。あたしをどうするつもりだろう。 (俘囚_ruby.txt)

て、いくらか巻き上げるつもりだろう。 (宝くじ殺人事件)

今も自宅療養を続けている。「雪印は、被害者の問題をうやむやに終わらせるつもりだろう。今後、一切、雪印 (「安全」宣言 消費者不安)

ゃい!そんないたずらをしているうちに、また一枚どこかへなくなったというつもりだろう。おとといもそうや (右門捕物帖35.txt)

に相違ねえ。きょう中に金がきっとはいるというのは、その鷹をどこへか売るつもりだろう。さあ、云え。貴様 (半七捕物帳 鷹のゆくえ_ruby.txt)

が滴った。彼はそうしながら、しょんぼりとして女の前に立つ。これはなんのつもりだろう。すると、不思議に (富士.txt)

次郎と出来ていることは父親の重兵衛も知っていて、行く行くは婿にでもするつもりだろう。それはまあどうで (半七捕物帳 正雪の絵馬_ruby.txt)

ソロリソロリと歩みよった。判らぬように、ソッと内部を覗《のぞ》いてみるつもりだろう。腰が半分以上も、 (俘囚_ruby.txt)

国ではただいま音楽浴中だからそれが済むまでちょっとお待ち下さいっていうつもりだろう」 (十八時の音楽浴_ruby.txt)

《ガスえん》切断機で鉄壁を切開いていることだろう。そして何かを発見するつもりだろう」 (地球発狂事件_ruby.txt)

「運命は何処まで自分を連れて行くつもりだろう」 (新生.txt)

「たぶん本人はそのつもりだろうけど……」山本は答 (意見.txt)

がら、(彼の顔も亦雀斑だらけだった。)一体彼はお鈴以外の誰に惚れられるつもりだろうなどと私かに彼を嘲 (058 玄鶴山房)

して、その方では何時でも甲を貰って来ましたよ。私が伜に、お前は何に成るつもりだッて聞きましたら、僕は (岩石の間.txt)

続けるつもりさ。でも、どうしようもな (凍てついたロマンの残骸)

が、外国語というのはその気さえあれば誰にでも習得できるものであり、そのつもりさえあれば同時通訳などと ( 1「続ける」.txt)

「(驚いて)私たち、そんなつもりじゃ........」 (スチュワーデス刑事・2)

雄介「別にそういうつもりじゃ........」 ( 5 逢いたい時に… 第5回)

「くどうはいわぬ。わしも多少は人に知られた男のつもりじゃ。いったんこうとにら (右門捕物帖09.txt)

「ちぇっ、これで一勝一敗か。ところで、あの子にはどうしてやるつもりじゃ?」 (神々のいたずら.html)

で無うても、三年や五年でお暇は下されまいに、お前はいつここへ戻って来るつもりじゃ」 (岡本綺堂/玉藻の前.txt)

「なんじゃ、御奉公に召さるると……。して、その時はどうするつもりじゃ」と、千枝松はあわた (岡本綺堂/玉藻の前.txt)

くのほうが誤っているのかね?きみはまさか、自分の罪をぼくになすりつけるつもりじゃあるまいね?」 (仮装観桜会.txt)

「こんな品物、何用あって冥途《めいど》まで持参するつもりじゃった」 (右門捕物帖09.txt)

「バカ者ッ。茶番狂言ではあるまいし、一生それで押し通すつもりじゃったか!――さ、伝六 (右門捕物帖11.txt)

「許せ、許せ。生かしたままでそちの手柄にさせるつもりじゃったが、これが血を吸 (旗本退屈男02.txt)

たが、では、雪舟を盗みとって金にでも引き換え、ないしょにみつごうというつもりじゃったのじゃな」 (右門捕物帖11.txt)

「なんじゃ、きつい用事を申しつくるつもりじゃな。では、この兄にそ (旗本退屈男01.txt)

竜太郎「そういうつもりじゃないさ........」 ( 5 パパはニュースキャスター第5回)

オバさん「まさか、子供追い掛けてまで借金取り立てるつもりじゃないでしょうね」 ( 2 パパはニュースキャスター第2回)

「いやそう云うつもりじゃないです。――項羽は (021 英雄の器)

事はありませんか。誤解しては困りますよ、僕はあなたが間違っているというつもりじゃないんですから。他人 (有島武郎/或る女(後編).txt)

「きみ!そんなことを大きい声で言っちゃ困る。ぼくはそんなつもりじゃなかったんだ」 (仮装観桜会.txt)

雄介の声「もともと今日会うつもりじゃなかったんだからさ、 ( 4 逢いたい時に… 第4回)

「(恐縮して)なんだかすいません。そういうつもりじゃなかったんで (バレンタインに何かが起きる)

美代子「すいません、こんなに長居するつもりじゃなかったんですけど... ( 3 逢いたい時に… 第3回)

有本「二人とも誤解だって判ったンやし、美代子ちゃんだって別れるつもりじゃなかったんやない?」 ( 9 逢いたい時に… 第9回)

「気が変になったのじゃなくて、おれらを騙すつもりじゃねえのか?金をくれて (恐怖城 .txt)

じゃねえのか?それで、おれたちさ金をくれておいて、おれたちを味方にするつもりじゃねえのかな?」 (恐怖城 .txt)

「ごめんなさい。そんなつもりじゃんなかったんです。」 (17-10.htm)

ユバご、ごめん!いやその、そんなつもりじゃ無かったんだけど! (猫のしっぽ)

グラタンいや、そんなつもりじゃ・・・・ (猫のしっぽ)

美代子「どういうつもりって........」 ( 4 逢いたい時に… 第4回)

も殺さないような、という風に形容されている俺だが、ついに今までの我慢がつもりつもって限界を超えてしま (How are you,Mr.Cockroach?.html)

美代子「そんな........私、謝るつもりで........」 (11 逢いたい時に… 最終回)

「死ぬつもりで海辺にいるわけじゃない (吉本ばなな小説冒頭性質役割)

全書なぞも置いてあった。その黒い表紙のついた小形の聖書は彼女に読ませるつもりで岸本から贈ったものだ。 (新生.txt)

判つたか、そのつもりで、 (小熊秀雄全集-06.txt)

た。神戸を去る前に、彼は是非とも名古屋の義雄兄に宛てた手紙を残して行くつもりで、幾度かあの宿屋の二階 (新生.txt)

「鶴の一声」はまるで神からの声のように思われ、清水の舞台から飛び降りるつもりで、「それでは、やろう」 ( 佐々木満男(全))

房子《にょうぼこ》の手前があるから、どっかの二階へでもお熊を預けて置くつもりで、兄きの所へその相談に (半七捕物帳 吉良の脇指_ruby.txt)

うし、自分も沙金を忘れられるだろう。そう思って、よそながら暇ごいをするつもりで、兄の所へ会いにゆくと (偸盗.txt)

云ふ事であれば、息子夫婦は鴫沢の子同様に、富山も鴫沢も一家《いつけ》のつもりで、決して鴫沢家を疎《お (金色夜叉_ruby.txt)

、屏風のような岩のかげに蹲りながら、待っている間のさびしさをまぎらせるつもりで、高らかに唄を歌った。 (貉.txt)

忘れちまったんだ。めんどうくせえ。行ったつもりで、来たつもりで、乗ったつもりで、あそこまで歩いていっ (右門捕物帖36.txt)

。人間が絞め殺して置いて、あとから蛇を巻きつけたに相違ねえ。お前もそのつもりで、あの女中は勿論のこと (半七捕物帳 お化け師匠_ruby.txt)

が今はの話も聞いて行って下さいな。あなたがお出でになったら、お話し申すつもりで、今日はお出でか明日は (伊藤左千夫/野菊の墓.txt)

「いいかい。今夜の仕事は、いつもより手ごわい相手なんだからね。みなそのつもりで、いておくれ。さしずめ (偸盗.txt)

たんじょおく【パキスタンジョーク】爽やかなアメリカンジョークをまねてるつもりで、うけようとして冗談を (仲間ことば集)

だかきまりの悪いような返事をしていた。お米と十吉とはゆくゆく夫婦にするつもりで、お時も承知、お米の親 (岡本綺堂/箕輪心中.txt)

「なにわたしも、始めからそのつもりで、こっちへ出て来たのさ (偸盗.txt)

竹しらべひとつ吹けないくせに、もういっぱしの虚無僧になったつもりで、ことごとく大喜びでし (右門捕物帖03.txt)

れたのだ。岸本は残りの半ばを植物園の近くに住むという教授の許へも分けるつもりで、これから書記夫婦と共 (新生.txt)

「今日は君の退屈の慰労会をするつもりで、これ等の芸妓たちにも (老妓抄_ruby.txt)

云うのでお角に嫉妬を感じている。その二人が共謀して、何かお角を苦しめるつもりで、こんな事を企てたらし (半七捕物帳 蟹のお角_ruby.txt)

かも、これがいっこうにおかまいもなく、豪儀と大立て者にでもなったようなつもりで、さっそくもう始めまし (右門捕物帖27.txt)

子分も留守、そこに居合わせた若い子分二人があっぱれの功名手柄をあらわすつもりで、すぐに駈けつけて来た (半七捕物帳 廻り燈籠_ruby.txt)

おどろいたのは、品川沖から上がったつもりで、たこも入道のひょっと (右門捕物帖28.txt)

ると、路ばたに小さい蕎麦《そば》屋を見つけたので、彼は当座の雨やどりのつもりで、ともかくも暖簾《のれ (半七捕物帳 鷹のゆくえ_ruby.txt)

切りといたしまして、その卍のいれずみをなによりの証拠のようにみせかけるつもりで、ひとしばい打ってみた (右門捕物帖08.txt)

そらく万次郎の方じゃあ次男坊の厄介者だから、大津屋の婿にでもはいり込むつもりで、まあ我慢して係り合っ (半七捕物帳 正雪の絵馬_ruby.txt)

であることだけはたしかだ。僕は、こんどは何と言われても、そこに坐りこむつもりで、また十番へ行った。 (大杉栄/日本脱出記.txt)

とで、おとなりの幸之助さんとは係り合いが無いのかも知れないからね。そのつもりで、むやみに手暴《てあら (半七捕物帳 白蝶怪_ruby.txt)

のにした。それにも関らず、彼は今までの岸本捨吉を捨て、元の一書生に還るつもりで、もっと明るい自由な世 (新生.txt)

「そいつは済みませんでした。私は出迎えをお断りするつもりで、わざとお知らせもしま (新生.txt)

―ついでだからちょっと念を押しておきますが、まさか本気に昼寝をなさるおつもりで、わざわざこんなところ (右門捕物帖13.txt)

友人たちは、元より私から、あの金貨を残らず捲き上げるつもりで、わざわざ骨牌を始めた (魔術.txt)

だけ知らない振りをしていなければならないと思って、わざと平気な顔をしたつもりで、仕方なしに運動場《う (有島武郎/一房の葡萄.txt)

彼女の名はお俊といった。母は自分のあとを嗣《つ》がせるつもりで、子供のときから一生懸 (半七捕物帳 奥女中_ruby.txt)

れなくなってしまいました。そこで仕方がございませんから、まず一休み休むつもりで、糸の中途にぶら下りな (056 蜘蛛の糸)

て置いて独りで船に乗ろうとした。幾度か彼は節子のことを兄に依頼して行くつもりで、紙をひろげて見た。そ (新生.txt)

発音するのだということを知った。レコードで歌をならうときは、発音を学ぶつもりで、自分でも歌ったほうが (12「聞く」.txt)

「姉さん、私はあなたに読んで頂くつもりで、手紙を書いて持って来 (新生.txt)

屋敷を出られない彼は今夜はここで通夜をするつもりで、明けの鴉のきこえるま (岡本綺堂/両国の秋.txt)

さんに化けているんだろうと思って、親孝行の七之助さんは親のかたきを取るつもりで、夢中ですぐに撲《ぶ》 (半七捕物帳 猫騒動_ruby.txt)

なお方が後見になって下されば私は直《すぐ》に暖簾《のれん》を分けて遣るつもりで、命の親という縁もござ (文七元結.txt)

かね。わたしは人の話を聞くのが大好きなんじゃ。」おやゆび姫はおん返しのつもりで、野ネズミからたのまれ (大久保友博訳/アンデルセン童話集)

れない。そこで劉はとう/\思切つて、枕もとの蛮僧に、療治の中止を申込むつもりで、喘ぎながら、口を開い (酒虫.txt)

ある日も、岸本は以前住った町の方に旧知を訪ねるつもりで、家を出る前に皆と一緒 (新生.txt)

うかと思ったからでございます。一旦かぶった面は、自分が一生の戒めにするつもりで、袂に入れて帰りました (半七捕物帳 夜叉神堂_ruby.txt)

ゃんと遠出の費用を払ってあるのだ」と云った。「だから、君は旦那になったつもりで、遠慮なく愉快をすれば (老妓抄_ruby.txt)

したは旅立ちよしという日と聞いているから、大抵の雨ならば思い切って発つつもりで、親方も兄弟子たちも八 (岡本綺堂/心中浪華の春雨.txt)

最初は銀之助の屋敷の前へ置いて来るつもりで、深川の籾蔵前まで行っ (半七捕物帳 薄雲の碁盤_ruby.txt)

、私は、それを、奈良島だと思ひました。さうだとすれば、勿論、自殺をするつもりで、石炭庫へはいらうと云 (猿.TXT)

のと、いろいろの風説が伝えられているので、当方でも見付け次第に撃ち殺すつもりで、銃を持った者が毎晩交 (半七捕物帳 歩兵の髪切り_ru.txt)

を耳にしているので、暗記はちっとも苦にならないらしい。それに神学を学ぶつもりで、小学生のころから古典 ( 4「記憶」.txt)

》を取られて、そこに捻じ伏せられてしまった。近習の一人は、気を利かせたつもりで、小姓の持っていた忠直 (忠直卿行状記.txt)

。呼びに行くのを忘れちまったんだ。めんどうくせえ。行ったつもりで、来たつもりで、乗ったつもりで、あそ (右門捕物帖36.txt)

出て、思わずこう小首を傾けた太郎は、ふとさっきまでは、自分が沙金に会うつもりで、猪熊へ来たのに、気が (偸盗.txt)

いる事は、さっき見た時の比ではない。李はそれでも、いい話相手を見つけたつもりで、嚢や笥を石段の上に置 (仙人.txt)

も急に部屋の扉を開けて入って来るのを気遣った。幾度となく彼はそこに跪くつもりで、病人の寝ている側を往 (新生.txt)

吻を真似ると、「まあ私の片恋って云うようなもの」なんだからね。精々そのつもりで、聞いてくれ給え。 (037 片恋)

て、島田の死骸を入れた早桶をかついで、押上《おしあげ》辺の寺へ送り込むつもりで、日の暮れがたに出て行 (半七捕物帳 蟹のお角_ruby.txt)

っと、いけねえ。呼びに行くのを忘れちまったんだ。めんどうくせえ。行ったつもりで、来たつもりで、乗った (右門捕物帖36.txt)

へて、世の惱んで居る人々を啓發し、同情相憐む間に慰藉と救濟との道を開くつもりで、傳道者にならうと决心 (神秘的半獸主義.txt)

、本人は丸腰で、そこらにも落ちていませんでした。死骸は海へでも投げ込むつもりで、浪打ちぎわまで引き摺 (半七捕物帳 大森の鶏_ruby.txt)

、これは内密に探索しなければならないのですから、おまえさんの方でもそのつもりで……。なにか心当りがあ (半七捕物帳 鷹のゆくえ_ruby.txt)

間の秘密研究室になります。これから先は、すこし変っていますから、そのおつもりで……」 (十八時の音楽浴_ruby.txt)

前の記事:[渡哲也「新人のつもりで…」(毎日新聞)]次の記 (Yahoo! - 荒井注さん死去で悲しみ)

グラタン最初からここを乗っ取るつもりで? (猫のしっぽ)

「紀久ちゃん!しかし、紀久ちゃんはいつまでもお嬢さんのつもりで敬二郎なんかと一緒に遊 (恐怖城 .txt)

」という言い方もあり、いわゆる「ゆれている語」である。「おおジシン」のつもりで「大地震」と書く人もあ (「大地震」の読み方)

る。「おおジシン」のつもりで「大地震」と書く人もあり、「ダイジシン」のつもりで「大地震」と書く人もあ (「大地震」の読み方)

心が悪い、と人々がいうので神社の世話役をしていた笠井は、おどかしつけるつもりで見廻りに来たのだった。 (有島武郎/カインの末裔.txt)

と、軽く反撃するつもりで言い返してみた。すると (bnovel2_9.txt)

冗談のつもりで言ったのだが、香取は本 (bnovel1_8.txt)

「もっともその河童を蛙だと言ったやつは殺すつもりで言ったのですがね。あな (038 河童)

祈りすること、ぐらいにしか考えないのです。しかし、キリストがそのようなつもりで言ったのでないことは明 (大阪のぞみ教会説教(全))

「あら、ごめんよ。そういうつもりで言ったんじゃないよ。じ (神々のいたずら.html)

(どうしよう・・・そんなつもりで言ったんじゃなかったの (bnovel2_2.txt)

「はじめからそのつもりで言ってるんですわ」信子 (雪後_rubi.txt)

分らないがBがすぐ帰って来そうな話しぶりなので、とにかく少し待って見るつもりで玄関の椅子の一つに腰を (大杉栄/日本脱出記.txt)

少し飲み過ぎたところにためといた仕事を詰めてやったんで眠れん。で散歩のつもりで甲板の見回りに出ると岡 (有島武郎/或る女(前編).txt)

って親夫という名を命けてくれた――実はその名は坊さんが自分の子に命けるつもりで考えて置いたとかいうの (新生.txt)

たしか親夫という名だっけね。あの名は――ほら、坊さんが自分の児に命けるつもりで考えて置いたやつを、わ (新生.txt)

「しまった!」と彼は叫んだつもりであった。 (放送された遺言_ruby.txt)

」といった。彼は、こういうことによって、主君に対する親しみを十分見せたつもりであった。 (忠直卿行状記.txt)

奥にいつまでも忍んでいた。彼はいかなる場合にも、この刀を身に着けているつもりであった。 (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

で、彼は帰路だけ子供を節子に頼んで置いて、自分独りで友達の家の方へ廻るつもりであった。 (新生.txt)

岸本は義雄兄にも黙って、眼に見えない暗い牢屋を出るつもりであった。あの兄の心に背 (新生.txt)

ら奮戦しても、微傷さえも負わなかった。彼は自殺の短銃を独軍の砲弾にするつもりであった。が、その砲弾は (勲章を貰う話.txt)

虫が落ちてしまったことがある。潔癖性の僕は当然それを流して捨ててしまうつもりであった。だが虫を取り出 (ガラス.txt)

彼自身体裁屋[#「体裁屋」に傍点]なので、年頃の信子の気持を先廻りしたつもりであった。しかし母と信子 (城のある町にて_rubi.txt)

郎兵衛をおどして、体《てい》よく隠居させて自分の寺内へ押し込めてしまうつもりであった。そうすれば、い (半七捕物帳 津の国屋_ruby.txt)

て来た。彼は懐にしている手紙を嫂に残して置いて後で静かに読んで見て貰うつもりであった。その心で、嫂の (新生.txt)

て岸本は独りでこの仏蘭西船に身を隠し、こっそりと故国に別れを告げて行くつもりであった。その心持から言 (新生.txt)

しそれにはまたそれ相応の理由があった。私は小説を書きたかった。否、書くつもりであった。また実際書いて (石川啄木/弓町より.txt)

すぐに吉原へ行かなかった。あしたは月代でもして、それから改めて出かけるつもりであった。もう再び故郷の (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

ぎ捨てて来た。当時の彼の心では、どうやら自分の一生の失敗も葬り得られたつもりであった。国に帰ることは (新生.txt)

しかし岸本は自分の懺悔が発表される日を待って、義雄兄宛に手紙を書くつもりであった。自ら進んで兄の (新生.txt)

新次郎は、近在の農家へ晩飯の菜を分けて貰いに行くつもりであった。謹慎処分をよい (朧月夜.html)

船の甲板の上に立って最後に別れを告げた時の彼は、実はあの神戸も見納めのつもりであった。彼の旅も、これ (新生.txt)

、彼はよくうつっ伏せになって両手で墻《かき》を作りながら(それが牧場のつもりであった) (城のある町にて_rubi.txt)

「この短刀で何をするつもりであったか。言え!」暴君 (走れメロス.txt)

んだ後に晒されては、お俊も残念であったかも知れません。お家騒動を起こすつもりであったかどうだか、万力 (半七捕物帳 薄雲の碁盤_ruby.txt)

わざ神戸まで行くことにしたのも、独りでこっそりと母国に別れを告げて行くつもりであったからで。 (新生.txt)

をかんがえて、殿上の議論も彼を選むことに一致した。頼長は彼一人に命ずるつもりであったが、源平両家がな (岡本綺堂/玉藻の前.txt)

。約束のとおり、いま、帰って来た。」と大声で刑場の群衆にむかって叫んだつもりであったが、喉(のど)が (走れメロス.txt)

れに芸をみっちり仕込んで、歌女代と名乗らせて自分のあとを嗣《つ》がせるつもりであったが、その歌女代は (半七捕物帳 お化け師匠_ruby.txt)

いものでも食って行こうかと思った。お絹が起きていれば無論いっしょに食うつもりであったが、病人の枕もと (岡本綺堂/両国の秋.txt)

お竹はその足ですぐに代官所へ名乗って出るつもりであったが、母のことを思 (半七捕物帳 小女郎狐_ruby.txt)

う認識はなかった。大人が見ても面白い映画(もちろん子供が見ても)にするつもりであったし、そのことを改 (福田卓郎/エッセイ)

叱るように言った。その泉太の意味は、自分は弟よりも先に父の言葉に応じるつもりであったとでも言うらしい (新生.txt)

両の金を儲け出したらば、京都へ帰って田地でも買って、安楽に一生を暮らすつもりであったと式部は申し立て (半七捕物帳 女行者_ruby.txt)

も、半分は判っているようで半分は判らない。お冬は自分をどこへ誘って行くつもりであったのか、吉五郎はな (半七捕物帳 白蝶怪_ruby.txt)

くに忌なことばかり続くので、文字春もいよいよ暗い心持になった。早く帰るつもりであったのが思いのほかに (半七捕物帳 津の国屋_ruby.txt)

の脅威」についての批評を聞いた上、ぜひともどこかの雑誌へ推薦を依頼するつもりであったのだ。 (無名作家の日記.txt)

通り、なるべく正直|律義《りちぎ》の百姓ばかりを集めて、真剣に教練するつもりであったのです。こんにち (半七捕物帳 歩兵の髪切り_ru.txt)

呼びに行った。浮橋は栄之丞の茶屋へ八橋を迎いに行った。ひと足さきへ帰るつもりであったのを、かえって次 (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

「殺《ば》らすつもりであったのを仕損じたのか (半七捕物帳 薄雲の碁盤_ruby.txt)

手にするには、少しく距離が遠いので、彼はまず手近かの長三郎を相手にするつもりであったらしい。突然向き (半七捕物帳 白蝶怪_ruby.txt)

し折りが合わない事があったようです。本人は江戸へ出て、武家奉公でもするつもりであったらしいのを、要作 (半七捕物帳 川越次郎兵衛_ru.txt)

出を封じられている衣笠が、この夜ふけに一人の供をも連れないで何処へ行くつもりであったろう。千枝太郎に (岡本綺堂/玉藻の前.txt)

いに受け合った。当人の腹では、色男の富蔵にたのんで、藤吉から売って貰うつもりであったんですが、あいに (半七捕物帳 むらさき鯉_ruby.txt)

ていて、お前たちが死にでもしたら、私は生きてはいられないから一緒に死ぬつもりであの砂山をお前、Mさん (有島武郎/溺れかけた兄妹.txt)

していたものだから、私の発展させていくべき仕事の緒口をここに定めておくつもりであり、また私たち兄弟の (有島武郎/小作人への告別.txt)

日については、貴社のご要望により、弊社として最大限のご便宜をお図りしたつもりであり、甚だ困却しており (取引先への手紙.txt)

きよったかと思われましたが、こはそもいかなる気つけ薬を飲ませようというつもりでありましたろう――やに (右門捕物帖15.txt)

見によって番町の御友人とやらに御相談するよう姪の許へ只今別に書面を送るつもりである、しかしその御友人 (新生.txt)

うのが、巷のもっぱらの評判であるが、茅上本人としては全く変わっていないつもりである。 (2novel2_2.txt)

かう云ふ老外交家の言葉を引用した。僕も亦この言葉を少くとも部分的に守るつもりである。 (bungei.txt)

創作の方面であるので、僕の論文の性質から、そう云ふ問題はあまり云はないつもりである。 (神秘的半獸主義.txt)

に一篇読んでしまつた。けふも交換手の出ない中は断じてベルの手をやめないつもりである。 (006 あばばばば)

から監獄の前へ、従兄妹同志結婚した不倫の男女の曝しものを見物に出かけるつもりである。…… (第四の夫から.txt)

民を思ふものである。(僕は「槍ケ岳紀行」の中にちよつとこのことを書いたつもりである。)しかし「猿に近 (bungei.txt)

○僕はこれからも今月のと同じような材料を使って創作するつもりである。あれを単なる歴史 (060 校正後に )

附記この小説はもうこの三四倍続けるつもりである。今度掲げるだけに (大導寺信輔の半生.txt)

の一人であらう。しかしその何かを感じてゐることは必ずしも人後に落ちないつもりである。こんなことは文芸 (bungei.txt)

傲慢無礼の宣教師を憎んだが、いまだかつて教会そのものを憎んだことはないつもりである。その事は、私が無 (私は無教会主義を唱えた。)

らず、花村は、自分自身の目的実現への意欲を持続しており、喜んで行列するつもりである。その意欲は、有名 (副詞「せっかく」の用法)

僕はこういう彼の話をかなり正確に写したつもりである。もしまただれか僕 (038 河童)

彼は永久にではない。腕時計の二時半になったが最後、さっさと博物館を出るつもりである。桜はまださいてい (早春.txt)

と、ピュリアは適当にごまかして逃げるつもりである。フィルは自分の身 (風の伝説3)

る。)僕等の議論の是非を弁ずるのでないことは僕等自身誰よりも知つてゐるつもりである。僕はこの頃雑誌の (bungei.txt)

いき」の包含する徴表を内包的に弁別して、「いき」の意味を判明ならしめたつもりである。我々はここに、「 (九鬼周造/「いき」の構造 .txt)

言葉を機縁にし、最も純粋な作家たちの一人、――志賀直哉氏のことを論ずるつもりである。従つてこの議論の (bungei.txt)

#「(一)」は底本では左右にパーレンの付いた全角の漢数字]の中に書いたつもりである。唯「日本の小説に (bungei.txt)

やりした不安も解剖した。それは僕の「阿呆の一生」の中に大体は尽してゐるつもりである。唯僕に対する社会 (009 或旧友へ送る手記)

ら聞かれるだけのことを聞きました。しかるに、事件はどこまで迷宮にはいるつもりであるか、老婢の証明によ (右門捕物帖05.txt)

だけいろいろな読み手になりきって可能な限り多くの解釈例を挙げて分析したつもりであるが、あくまでも私個 (多様な解釈ができる詩の表現特性)

しも注意して、半七老人の談話筆記をなるべく書き誤らないように努めているつもりであるが、その説明がやは (半七捕物帳 雪達磨_ruby.txt)

分の身体の具合は本当でないから、今しばらくこの産婆の家の二階にとどまるつもりであるが、出来るだけ早く (新生.txt)

要があろうか」(創世記18・17)。そして、ソドムとゴモラを裁かれるおつもりであることをアブラハムに (大阪のぞみ教会説教(全))

。今のさき取りかたづけさせたあの五人の亡者《もうじゃ》にでも食べさせるつもりであるなら、さかな屋で生 (右門捕物帖34.txt)

は、ドイツのようなイデオロギーではなく、政治的なリアリズムで動いていたつもりであるにもかかわらず、現 (柄谷行人特別講義(全))

相手の心をさぐるつもりであろう。彼は笑いにまぎ (岡本綺堂/玉藻の前.txt)

て眠りこけるか、疲れ切って倒れるか、それまでは夜を昼についで浮かれ狂うつもりであろう。朗詠や催馬楽の (岡本綺堂/玉藻の前.txt)

なに、別にそういう訳じゃあねえ」と、治六はいい加減に胡麻化してしまったつもりでいた。 (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

お菊は母に連れられて入浴に出掛ける時に言った。この娘は小諸の湯屋へ行くつもりでいた。 (芽生.txt)

「自分はさっきまで、本朝に比倫を絶した大作を書くつもりでいた。が、それもやはり (047 戯作三昧(新仮名))

人力車の行くえを見失っていた。そして自分ではまっすぐに釘店のほうに急ぐつもりでいた。ところが実際は目 (有島武郎/或る女(前編).txt)

により自然と人間のことはほとんど学び尽し、性情にもあらゆる豊さを加えたつもりでいた。また永い歳月かか (富士.txt)

最初から僕は、この新聞はこれらの人達の協同に、全部を任せるつもりでいた。僕は仕事の目鼻さ (大杉栄/日本脱出記.txt)

かなかった。絶対に負けると思っていたので、後日判決書だけをもらいに行くつもりでいた。翌朝依頼者から電 ( 佐々木満男(全))

私は、はじめ何をこの忙しい中に主人が言うのかと問題にしないつもりでいたが、考えてみると、 (東海道五十三次.txt)

男は声を振り絞ったつもりでいたが、その声は細く、 (牙のないオオカミ.html)

から大いに発展しようというところだ。近いうちに国の方のものを東京へ呼ぶつもりでいたところだ。貴様が家 (新生.txt)

くつもりでいたのです。そうです、彼は本気だったのです。彼としては、そのつもりでいたのです。 (大阪のぞみ教会説教(全))

育家といっても、人間の精神に強い力を与え得るような、本物の教育家になるつもりでいたのです。が、教育家 (若杉裁判長.txt)

は、主が行かれるところには、いかなることがあろうと、最後までついて行くつもりでいたのです。そうです、 (大阪のぞみ教会説教(全))

わざ夜の更けるのを待った上、お父さんの寝間の戸を叩いても、御眼にかかるつもりでいたのです。ところがふ (houonki.txt)

匹、ある河童の夫婦を訪問しました。そのまた雌の河童というのは亭主を殺すつもりでいたのです。なにしろ亭 (038 河童)

来ていたのである!まんまと先手を打ったつもりでいたのに、どうしてそれ (右門捕物帖30.txt)

文科で、しかも哲学志望でありました。当人の考えでは、将来は教育家になるつもりでいたらしいのです。むろ (若杉裁判長.txt)

「いゝえ、あれはどの道あなたに上げるつもりでいたんですから……」 (有島武郎/或る女(前編).txt)

若太夫(座興のつもりでいったことを真っ向から (藤十郎の恋.txt)

と力をこめるつもりでいったその声はいくじな (有島武郎/或る女(前編).txt)

とスコットランド風な強い発音で船長に尋ねた。葉子にはわからないつもりでいったのだ。船長があわ (有島武郎/或る女(前編).txt)

「あら、わたし、そんなつもりでいったんじゃないのよ。 (機関車.txt)

でも倉地さんに万事を見ていただかなければならないのだから、あなたもそのつもりでいてちょうだいよ。ちょ (有島武郎/或る女(後編).txt)

いる処とは定めてこの古戦場あたりではあるまいかと思って、一度行ってみるつもりでいてまだ行かないが実際 (武蔵野.txt)

女を……葉子はあらぬことまで勝手に想像して勝手に苦しむ自分をたしなめるつもりでいても、それ以上に種々 (有島武郎/或る女(後編).txt)

号により行動するように。冷静を失うと結局いいことはないから、どうかそのつもりでいて貰いたい」 (地球発狂事件_ruby.txt)

らないと、飛んだ馬鹿を見ることにもなる。吉原へ行くのもいいが、よくそのつもりでいて貰いたいと言った。 (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

が、遥に好かったと思いますが、――とにかくこの小品は貰いますから、そのつもりでいて下さい。 (045 奇遇)

「わたしが悪かった。わたしはどこまでもあなたを信ずるつもりでいながら、他人の言葉に (有島武郎/或る女(前編).txt)

倉地の心底をすっかり[#「すっかり」に傍点]見て取ったという自信を得たつもりでいながら、葉子の心は何 (有島武郎/或る女(後編).txt)

えた。葉子は思わずぎょっ[#「ぎょっ」に傍点]となった。準備をしておくつもりでいながらなんの準備もで (有島武郎/或る女(前編).txt)

それで正月上京なさる津枝さんにおまえを見舞っていただくことにした。そのつもりでいなさい。 (冬の日_rubi.txt)

。わたしは今まで意地からも定子はわたし一人の子でわたし一人のものとするつもりでいました。けれどもわた (有島武郎/或る女(後編).txt)

ません。私はそれを諸君全体に寄付して、向後の費途に充てるよう取り計らうつもりでいます。 (有島武郎/小作人への告別.txt)

げきします。理由はうらみがあるからです。今は逃げますが、後で名前を言うつもりでいます。後で手紙を書き (19991222_01.htm)

ばっており、「うらみがある」などのほか「今は逃げますが、後で名前を言うつもりでいます。だから今は追わ (19991222_01.htm)

等の差別があるわけですが、それらを多少斟酌して、この際私からお礼をするつもりでいます。ただし、いった (有島武郎/小作人への告別.txt)

身として全財産に対する要求をする事の無益なのも知っていた。で「犬にやるつもりでいよう」と臍を堅めてか (有島武郎/或る女(前編).txt)

せっかく寒い中を夜中起きして、きょうばかりはおいらもお将軍さまになったつもりでいようと楽しみにしてい (右門捕物帖20.txt)

「じゃ、なんですかい、だんなはまだ勝つつもりでいらっしゃるんですかい (右門捕物帖12.txt)

彼は自分でも再婚する心であり、節子の縁談でも起った場合には蔭ながら尽すつもりでいる。そして彼女のため (新生.txt)

。この、日本定着の助けになった生活については、いずれ別の機会に紹介するつもりでいる。とにかく彼は無事 (Shijo-Tsushin/#7/JIBIKI)

すかわからねえのが、たった一つだんなの悪い病なんだからな、おめえもそのつもりでいるがいいぜ……だが、 (右門捕物帖14.txt)

ったとしても、その本当の意味など誰にも理解できるものではない。理解したつもりでいるだけで、本当に理解 (そのこと.html)

迷信は人間の本性につき物である。迷信をすっかり追い払ったつもりでいると、迷信は思いがけ ( 0「準備」.txt)

、青木のために土足で踏みにじられたように思った。「貴様は俺に恩を施したつもりでいるのか、貴様から受け (青木の出京.txt)

ふえるならどのくらい楽と思うか知れないと、武をして石井翁を説き落とさすつもりでいるのである。 (二老人 .txt)

小説家(急に悄気る)さあ、とにかくその前には、書き上げるつもりでいるのですが、―― (045 奇遇)

をわたされていると考えてよい。つまらない自信だが、僕も骨を曝《さら》すつもりでいるよ」 (人造人間殺害事件_ruby.txt)

屋でも相当の弔い金は出す気でいるのだが、親の方じゃあ五百両か千両も取るつもりでいるらしいので……」 (半七捕物帳 かむろ蛇_ruby.txt)

「ウッフフ。よくよく、ちゃちな野郎だね。けっこうこれで隠れおおせたつもりでいるんだからね。――や (右門捕物帖27.txt)

笑い事ではない。いったい自分はどうするつもりでいるんだろう。そう葉子 (有島武郎/或る女(前編).txt)

「節ちゃんは何を釈り違えて行ったんだろう。自分はそんなつもりでいるんじゃ無い」 (新生.txt)

「労働者になるつもりでいればどうにかなるだろ (有島武郎/星座.txt)

》で型を付けるよりほかないのだ。おれはもう覚悟している。おまえ達もそのつもりでいろ」 (半七捕物帳 白蝶怪_ruby.txt)

をしようと思へば、どうしても牢にはいらなくちやならね。だからお前も其のつもりでうんと勉強をしろ。と云 (大杉栄/遺言.txt)

神の支配のもとに生きるようになるために、その代価として自分の命を献げるつもりでおられたのでした。主は (大阪のぞみ教会説教(全))

す。その間、主は忍耐しなくてはなりません。そして、主は長く忍耐強く待つつもりでおられるのです。たとえ (大阪のぞみ教会説教(全))

のものと少しもお変りなさりませぬ。正純も弓矢の故実だけは聊かわきまえたつもりでおります。直之の首は一 (063 古千屋)

「市に隠れた仙人のつもりでおるのだ。」 (二老人 .txt)

、こんなところまで来たのかい?荒地を他人のために開墾したのかい?そんなつもりでおれの親父について来た (恐怖城 .txt)

「どういうつもりでお前はああいう手紙を叔 (新生.txt)

って私は私なりに押し通すよ。だれがなんといったって構うもんですか。そのつもりでお前も私を見ていておく (有島武郎/或る女(後編).txt)

しだろうからな。下手人は犬に決まったとことづてしてくんな。伏せ網もそのつもりでお張りなせえとな。じゃ (右門捕物帖24.txt)

れては困りますが、昔の人は正直にそれを信じていたんですから、まあ、そのつもりでお聴きください」 (半七捕物帳 かむろ蛇_ruby.txt)

ともないのですが、そうは行かないので此のお話が始まるのです。まあ、そのつもりでお聴きください」 (半七捕物帳 廻り燈籠_ruby.txt)

といっても親は泣き寄りで、まさかに情なくも追い返すまい。実は飛脚を頼むつもりできのうから手紙を書いて (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

この野郎……」と、半七は叱り付けた。「貴様は今夜この為吉を殺《ば》らすつもりでここへ連れ出したのだろ (半七捕物帳 青山の仇討_ruby.txt)

「おお、わしもそのつもりでこの頃は稼ぎに出る。あ (岡本綺堂/玉藻の前.txt)

景、そこにこの雑誌社があり、自分の会社の窓から見れるような、そういったつもりでこの表紙にしたのですが (ホームズ三世講演aはじめに)

、更に「時」というものの力を待とうとした。もとより彼は自己の鞭を受けるつもりでこの旅に上って来た。苦 (新生.txt)

ぐる内戦、これがいま始まろうとしているということですねぇ。そのぐらいのつもりでこれからの事態を、ま、 (早稲田大学人物研究会.txt)

「おこるなよ。なにもおめえが小さかったんで、からかうつもりでこんなちっちぇえ精霊だ (右門捕物帖23.txt)

というものに対する恐れが強くなって来たのに付け込んで、何者かが人を嚇すつもりでこんな悪戯をするに相違 (半七捕物帳 半鐘の怪_ruby.txt)

す。わたしの力は小そうございます。けれども心ばかりは決して人に劣らないつもりでございました。しかし全 (新生.txt)

れども。【内閣総理大臣】私は、だれよりも一番けじめをつけて、やっているつもりでございます。 (30 souri526.html)

てほしいと、していただければいいのにね、ということを私は申し上げてきたつもりでございます。 (30 souri526.html)

も辞職しました。今後の私は、全力を挙げて、超自然的現象の研究に従事するつもりでございます。閣下は恐ら (tegami.txt)

いですか。【内閣総理大臣】今も誠意を持って、私はお答えを申し上げておるつもりでございます。【事務方】 (30 souri526.html)

の近江屋平吉も、小間物屋こそ致して居りますが、読本にかけちや一かど通のつもりでございます。その手前で (046 戯作三昧(旧仮名))

江屋平吉も、小間物屋こそいたしておりますが、読本にかけちゃひとかど通のつもりでございます。その手前で (047 戯作三昧(新仮名))

私は今日限り、当区に居住する事を止めるつもりでございます。無為無能な (tegami.txt)

おり塾に入れてしまいますし、この後はこれといって大して御厄介はかけないつもりでございます。赤の他人の (有島武郎/或る女(前編).txt)

と間違えば斬死《きりじに》するつもりでございます。大伴の道場 (業平文治漂流奇談.txt)

駕「渡ったつもりでございますがね、今夜は (真景累ヶ淵.txt)

代をつくり上げていかなきゃならん。そういう思いで、私は常に行動してきたつもりでございますし、そういう (30 souri526.html)

「こ、困りますね。広間でお待ち願うよう申上げたつもりでございますに……」 (地球発狂事件_ruby.txt)

とまことしやかにもったいつけたうえで、五百金のお宝を祈祷料にかたり取るつもりでござりました。さればこ (右門捕物帖17.txt)

ぎよう身を殺しまして、そのかわりに用意のこれなる書き置きをお読みねがうつもりでござりました。それに、 (右門捕物帖12.txt)

、わざわざこんなへんぴな土地へ逃げかくれ、首尾よく身を隠しおおせていたつもりでござりましたが、それが (右門捕物帖08.txt)

にも、てまえがもう死んだごとくに装って、その凶刃から一生安楽にのがれるつもりでござりましたが、右門の (右門捕物帖08.txt)

、形見の髪で人形をあつらえ、せめてもそれを娘と思うて、小判の供養をしたつもりでござりまするが、それさ (右門捕物帖15.txt)

お始めなされい。われらは、今年四十九でござるが、倒れるまで、努めてみるつもりでござる」 (蘭学事始.txt)

した。気になるのはお冬どののこの先、どうあっても娘のままお手元におくおつもりでござるか」 (右門捕物帖32.txt)

埋め、ほとぼりの少し冷めた頃に、親子は二百両を持って、故郷の大阪へ帰るつもりでした。 (半七捕物帳 かむろ蛇_ruby.txt)

りが決まりました。その当日に、モグラはおやゆび姫を地中深くに連れていくつもりでした。いっしょに暮らす (大久保友博訳/アンデルセン童話集)

好い皮膚病の薬が見つかりましてね、それを節ちゃんのところへ送ってよこすつもりでした。丁度子供のところ (新生.txt)

「もちろんです。行くなと言われても、行くつもりでした」
(風の伝説4)

悪いので、むろん右門は最初から気晴らしに、すすきでもつりに行こうというつもりでしたから、にこりともせ (右門捕物帖02.txt)

、註を入れるにも及びますまい。殊にその頃は摩利伽へでも、一時渡っているつもりでしたから、余計に金の入 (houonki.txt)

「あるくつもりでしたが、なにしろ道が悪 (半七捕物帳 大森の鶏_ruby.txt)

「古藤さんに連れて行っていただいてあれを買った時は、ずいぶん吟味したつもりでしたけれども、船に来て (有島武郎/或る女(前編).txt)

今回の事件は、本人もいたずらのつもりでしたし、もし誰も偽やせ (yuutousei.html)

「だからきょうはお暇乞いのつもりでしたの。それでもそんな (有島武郎/或る女(前編).txt)

溶かしてしまうつもりでしょう。 (花の街)

マリ:おそらくはそのつもりでしょう。 (サンタクロース)

れはよくわかりませんが、女史の持ってきた手紙を信用すれば、日本人を救うつもりでしょう」 (第五氷河期_ruby.txt)

する誤解を説いていきたいと思います。さらに詳しい説明をだんだんしていくつもりです。 (1 こころの病、簡単入門)


    今度リクエストしてみるつもりです。 (dokusyo2.htm)

い事は申されますまい。その上わたしもこうなれば、卑怯な隠し立てはしないつもりです。 (藪の中.txt)

小説家南から北へ周るつもりです。 (045 奇遇)

今後もこの方針を貫くつもりです。 (menu_aboutus)

記のような正確な診断名としてではなく、何らかの性格の病として述べてきたつもりです。(DSMでは、同じ精神 (fukusima.html)

「出来るつもりです。」 (魔術.txt)

「何になつても、人間らしい、正直な暮しをするつもりです。」 (杜子春.txt)

ますまい。私は、あなたに、あの涙ぐんでゐる眼を、お話しする事は、出来るつもりです。あの急に不随意筋に (猿.TXT)

しましたが(結局ゴミで部屋がせまくなってたんですね)まだまだ捨てていくつもりです。おしゃれな部屋に生 ( 7 ESSAY)

中は一番女の子してるんだぞ!」という私のメッセージをいっぱい詰め込んだつもりです。これからも普通の作 (嫌いになりたい)

つもりです。愛くんが戻ってきてくれれば、今まで以上にちゃんと面倒を見るつもりです。しかし........」 (13 パパはニュースキャスタースペシャル)

日向「いえ、私は愛くんも一緒のつもりです。しかし、彼女が日本 (13 パパはニュースキャスタースペシャル)

す。確かに日本の嫌な所、日本的いやらしさも、たくさん見てきて知っているつもりです。そしてそれを認識す (Shijo-Tsushin/#11/OGATA)

しつぶして理屈一方に固まろうとは思いません。それほど僕は道学者ではないつもりです。それだからといって (有島武郎/或る女(前編).txt)

できるだけ「どこまで著作権法で守られるべきなのか」について説明してきたつもりです。たとえ最初と同じと (もう一つの著作権の話)

「僕は自分としてはこれ以上は考えられないというところまで考えたつもりです。もし失礼に当ったら (有島武郎/星座.txt)

誰にも認められていないのですがね。これは僕の友人の音楽家をモデルにするつもりです。もっとも僕の友人は (011 或恋愛小説)

「子供ですか。留守は兄貴の家の人達に頼んで行くつもりです。姉が郷里から出て来 (新生.txt)

五十嵐の声「ちゃんと面倒をみてきたつもりです。愛くんが戻ってきて (13 パパはニュースキャスタースペシャル)

んな時が来ても、私がこの農場を解放したのを悔いるようなことは断じてないつもりです。昔なつかしさに、た (有島武郎/小作人への告別.txt)

たしは何も倉地さんをどうしようのこうしようのと、そんな薄情な事はしないつもりです。倉地さんにけががあ (有島武郎/或る女(後編).txt)

「わたしは都にいた時の通り、御側勤めをするつもりです。年とった一人の母さ (俊寛.txt)

れをわたしにむけて吹いてごらんになりませんか。わたしは、絶対に驚かないつもりです」 (ラッパの音.txt)

サンタ「どこかでキャンプを張るつもりです」 (クリスマス)

がそこにあるのですから。そしてわたしは、責任上教育界から身を退《ひ》くつもりです」 (錯覚の拷問室.txt)

責任者として、チェックが十分でなかったことを反省し、より一層職務に励むつもりです」 (74 県警 新たに5人処分)

「隆士にいさん、せっかくですけど、ぼくはもう少し北海道にいるつもりです」(塩狩峠) (副詞「せっかく」の用法)

うに、白葡萄酒の杯をとりあげながら、わざと簡単に「西南戦争を問題にするつもりです」と、こう答えた。 (西郷隆盛.txt)

いします。」ホームズは厳しく言った。「この我々の探検を全て台なしにするつもりですか。願わくばあそこの (赤毛連盟_ruby.txt)

鈴木愛「お父さん、安達さんのこと、どうするつもりですか?」 (14 パパはニュースキャスターお正月スペシャル)

「姉に会うつもりですか」 (スチュワーデス刑事・3)

「(フクレて)ドイツでデートするつもりですか」 (スチュワーデス刑事・3)

「どうするって、僕が希望するところにまわしますか?会社としてはどうするつもりですか」 (鍛造工場.htm)

ないざまになったんじゃごわせんか!いったい、どうしてここから逃げ出すおつもりですかい!」 (右門捕物帖04.txt)

どうか、あっしゃにおいもかいだこたアねえんですよ。伝六に罪をぬりつけるつもりですかい」 (右門捕物帖33.txt)

ね。あっしをひとりおいてきぼりにしておいて、ねずみにでも引かしてしまうつもりですかい」 (右門捕物帖03.txt)

鈴木愛「(不安げに)........帰ってこないつもりですかね」 ( 2 パパはニュースキャスター第2回)

らしいが、僕はそんなことは何とも思わない。僕は民さんの思うとおりになるつもりですから、民さんもそう思 (伊藤左千夫/野菊の墓.txt)

高瀬「茂のことはいつも考えてるつもりですが、時間がアッという ( 3 逢いたい時に… 第3回)

「女優は続けるつもりですが、家庭に入るのも楽 (マリリンモンロー.txt)

小野:は、ええ。そのつもりですが。 (教祖さま)

れば、どのお客様に対しても責任があるのだで、御迷惑になるような事はせんつもりですが」 (有島武郎/或る女(前編).txt)

「寿司は大好きでよく食べるんです。だから舌は肥えてるつもりですけ (スチュワーデス刑事・3)

自分で言うのはおこがましいのですが、トリビュートとして色々と書いてきたつもりですし……おそらく、Onlin (イメージストーリー5d)

「工場へ?工場へだけはおよしなさいよ。あなたはまだ工場へなど行くつもりですの?」 (猟奇の街.txt)

「シカゴまで参るつもりですの」 (有島武郎/或る女(前編).txt)

日向の声「私は愛くんと一緒に暮らしたいんです。なるべく早く迎えに戻るつもりですので、申し訳ありませ (13 パパはニュースキャスタースペシャル)

いつかまた再開できたらなぁと考えています。少しずつ思い出して書いていくつもりですのでまた遊びにきてく (作者より)

謎の男b私共は、あなたをよく知ってるつもりですよ。

(微笑のマスク)

なんだからね。あっしゃ今から駆け込んでいって、うんと殿さまに不足をいうつもりですよ。だんなをごひいき (右門捕物帖09.txt)

どんの兄貴が来た時にその訳をよく話して、もうそのままに打っちゃって置くつもりですよ。けさはまだ行って (半七捕物帳 小女郎狐_ruby.txt)

す。えゝ、わたしはそんな事をされて黙って引っ込んでいるような女じゃないつもりですわ。けれどもあなたは (有島武郎/或る女(後編).txt)

ゃ困りますよ。わたしはこれでも真剣な事には真剣になるくらいの誠実はあるつもりです事よ。わたしあなたの (有島武郎/或る女(後編).txt)

して山の影を見上げて行った。翁は息を胸に一ぱい吸い込み思い切り見上げたつもりでそこで眼を止めた。山の (富士.txt)

めると書いた。神戸を去る時に書こうとしても書けず、余儀なく上海から送るつもりでそれも出来なかった手紙 (新生.txt)

小暮「彼女がどういうつもりでそんなことをしてくれる (15 パパはニュースキャスタースペシャル。)

ると葉子は心の底から自分の狂暴な振る舞いを悔いた。そして気を取り直したつもりでどこまでも愛子をいたわ (有島武郎/或る女(後編).txt)

お父さんも大分年を取ったし、お前一人を力にしているんだから、お前もそのつもりでなるべく早く帰って来る (新生.txt)

「それじゃ、お嬢さまは敬二郎さんがいやになって、正勝さんと一緒になるつもりでねえのかね?」 (恐怖城 .txt)

は岸本が懇意な博士もあり、まるで嫂はお客様のような扱いを受けた。岸本のつもりでは、嫂が入院中のことは (新生.txt)

もしやさっきのお此の二の舞をここで演るつもりではあるまいかと、彼女は (岡本綺堂/両国の秋.txt)

ならざる反抗が待ちうけているとは十二分に覚悟して、その備えをしておいたつもりではいたけれども、古藤の (有島武郎/或る女(後編).txt)

ひ噺して居る。――僕は前以つて斷つて置くが、そんなえらい人々と競爭するつもりではない、ふとしたことか (神秘的半獸主義.txt)

み、もう一度この文章を作る気になつた。勿論僕の志も谷崎君にばかり答へるつもりではない。しかし私心を挾 (bungei.txt)

をしたのでもなければ、なほ更プロレタリア文芸に対する共同戦線などにするつもりではない。唯文芸上の問題 (bungei.txt)

ない。止むを得ず黙って通ったが、生れて覚えのない苦痛を感じた。軽侮するつもりではないかも知れねど、深 (伊藤左千夫/浜菊.txt)

上を目指さなくてはなりません。おそらく、福島氏も、担当者個人を非難するつもりではないだろうと思います (fukusima.html)

分の性格はマイペースだとよく言われます。本人はそのつもりではないのです (自己紹介文集)

もりで紹介したのではないと書いてあるので、これは不思議だ、自分もそんなつもりではないのにと思つて、出 (神秘的半獸主義.txt)

跨つた。所が、轡を並べて此処まで来て見ると、どうも利仁はこの近所へ来るつもりではないらしい。現に、さ (016 芋粥)

「そうでしょう、僕もこんなに遅くなるつもりではなかったがな、いやど (伊藤左千夫/浜菊.txt)

女は特に冗談を言うつもりではなかったのだが、私は (コーヒーメーカー.txt)

をしたとおもった。人の醜い部分に臆面もなく注意を向けていたのを……そのつもりではなかったのだが……す (有島武郎/星座.txt)

「恐れ入りました。お目の鋭いのにはおっかねえくらいです。べつに隠すつもりではなかったんですが、つ (右門捕物帖23.txt)

あてつけのつもりではなけれど (石川啄木/悲しき玩具.TXT)

子に留守を頼んで置いて、ぶらりと岸本は家を出た。別れを友人に告げに行くつもりでは無いまでも、実際どう (新生.txt)

に浸る楽みを想像したことや、海の荒れていることを聞いて折角節子を驚かすつもりでひそかに立てて置いた計 (新生.txt)

心の中では負けていないつもりでも、いざ本人の前に立つ (bnovel3_03.txt)

はじめ、かなり私への心遣《こころづか》いで話しかけているつもりでも、いつの間にか自分独 (東海道五十三次.txt)

は自然と自分でディテエルの取捨選択をしながら、書いてゆく。これはしないつもりでも、事実としてするのだ (西郷隆盛.txt)

目を閉じて走っても、全く違うところを目指したつもりでも、気持ちはいつの間に (吉本ばなな小説冒頭性質役割)

目を閉じて走っても、全く違うところを目指したつもりでも、気持ちはいつの間に (吉本ばなな小説冒頭性質役割)

うに取扱いつけているこの社会に育って、いくら養母が遮断《しゃだん》したつもりでも、商品的の情事が心情 (老妓抄_ruby.txt)

落ち着いているつもりでも、彼女の声は少し顫え (岡本綺堂/箕輪心中.txt)

以つて、表象的言語を普通音樂だと云へる。渠は音樂の普通的なるを證明するつもりでもあらう、一つの曲譜に (神秘的半獸主義.txt)

然主義の悲劇』と稱したさうだが、この終末を以つて、人生の悲痛を解决したつもりでもなく、また觀客に解脱 (神秘的半獸主義.txt)

の者の荷船に便乗する訣でもう船は来て居る。僕は民さんそれじゃ……と言うつもりでも咽がつまって声が出な (伊藤左千夫/野菊の墓.txt)

に死罪でしたが、長吉の方はまだ子供でもあり、どこまでも親のかたきを討つつもりでやった仕事ですから、上 (半七捕物帳 お照の父_ruby.txt)

。中身については特に相談もしなかったが、「自分たちの音楽体験の総決算のつもりでやろう」と事前に話し合 (秋野平/ロック、七〇年代.txt)

、お母さんと二人でその話をしましてね、私はもう男に成りましたから、そのつもりでよくやりましょうねッて (新生.txt)

を残して置いて香港を離れて来た心持から言っても、岸本は再び兄夫婦を見るつもりで国を出たものではなかっ (新生.txt)

岸本は異郷の土となるつもりで国を出て来た自分の決心 (新生.txt)

しょう。たまたま清吉さんが百両の穴に苦しんでいると聞きつけ、男を見せたつもりでわちきにお貸しなされま (右門捕物帖09.txt)

だけの金子を集めて、是を資本《もとで》に追々《おい/\》と再建に取掛るつもりでわざ/\源兵衞さんが一 (闇夜の梅.txt)

「自分はさつきまで、本朝に比倫を絶した大作を書くつもりでゐた。が、それもやはり (046 戯作三昧(旧仮名))

お聞きよ。今夜は久しぶりにアグニの神へ、御伺ひを立てるんだからね、そのつもりでゐるんだよ。」 (003 アグニの神)

がいい。妙義の山の女に吸い付かれたら、山蛭よりも怖ろしいんだから、そのつもりで腰を据えていることさ。 (半七捕物帳 筆屋の娘_ruby.txt)

んと云う。わたくしは畳みかけて『なに、居ないことがあるものか、誰にやるつもりでカンカラ太鼓を買ったの (半七捕物帳 河豚太鼓_ruby.txt)

駕「それは然《そ》う云うつもりで参《めえ》りましたが、 (真景累ヶ淵.txt)

堪るもんでございますか。さて品川|停車場《ステーション》より新橋へ帰るつもりで参って見ると、パッタリ (根岸お行の松 因果塚の由来.txt)

が、元の様に二両や三両ずつはすける積り、伯父さんの前でフッヽリ縁を切るつもりで私が来たんだよ、利かな (真景累ヶ淵.txt)

歩いて行った。この習慣は私の帰国まで続いた。風に向かって訴えかけているつもりで実は自問自答をしていた (Shijo-Tsushin/#4/NAKATSU)

しろ私も年は取りますし、身体も弱って来ましたし、捨さんに御相談して頂くつもりで実は台湾の方から帰って (新生.txt)

ゆっくりと目を開けた。眼の前は暗く閉ざされている。一瞬、目を開いているつもりで実は閉じたままなのでは (新世界交響曲.txt)

、これは何んの足しにもならないが、僕の君に対する借金の返済の一部とするつもりで取っておいたんだ。とこ (有島武郎/星座.txt)

、まさか節ちゃんが取るようなことはすまいが、しかし疑って見れば家を出るつもりで取らんとも言えない…… (新生.txt)

宿舎に帰り、読むつもりで持ってきていた単行本に (Tea Time Romance)

「兄さん、これは貴方に進げるつもりで持って来ました」 (新生.txt)

。1年かけて、都心の空洞化と活性化について考えてみることにした。相談のつもりで訪れた市の都市計画課の (天声人語 19991007~14)

高瀬「キミはどういうつもりで茂に構うんですか」 ( 4 逢いたい時に… 第4回)

やいて、次郎左衛門には自分の従弟であるように話してあるから、お前はそのつもりで逢ってくれ。きっと幾ら (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

「ああ、大船に乗ったつもりで安心してくれ」
(風の伝説3)

西山は軽薄という言葉を聞くと癪にさわったが、柿江の長談義を打ち切るつもりで威かし気味にこういった (有島武郎/星座.txt)

「いけません、古藤さん。妹たちが御恩返しのつもりで一生懸命にしたんですか (有島武郎/或る女(後編).txt)

備前屋のお絹の死骸は高輪の海端に横たわっていたのであった。海へ投げ込むつもりで引き摺ってゆくと、あた (半七捕物帳 熊の死骸_ruby.txt)

は言っておれなかった。そういう経過があったので、N自動車にはこしかけのつもりで勤めているという気持ち (鍛造工場.htm)

ハり久※[「※」は「さんずい+闊」、第4水準2-79-45、73-12]の挨拶をするつもりで居たのだけれど、岡村は (伊藤左千夫/浜菊.txt)

「勿論、手前方でも相当のとむらい料を遣《つか》わすつもりで居りますが、どうもその (半七捕物帳 弁天娘_ruby.txt)

るが、その親馬鹿が飛んでもない悪いことをした。親がいつまでも物の解ったつもりで居るが、大へんな間違い (伊藤左千夫/野菊の墓.txt)

ものの操縦なんか、わけはない。自分が人間であることを忘れて、魚になったつもりで泳ぎまくればいいんだ。 (恐龍艇の冒険_ruby.txt)

画も見ない。大阪へ行く前に、桃の花でも描いて置いてってくれないか。そのつもりで俺はあの真中の板をあけ (新生.txt)

たしは神田の半七という御用聞きだ。今おまえを調べるのは御用だから、そのつもりで何でも正直に云ってくれ (半七捕物帳 鷹のゆくえ_ruby.txt)

け勉強の出来るような部屋でも貸すところがあらばと思って、それを見つけるつもりで家を出た。二家族のもの (新生.txt)

。静子と離れなければ、自分の全てが壊れてしまうと言っていたらしい。死ぬつもりで家を出たが、それも違う (line.html)

なかったら、お福はどんなことになったか判りません。魚八でも白雲堂を殺すつもりで河豚をやったのでは無い (半七捕物帳 河豚太鼓_ruby.txt)

男が南京玉などを持っている筈がないから、おそらく何処かの子供にでもやるつもりで袂のなかに入れて置いた (半七捕物帳 雪達磨_ruby.txt)

岸本に見えて来た。何よりも先ず彼は力を掴もうとした。あの情人の夫を殺すつもりで過って情人を殺してまで (新生.txt)

、夜業をして怪我《けが》をしてな。うんで病院のほうへ行ったからよ、そのつもりで心配しねえでいてくれ」 (猟奇の街.txt)

世代にゆだねなければならない時期が遠からずくるはずだった。和泉ともそのつもりで真剣に付き合いをはじめ (海岸隧道.htm)

蔭の人間ですから決して捕物などには出ません。どこまでも堅気《かたぎ》のつもりで澄ましているんです。岡 (半七捕物帳 お化け師匠_ruby.txt)

には今度会うのは東京だろう。三四年は帰郷しないつもりだからと。僕もそのつもりで正作に離別《わかれ》を (非凡なる凡人.txt)

から自嘲となった。人の詩を読む興味もまったく失われた。眼を瞑ったようなつもりで生活というものの中へ深 (石川啄木/弓町より.txt)

”ばか”というのは、愚弄されたように思えるらしい。冗談のつもりで打った”ばか”の言葉が (pasocon7.htm)

どうしても身請けの話の方をさきに切り出さなければならなかった。彼はそのつもりで待っていたが、八橋は容 (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

伝六こそもう一人まえになったつもりで大いばりなのです。 (右門捕物帖33.txt)

「ことによると、墨田の奥まで行くかも知れませぬからな、そのつもりで大川を上ってくださいま (右門捕物帖13.txt)

「うまい段じゃござんせぬ。絵かきになるつもりで修業をしているうちに、 (右門捕物帖32.txt)

「僕もね……まあ深い溜息の一つも吐くつもりで出掛けて行って来ますよ (新生.txt)

祭が終ったら、もう学校へゆくがよい。十七日にゆくとしろ……えいか、そのつもりで小支度して置け」 (伊藤左千夫/野菊の墓.txt)

竜太郎「........大塚くん、どういうつもりで小暮の家に行ってるんだ (15 パパはニュースキャスタースペシャル。)

が來て、讀んで見ると、お前は同派に改宗する見込みがあるさうだが、そんなつもりで紹介したのではないと書 (神秘的半獸主義.txt)

そのつもりで書いているので、 (5.musekininn2.html)

逢おうと女医に約束したことや、幼年画報なぞを買ってそれとなく子供に贈るつもりで女医に託したことや、最 (新生.txt)

ぐに覚って仕事に来た以上、なにか内輪に係り合いのある奴に相違ねえ。そのつもりで探《さぐ》りを入れたら (半七捕物帳 夜叉神堂_ruby.txt)

こりゃあ内輪の機密を知っている奴らに相違ありません。好うござんす。そのつもりで探ってみましょう」 (半七捕物帳 夜叉神堂_ruby.txt)

。しかしこの蛇の方の話は少しあいまいなところがあるんですね。まあ、そのつもりで聴いてください。場所は (半七捕物帳 お照の父_ruby.txt)

る話で、ちょいと聴くと何だか嘘らしいようですが、まがいなしの実録、そのつもりで聴いて下さい。昔と云っ (半七捕物帳 津の国屋_ruby.txt)

ているわけではなく、ほんの型ばかりの小屋になっている。その小屋に隠れるつもりで長三郎は何ごころなく踏 (半七捕物帳 白蝶怪_ruby.txt)

ほどに感じ入った。彼の話によると二年前からすでに帰省の計画を立ててそのつもりで貯金したとのこと。 (非凡なる凡人.txt)

君も火達磨になるつもりで能率をあげ給へ、 (小熊秀雄全集-04.txt)

子のために彼女の煩い苦しんでいるという手の薬を探し求めた。子供等へ送るつもりで買って置いた仏蘭西風の (新生.txt)

仮の書斎とした部屋の押入には岸本が自分の身体を養うつもりで買って来た葡萄酒が入れ (新生.txt)

「この二人は中仙道を落ちるつもりで板橋まで踏み出したが、 (半七捕物帳 廻り燈籠_ruby.txt)

精いっぱい軽口のつもりで彼は自分から笑ってかか (岡本綺堂/玉藻の前.txt)

障子の外から声を掛けるのは節子だ。丁度岸本は自分の思い立ったことを話すつもりで彼女を待受けている時で (新生.txt)

なって行った。サクラになるものが上手だと少しの考えもなく、たゞ友達位のつもりで付いてきた女工をもうま (小林多喜二/党生活者.txt)

が亭主があろうが、別にかけかまいはないようなものであるが、こっちもそのつもりで腹を締めて掛からないと (岡本綺堂/籠釣瓶.txt)

ですか?」て聞くんですね。それはお母さんの子育てを責めようとか、そんなつもりで聞くんではなくて、その (子育て講演録.txt)

時に自分で選んだ道――ともかく木村と一緒になろう。そして生まれ代わったつもりで米国の社会にはいりこん (有島武郎/或る女(前編).txt)

おれだって洒落《しゃれ》や冗談に訊《き》いているのじゃあねえから、そのつもりで返事をしてくれ」 (半七捕物帳 新カチカチ山_ru.txt)

七は店さきに腰をおろした。「そこで清吉。今夜は御用で来たのだから、そのつもりで返事をしてくれ」 (半七捕物帳 新カチカチ山_ru.txt)

「この親分は御用で来なすったのだから、そのつもりで返事をしねえじゃあいけ (半七捕物帳 三つの声_ruby.txt)

番を相手に微塵棒《みじんぼう》をしゃぶっている時とは訳が違うから、そのつもりで返事をしろ。てめえは今 (半七捕物帳 お照の父_ruby.txt)

にすぐに眠ってしまうことがよくあったので、そのままゴミ箱にいれてしまうつもりで部屋の片隅に放っておき ( 佐々木満男(全))

岸本は二階へ上って行って見た。もっと長く住むつもりで塗り更えさせた黄色い部 (新生.txt)

去っていった。あまりにも突然に。どうしたらいいのか解らない。自殺をするつもりで途中ここに立ち寄った。 (詩織平成九年度.txt)

いうのは、そういう意味でございまして、あくまでも懇談会での、私は祝辞のつもりで当時の思い出を語って、 (30 souri526.html)

ど小説か何か読んだような心もちになったと言うだけのことです。どうかそのつもりで読んで下さい。 (031 温泉だより)

身許が判って、その親類縁者に引き渡せばそれで安心するのであるから、そのつもりで内密に詮索してくだされ (半七捕物帳 広重と河獺_ruby.txt)

。仔細によっては金をやって、はっきりと埒を明けた方がよかろう。こういうつもりで唯今出てまいりますと、 (半七捕物帳 川越次郎兵衛_ru.txt)

響子は、香取を言い負かしたつもりで悠然と構えたが、その後 (bnovel2_8.txt)

な青いリボンが目に映った。直子だった。私はあわてて会釈を返したが、言うつもりで用意していた言葉が出て (直子.html)

ういう問題でします。ただ、いじめの問題で言えば、今日はいじめでしゃべるつもりで用意はしてなかったんで (子育て講演録.txt)

「妻の浮気を知った夫が、殺すつもりで誘い出した」 (スチュワーデス刑事)

て、例の羅生門横町へ捨てて置いて、これで先ず立派にかたき討ちを仕遂げたつもりで立ち去りました。 (半七捕物帳 唐人飴_ruby.txt)

自分でも結婚するつもりだったし、お前にも結婚を勧めるつもりだった。そのつもりで旅から帰って来た。もし (新生.txt)

て、林之助は気の毒でもあり、嬉しくもあった。きょうは幾らかの無心をいうつもりで来たのであったが、この (岡本綺堂/両国の秋.txt)

お松も家を出て来る時には、一晩泊るつもりで来たものの、来て見ての (伊藤左千夫/守の家.txt)

「うん、僕もそのつもりで来たんだ。」 (042 彼 第二 )

ューを前提に大統領のスケジュールを調整したこと、リオ率いる取材班もそのつもりで来ていたことをコメント (VSN CUBE - Gossip)

家から中心の人を失うに等しかったのみならず、彼は折角自分の許へ勉強するつもりで来てくれた久米に対して (新生.txt)

「おやおや、針路をかえだしたぞ。逃げだすつもりと見える」 (恐龍艇の冒険_ruby.txt)

ました。その一人は髪を切っていたと云うことでしたが、この良住は還俗するつもりとみえて、いが栗頭を長く (半七捕物帳 歩兵の髪切り_ru.txt)

ナゲット(つぶやくように)どうせ「やらない」って言っても絶対やらせるつもりなくせに、いちいち聞くっ (猫のしっぽ)

見ているだけで楽しませてくれる。買うつもりなくても、ついつい手がい (分析文集)

文子「パパ、どういうつもりなの!?」 ( 8 パパはニュースキャスター第8回)

みゆき「だいたい大塚さんをよその人のとこに行かせるなんて、どういうつもりなの!?」 (11 パパはニュースキャスター第11回)

美代子「(爆発して)どういうつもりなの!?普通は追い掛けてく ( 1 逢いたい時に… 第1回)

「どういうつもりなの、だますなんて」 (うさぎ使い.html)

簡をきいた上で、ねえ、また膝とも談合というから話し敵《がたき》にもなるつもりなの、些《ちっ》とも遠慮 (根岸お行の松 因果塚の由来.txt)

千秋「どうするつもりなの、美代子と」 ( 7 逢いたい時に… 第7回)

「お前さん、あたしというものをどうして呉れるつもりなの。おまえさんを屋敷へ (岡本綺堂/両国の秋.txt)

妻:あなた、それを記事にするつもりなの? (教祖さま)

……さっちゃんの場合、具象がほとんどだけど、これからも具象でやっていくつもりなの? (アーティスト・インタビュー.txt)

シーラ町の人をどうするつもりなの? (吸血鬼ラプソディ)

?短期って、一体いつまでやるつもりなのよ。その間、ずっと講義には出ないつもりなの?!」 (bnovel2_6.txt)

つもりなの?(2、3歩追いかけ (吸血鬼ラプソディ)

美代子のM「........私はどこに行くつもりなの?」 ( 4 逢いたい時に… 第4回)

「あら、冗談じゃないよ、この人は。そうしておまえさんこれからどうするつもりなの?」 (泉鏡花/義血侠血.txt)

「正勝ちゃん!あなたはどこかへ行くつもりなの?」 (恐怖城 .txt)

「そんなものを巻きつけて。でも、どこへ行くつもりなの?」 (恐怖城 .txt)

「蔦や!おまえ、本当にどこへ行くつもりなの?え?蔦や!」 (恐怖城 .txt)

「どこへ行くつもりなの?蔦や!おまえはそれ (恐怖城 .txt)

亜衣「(瞶めて)どういうつもりなの!」 ( 4 双子探偵第4回)

ないから。表面ではいやな顔をしないでいて、そして言うことだけは聞かないつもりなの」 (恐怖城 .txt)

嘸《さ》ぞ恟《びっく》りするだろうね、まアお前さん何《なん》てッて往くつもりなの」 (根岸お行の松 因果塚の由来.txt)

いでて楽にくつろぐ時分だが、時世とはいい条……また、清逸の奴がどういうつもりなのか、あの年になってい (有島武郎/星座.txt)

どこへ行くつもりなのか、ひとりで勢い込ん (右門捕物帖28.txt)

熱狂し、その天国が近づいたなら、あいつらみんな右大臣、左大臣にでもなるつもりなのか、馬鹿な奴らだ。そ (駆け込み訴え.txt)

ったら、もうお前は再び帰ることはない。彼女を、お前はこのまま残して置くつもりなのか。お前はダシコフか (勲章を貰う話.txt)

「紀久ちゃんは行くつもりなのか?」 (恐怖城 .txt)

それで、脅しているつもりなのか?十年早いって…… (微笑.html)

「拳銃の引金をひくつもりなのか」 (試作品.txt)

「西山は本当に東京に行くつもりなのか」 (有島武郎/星座.txt)

たことからしてがふにおちないのです。そのうえ五人まえとは、だれが食べるつもりなのか考えようがない。今 (右門捕物帖34.txt)

「浪岡を自分の乗り馬にするつもりなのかな?浪岡なら、乗り (恐怖城 .txt)

亜衣「(首を傾げて)........ママもここで寝るつもりなのかなあ。あ、またお茶 ( 1 双子探偵第1回)

何をいうつもりなのか自分でもわからなか (有島武郎/或る女(前編).txt)

ぇ。道端に立つ姿はタクシーを求めているのか、車が通り過ぎてから道を渡るつもりなのか判断に困る。走りな (03 ただいまお仕事中)

やってきて腰を下ろした。肩に弓の折れたものを担いでいる。護身用の武器のつもりなのだ。 (変説・竹取物語.html)

に相談してみたところで埒は明くまいけれども、順序だから話だけはしてみるつもりなのだ。……でその手紙を (有島武郎/星座.txt)

「おれは何のためだか知らないが、ただ捨ててやるつもりなのだ。×××××××で (将軍.txt)

の廊下だ。この突き当たりにエレベーターがあり、それに乗って屋上まで行くつもりなのだ。このオンボロビル (口一杯に含んだ夜)

。今は此のシラクスの市で、石工をしている。その友を、これから訪ねてみるつもりなのだ。久しく逢わなかっ (走れメロス.txt)

が腹の中にゐなくなると、どうなるのだか、枕もとにある酒の瓶は、何にするつもりなのだか、それを知つてゐ (酒虫.txt)

これでも僕はずいぶん早く来たつもりなのだが、宏にしてみれば (いつか見た海.html)

ったことを書いた。何を、何故、考えこんでしまったのか?それをここで書くつもりなのだが、どうもなかなか (Shijo-Tsushin/#11/NAKATSU)

しているつもりなのだが、周囲から見ると (分析文集)

三枝子は七時まで社にいた。日曜の前日という気持ちから、余計に働いて帰るつもりなのだった。 (接吻を盗む女の話.txt)

(11)せっかく道が開けてきたというのに、なんという無謀なことをするつもりなのだろう……。(沢木耕 (評価のモダリティ副詞の文章)

「鬼ごっこのつもりなのだろうか。いや、どこ (きまぐれロボット.txt)

ではお子さんを大事にして下さい。(得々と)黄泉の使も情だけは心得ているつもりなのです。 (komachi.txt)

あいかわらず、機械いじりに熱心ですね。いつまで、そんなことをやっているつもりなのです。まともに働いた (失敗.txt)

のがほんとうです。それともお前さんの店では暖簾の上に、嘘を書いて置いたつもりなのですか?」 (仙人2.txt)

小町まだ強情を張るつもりなのですか?さあ、正直に (komachi.txt)

単純に想像できそうなシーンは、その手助けだけをして、出来るだけ省略したつもりなのですが・・。着メロに (真夏の夜の夢)

老人「それはきっと色盲ですよ。自分だけは赤いつもりなのですよ。」 (hushigi.txt)

何かが落ちたような音で目が覚めた。目を閉じて眠っていたつもりなのに、いろんな言葉が頭 (ピアス.txt)

ママ変ね。・・・私、口が軽いほうじゃないつもりなのに。まあいい (花の街)

「言わないんなら言わなくてもいいわ。おまえ、どこかへ逃げていくつもりなのね、蔦や!」 (恐怖城 .txt)

ママまぁ、あなたったら、生きてる限りやりつづけるつもりなのね。厚かましい。(居眠りする人々よ、夢を語れ!)

を無くしちゃうつもりなのよ。 (花の街)

バイト・・・お金が要るの?それとも興味本位?短期って、一体いつまでやるつもりなのよ。その間、ずっと講 (bnovel2_6.txt)

は、みんなにノエルの復讐をするつもりなのよ! (吸血鬼ラプソディ)

西尾愛「どういうつもりなのよ!」 ( 5 パパはニュースキャスター第5回)

、どうなるもんでもないだろ。大丈夫、命まで取ろうとは思ってないさ。そのつもりなら、監禁せずにとっくに (風の伝説3)

「これ、狐よ。わしを誑かすつもりなら、それは無駄なことだ (朧月夜.html)

…けれども才覚ができなければ、死ぬよりほかはない。この世に生きていないつもりなら、羞汚も顔向けもあり (泉鏡花/義血侠血.txt)

けて、メロスは足下に視線を落とし瞬時ためらい、「ただ、私に情をかけたいつもりなら、処刑までに三日間の (走れメロス.txt)

辞典だけでまにあわせようとする人がいます。あれも携帯用のアクセサリーのつもりならかまいませんが、机に (10「辞書」.txt)

珍らしいとも思われなかったが、ここに一つの不審がある。事件を秘密に葬るつもりならば、浅井の奥さまや親 (半七捕物帳 新カチカチ山_ru.txt)

「何時間ぐらい勉強したらよいか」──もし本当に勉強の効果を上げるつもりならば1日24時間主義を少 ( 1「続ける」.txt)

のであろうと彼女は書いてよこした。そんなら、それでいい、叔父さんがそのつもりなら自分は最早叔父さんに (新生.txt)

眠るつもりなんかなかったのに、1日 (吉本ばなな小説冒頭性質役割)

見上げると、眠ってからもうずいぶんと時間がたってしまったのを知る。眠るつもりなんかなかったのに、1日 (吉本ばなな小説冒頭性質役割)

身に覚えのない、不思議なことだった。確かにみんなで彼女を殴ったが、殺すつもりなんか全然なかった。彼女 (punk12.htm)

男「怪しいヤツだな、コソコソしやがって!どういうつもりなんだ、こんな夜中に一人 (15 パパはニュースキャスタースペシャル。)

外国の資本家を圧迫する一方法としてだけでも、大いに労働運動を興して見るつもりなんだ。」 (大杉栄/日本脱出記.txt)

竜太郎「それじゃフジテレビと同じじゃないか。上もどういつもりなんだ。ニュースと芸能の ( 1 パパはニュースキャスター第1回)

竜太郎「キミ!同じ局だろ!どういうつもりなんだ!」 (10 パパはニュースキャスター第10回)

竜太郎「(怒鳴る)お前たち、どういうつもりなんだ!」 ( 4 パパはニュースキャスター第4回)

竜太郎「どういうつもりなんだ」 (14 パパはニュースキャスターお正月スペシャル)

だぞ?そんなに酔っ払っているところを、上官にでも見つかったら、どうするつもりなんだ」 (2novel2_3.txt)

高瀬「(唇を噛んで)あいつ、茂をアメリカに連れて行くつもりなんだ」 ( 5 逢いたい時に… 第5回)

パパじゃあ、君はどうやってオルガズムを数えるつもりなんだい。 (居眠りする人々よ、夢を語れ!)

雄介「........そのつもりなんだけど........」 (10 逢いたい時に… 第10回)

竜太郎「(囁く)君とは、夕食と明日の朝食を付き合ってもらうつもりなんだけど」 (13 パパはニュースキャスタースペシャル)

い自分が嚥《の》まないのはわかっているのに、そのあとをいったいどうするつもりなんだと、吉田は母親のし (のんきな患者_ruby.txt)

、さてこそおれの出幕だ、話せるね、いい気性だよ、あっしに花を持たせるおつもりなんだと思ったればこそ、 (右門捕物帖27.txt)

日私は湯槽《ゆぶね》の上にかかっているペンキの風景画を見ながら「温泉のつもりなんだな」という小さい発 (橡の花_ruby.txt)

「路銀をこしれえて、どこか遠いところへ高飛びするつもりなんだよ」 (右門捕物帖16.txt)

与兵衛「これ歌ってるつもりなんだろ?」 ( 4 双子探偵第4回)

「だから、あいつらはファーレーンに戦争をふっかけるつもりなんだろ」
(風の伝説3)

博士は僕を秘密研究塔につれこんで、いったいなにを見せるつもりなんだろう。 (宇宙女囚第一号_ruby.txt)

「可哀そうな記者君。君たちは地獄の港までも紙と鉛筆を持って行くつもりなんだろう。……魚油と毛 (地球発狂事件_ruby.txt)

いるんだか、まるで帰って来やしないじゃないか。いったい、何時間待たせるつもりなんだろう?」 (街底の熔鉱炉 .txt)

、もう少し深入りして訊きてえことがあるんだが、師匠はどうせここへはいるつもりなんだろうから、おれ達も (半七捕物帳 帯取りの池_ruby.txt)

「どじだな。行き先もわからねえうちに駆けだして、どこへ行くつもりなんだッ」 (右門捕物帖16.txt)

トナカイ「……もしかして、僕達に何か作ってくれるつもりなんじゃないですか?」 (クリスマス)

「捜すつもりなんてない。」 (ボヘミアの醜聞.txt)

西尾愛「とかなんとか言っちゃって。みゆきさんと一緒にノンビリするつもりなんでしょ、あたしたち抜 ( 9 パパはニュースキャスター第9回)

西尾愛「(その恰好を見て)そのつもりなんでしょ?」 ( 4 パパはニュースキャスター第4回)

雅子「(フト)でも、野口さん、会社やめるつもりなんでしょ?どうして東京 (11 逢いたい時に… 最終回)

文子「はあ........?あ、愛ちゃんたちから離れて羽根を伸ばすおつもりなんでしょ」 (14 パパはニュースキャスターお正月スペシャル)

西田こんなところに連れてきて、一体何をするつもりなんです? (被害者は知っている)

「え。連れて行くつもりなんです」 (汽笛.txt)

西尾愛「どういうつもりなんですか」 ( 6 パパはニュースキャスター第6回)

「お父さんは私を……私を高利貸の……妾になさるつもりなんですか」 (有島武郎/星座.txt)

え、だんな、あっしゃこれでも、だんなのためにゃ命までもと打ち込んでいるつもりなんですが、まさか急にだ (右門捕物帖06.txt)

対決も迫られる両刃の剣になります。それも含めてぼくはおもしろがっているつもりなんですが。 (Shijo-Tsushin/#7/SHOKAN)

るさいですかね。お将軍さまのお寝間へちけえと思って、大きに遠慮しているつもりなんですがね。あっしがも (右門捕物帖31.txt)

気にするときりがないから……ね。結構、自分自身の内面しか表現していないつもりなんですけど……見る人が (アーティスト・インタビュー.txt)

「これでも事件解決のお手伝いしてるつもりなんですけど」 (スチュワーデス刑事・2)

あなたの口紅(ルージュ)の色にあわせたつもりなんですけど」 (Tea Time Romance)

れてね。僕はよく子供と関わる方なんですよ。風呂にも入れるし、僕はしてるつもりなんですけどね。これは関 (子育て講演録.txt)

、ねたを割りゃ、いざ事露見というときの用心に、まえもって力をそいでおくつもりなんですね」 (右門捕物帖03.txt)

すから、慾心も無論に手伝っていたでしょうが、これこそ本当のかたき討ちのつもりなんですよ」 (半七捕物帳 青山の仇討_ruby.txt)

真衣「(ため息で)ママ、どういうつもりなんやろ」 ( 4 双子探偵第4回)

世之助ぢや、始めるがね。勿論唯一例を話すだけなんだから、どうかそのつもりに願ひたい。 (世之助の話.txt)

/″\歎願をいたしまして、極《ごく》内分《ないぶん》の沙汰にして病死のつもりにいたしました。昔は能《 (真景累ヶ淵.txt)

ょろりと今ふたり、天水おけの陰へかくれましたよ。あんなところでちちくるつもりにちげえねえですぜ」 (右門捕物帖34.txt)

仕組で、今もしあの男の影があすこへあらわれたら、さあいよいよと舌を出すつもりにしていたのではなかろう (ある崖上の感情_rubi.txt)

「お信は岸へ泳ぎ着いて、濡れた着物の始末をして、自分だけ助かったつもりにして屋敷へ帰る筈だった (半七捕物帳 新カチカチ山_ru.txt)

と箪笥の抽斗へ入れて錠を卸して仕舞って、鰻を誂《あつら》えに行《ゆ》くつもりにして来たと云う。 (真景累ヶ淵.txt)

ょう》の辻《つじ》につき、青葉の名城は日暮れたれば明日の見物となすべきつもりにて、知る人の許《もと》 (突貫紀行_rubi.txt)

スープグラタンもとうとう身を固めるつもりになったのかい? (猫のしっぽ)

ども、ほかに食ってかかる人はいねえんだからね、きょうばかりゃ辰を殺したつもりになって、あっしの愚痴を (右門捕物帖21.txt)

自分はかなえの一番の親友だと自負していたのに、一体何を見て、何を知ったつもりになって、そこまで自惚れ (bnovel2_7.txt)

おなみのつもりになって以下展開する小説 (文章表現におけるサスペンス2)

を頂きたいんですが。」と云った。看護婦は勿論医者のほかには、誰もいないつもりに違いなかった。が、生憎 (030 お律と子等と)

にしてまた利己主義の慈悲になります。折角、自分は善良な慈悲心でして居るつもりのことが、利己主義の慈悲 (慈悲_ruby.txt)

月日の間には故郷の方の事情の変って行くところからも来、巴里に来て出来るつもりの仕事がとかく果せないと (新生.txt)

波に乗ったつもりのサンタ。 (サンタクロース)

ていくために買った小間物店で、吉田の弟はその店の半分を自分の商売にするつもりのラジオ屋に造り変え、小 (のんきな患者_ruby.txt)

ら港へと波の上を急いだ往きの旅の記憶が、節子のことを義雄兄に頼んで行くつもりの手紙が神戸で書けず上海 (新生.txt)

に依存している。キリストのために彼らがなしうること、または、喜んでするつもりの何事かに依存しているの ( 佐々木満男(全))

――頭から布団を被って隠れているつもりの文子。しかし、下半身は (14 パパはニュースキャスターお正月スペシャル)

分知悉せらるるを信じます。筆者も今年初夏頃の某誌にもはや充分意を尽したつもりの恋愛論を発表しました故 (恋愛といふもの.txt)

「神様を…困らせるつもりは、ないから」 (bnovel4_01.txt)

ばん誇るべき宝なのだからな。セリヌンティウス、私は走ったのだ。君を斯くつもりは、みじんも無かった。信 (走れメロス.txt)

私は、少年犯罪が増加、凶悪化していると主張するつもりはありません。しかし、ず (toukou6.18.html)

もちろん、私はそれらのすべてが環境ホルモンのせいだというつもりはありません。世の中に起 (立花隆講演録.txt)

ユキ急ぐつもりはありません。折角の機会 (花の街)

(だから、大病を患っている人もみんな頑張れなんて、軽々しく言うつもりはありません。病気が治る (罪と赦し 1.html)

で驚いた。原因が分からず不安だし、しばらくは違う種類でも雪印製品を飲むつもりはありません」。子ども用 (06 雪印/2000.06.30)

」なんていっていました。ただし、私はワイドショーの手法すべてを否定するつもりはありませんが) (グリコ森永事件、2000.2.13で時効)

「天現斎、ここまで気を持たせて、わしの同席を拒むつもりはあるまいな?」 (秘剣「蝸牛」.html)

けっして知的な遊びと言うつもりはございません。それでも (ホームズ三世講演d大人の遊び)

の発表をしていたことをどう思うのか」と問われ、赤羽専務は「うそを言ったつもりはございません。私どもの (雪印乳業食中毒事件 27)

いつくしむ心は、他の誰にも負けるつもりはない。 (花の街)

を教へた先生たちである。僕はこの「繁昌記」の中に一々そんな記憶を加へるつもりはない。けれども唯一人こ (honnzyo.txt)

「鎮まれ!危害を加えるつもりはない。この男にも手出し (美月桜.html)

もとより私は、読者の方々に一日八時間ずつ学習するようになどというつもりはない。しかし、外国語の ( 1「続ける」.txt)

りをするというのは人間の得意とするところであるから、それをとやかく言うつもりはない。ただ、すべては思 (孤独であること。信じること.html)

のだ。そのことが分かっていてなお、上を目指そうと言うのならそれを止めるつもりはない。生き方など人それ (人の世はかくありき.html)

竜太郎「(一喝)買い替えるつもりはない!」 (13 パパはニュースキャスタースペシャル)

竜太郎「(ブ然と)私はね、キミたちのお母さんを騙したつもりはない」 ( 8 パパはニュースキャスター第8回)

価を求めるわけではないが、若干のお礼があることもある。目くじらを立てるつもりはない」。 (交通違反もみ消し)

「うそはついたつもりはない」という釈明に、も (雪印乳業食中毒事件 27)

から外れた発言であったとはとらえていず、政権与党としてこれ以上突っ込むつもりはない」とした上で「ただ (07 神の国発言問題1)

問題をうやむやに終わらせるつもりだろう。今後、一切、雪印製品を口にするつもりはない」と再び怒りを表し (「安全」宣言 消費者不安)

をしめるビデオ作品。つまり、アダルトビデオだ。別に自分の仕事を卑下するつもりはないが、かといって、オ (新世界交響曲.txt)

に残るようなことはしたくない。心はまだ、先輩にあるんだから…)こだわるつもりはないが、未練はたっぷり (bnovel4_01.txt)

少年の反応は意外だった。中には何も入っていないし、そんなに強くぶつけたつもりはないけど……少年の目の (詩織平成九年度.txt)

返したいのは僕も亦今後側目もふらずに「話」らしい話のない小説ばかり作るつもりはないと云ふことである。 (bungei.txt)

記者からは再三、「発言を撤回するつもりはないのか」との質問が飛 (29 神の国発言問題7)

ではないが、自分なりの生きる規範をもっていて、会社の論理に無条件に従うつもりはないのだと言った。その (海岸隧道.htm)

「目が見えないからって、俺はお前に嘘をつくつもりはないよ。第一、その10 (10円玉.html)

解教育のページ」なんですが、どなたか書いてらしたステレオタイプを(そのつもりはないんですが)逆に育て (Shijo-Tsushin/#11/SUPPORTERS1)

しばかり困った表情を浮かべながらも、彼を部屋に招き入れた。もう彼と寝るつもりはなかった。 (詩織平成九年度.txt)

への打診を行うつもりはなかった。インターネッ (校訂者の権利に関する報告)

は少しく声を低めた。「だれが細工をしたのか知らねえが、恐らく主人を殺すつもりはなかった……。主人はい (半七捕物帳 新カチカチ山_ru.txt)

たかというと、彦根の通信講座をやっててね、早期教育に、僕はあまり触れるつもりはなかっただけども、軽く (子育て講演録.txt)

男の命は取らずとも、――そうです。わたしはその上にも、男を殺すつもりはなかったのです。所が泣 (藪の中.txt)

ろんと寝転がってしまったが最後、眠るつもりはなかったのに、気が付い (「ふとん」か「ベッド」か…)

「すまん、すまん。盗み聞きするつもりはなかったんだが、お前た (風の伝説1)

彩子「ごめんなさい…別にうそつくつもりはなかったんだけど……」 (散歩道)

度でも逆らったことのある彼(本人はただ単に漫画好きだっただけで、逆らうつもりはなかったんだろうけど) (唯脳論的雑文)

つもりはなかったんですが、つい (バレンタインに何かが起きる)

「(ウンザリ顔で)そうです。これは撮るつもりはなくてたまたまシャ (スチュワーデス刑事・2)

「いいやね、おれ自身じゃちっともあせったつもりはねえんだが、どうもあば (右門捕物帖08.txt)

して、これまでも繊細なほどの気遣いをみせてきたのだった。彼はよりを戻すつもりはまったくなかったが、彼 (マリリンモンロー.txt)

岸本は、姪の意志を曲げさせてまでも、無理に彼女を間違った方へ連れて行くつもりは無かった。彼と節子との (新生.txt)

む気にはなれないのである。もっとも、他人様のすることにとやかく口を挟むつもりは毫もないのだが。
(エレベータにおける考察.html)

彼の個人攻撃をするつもりは全くありません。彼はと (kannsou.html)

て祈り求めてきました。また彼は愛国者で、日本やカナダに長期的に移住するつもりは全くありませんでした。 ( 佐々木満男(全))

僕自身、そういうつもりは全くなかったんです。
(pasocon21.htm)

美代子「色々と相談に乗っていただいたりしてますけど、そういうつもりは全然........」 (10 逢いたい時に… 第10回)

笑い苦しめられた芸妓の一人が、その復讐のつもりもあって (老妓抄_ruby.txt)

この少女のことはこれ以上分りません。今現在は、不用意に詮索するつもりもありません。ただ今は、 (yuutousei.html)

ないとか、そういう議論は意味がない。咎めるつもりもなければ、意見を言うつもりもない。ただ、ほんの些細 (そのこと.html)

ができない。だから、私はお前を傷つけるつもりもないし、何をしようというつもりもない。ただ、私の命の恩 (牙のないオオカミ.html)

さなテーブルから腕時計を取ろうとしたが、時刻が分かったところでどうするつもりもないことに気がついて、 (詩織平成九年度.txt)

を伏せたことに他意はなかった。柏崎の事態についてつくろうとか隠ぺいするつもりもないし、そんな余地はな (Yahoo! - <新潟女性監禁>小林本)

いたとしても、私はお前を見ることができない。だから、私はお前を傷つけるつもりもないし、何をしようとい (牙のないオオカミ.html)

言出すつもりもなく岸本はそれを二人の (新生.txt)

も着せてはなかったが、眼なぞは男の児らしく愛らしく出来ていた。彼は何のつもりもなく、唯用達に行った序 (新生.txt)

状することを後廻しにして、留守中の子供の世話を引受けて貰ったでは、欺くつもりもなく兄を欺いたにも等し (新生.txt)

持が乱れた彼の胸の中を支配するように成った。彼は机の前に静坐して、残すつもりもなくこの世に残して置い (新生.txt)

した頑固な岸本は、こうした陥穽のようなところへ堕ちて行った。自分は犯すつもりもなくこんな罪を犯したと (新生.txt)

ころで、一羽の小鳥を見つけたことがある。飛去りもせずにいる小鳥を捉えるつもりもなく捉えようとして、谷 (新生.txt)

通りすることが悪いとか、悪くないとか、そういう議論は意味がない。咎めるつもりもなければ、意見を言うつ (そのこと.html)

彼にはあの節子の苛々とした様子が見ていられなかったとは言え、彼は与えるつもりも無い接吻なぞを与えたこ (新生.txt)

城山のてっぺんへ高い高い塔を拵《こさ》えて、そこへ兄さんを入れてあげるつもり(屋上の狂人_ruby.txt)

有本「(声を潜めて)どういうつもりや、野口ちゃん。俺が彼女 ( 3 逢いたい時に… 第3回)

子供は母親に引き取られてそれっきりになるやろ?お父ちゃんとしては人質のつもりやったかもしれん」 (12 双子探偵最終回)

「これ……それから何というつもりやったんや?」 (城のある町にて_rubi.txt)

「これ、蕨《わらび》とは違いますって言うつもりやったんやなあ」信子がそ (城のある町にて_rubi.txt)

「だいたい、半年ぐらいしか付き合ってへんのに何様のつもりやねん。うちが見合いしよ (詩織平成九年度.txt)

母:退院したら、今度はあの子たちに、うんとわがままをさせてあげるつもりよ。 (となりのトトロ.txt)

。黙って見ていてちょうだい。わたし、正勝ちゃんの言うことはなんでも聞くつもりよ。しかし、あの人の言う (恐怖城 .txt)

いわ。自分の気持ちの中に線を引いておいて、そこから中へは絶対に入れないつもりよ。そして、正勝ちゃんの (恐怖城 .txt)

たちはまだ救いがあるわ。私、明日は工場を見学しに行くつもりよ。やっ (花の街)

「あなたたち二人が気絶した後で、あたしはゆっくり目をまわすつもりよ」 (地球発狂事件_ruby.txt)

下宿先に帰る途中に私のところへ来てくれるつもりらしい。 (詩織平成九年度.txt)

人はちゃんと歌っているつもりらしい。 (うさぎ使い.html)

に両袖を寒そうに拡げていた。ここのおかみさんが夜干《よぼし》にして置くつもりらしかった。その着物が自 (半七捕物帳 半鐘の怪_ruby.txt)

初めはしとやかに落ち付いていうつもりらしかったが、それがだん (有島武郎/或る女(前編).txt)

お亀は一寸|遁《のが》れの口上で、なんとか此の場を切り抜けるつもりらしかったが、相手はなか (半七捕物帳 奥女中_ruby.txt)

金八は答えた。「ここの家にゃあ子供がないので、お信さんに婿でも取らせるつもりらしかったのですが、こう (半七捕物帳 新カチカチ山_ru.txt)

前に軽く頭を下げていた。夫人もやむを得ず挨拶のまねをして、高飛車に出るつもりらしく、 (有島武郎/或る女(後編).txt)

よ、八木。何度注意しても聞かねえんだ、こいつ」。教師は俺を味方につけたつもりらしく、貝のように押し黙 (punk6.htm)

ば立たしめたものは、疾風迅雷的に闕所取払いの処断をつけてしまおうというつもりらしく、すでにもう所司代 (旗本退屈男04.txt)

といいながら、書物を机の真中の方に持っていった。渡瀬さんもそのつもりらしく、上体を机の上に乗 (有島武郎/星座.txt)

そこへ大小、袴、武家の若党風の男が来かかって、その柿の実を買うつもりらしく、売り手の百姓をつ (半七捕物帳 青山の仇討_ruby.txt)

っくり残していったところから判断すると、用を足してまたここへ帰ってくるつもりらしくも思われるのです。 (右門捕物帖30.txt)

「俺は自分の子供が大きく成ったら読んで貰うつもりサ。下手に隠すまいと思っ (新生.txt)

う。まるで理屈の根本が違って来たじゃないか、――やっぱりわしをかせがすつもりサ……とまで考えて来た時 (二老人 .txt)


以上1,000例。