外郎売りのせりふ

「外郎売りの台詞」は、俳優・アナウンサー・日本語教師などの間では、滑舌の練習として有名なものです。この台詞は、歌舞伎十八番の一つで、亨保3年(1718)江戸森田座の「若緑勢曾我(わかみどりいきおいそが)」で二代目市川団十郎が初演しました。曾我十郎が、外郎売りの扮装で妙薬の由来や効能を述べるものです。滝のような弁舌で言い立てをしたということから、評判になり、その後、時と場所を変えて、独立した一幕としたり、他の狂言に折り込まれたりして、上演されてきました。

歌舞伎のそれぞれの名はさておいて、外郎とは何かというと、外郎家が北条氏綱(1486-1541)に献じてから小田原の名物となった丸薬です。たん切りや口臭を消すために用い、また戦陣の救急薬ともしたといいます。殿上人が冠の中に入れて珍重したところから頂透香(とうちんこう)とも言われます。他に、外郎薬、外郎飴、痰切飴(たんきりあめ)とも言います。外郎売りとは、この外郎を売り歩く行商人のことです。

ところで、インターネットで「外郎売」と入力して検索すると、無数の「外郎売り」の原文が出て来ます。しかし、見ると、読み方もまちまちで、中にはかなり台詞の違うものもあります。ここでは、『日本語の発声レッスン』(川和孝著、新水社、1981。p.171〜173)に掲載されているテキストに拠りました。

では、この外郎売りの台詞をば、とくと御賞味くださりませ。(DOC版は「こちら」)


 拙者親方(せっしゃおやかた)(もう)すは、お立合(たちあい)(うち)に、()(ぞん)じのお(かた)もござりましょうが、お江戸(えど)()って()(じゅう)()上方(かみがた)(そう)(しゅう)小田(おだ)原一色町(わらいっしきまち)をお()ぎなされて、青物(あおもの)(ちょう)(のぼ)りへおいでなさるれば、欄干橋虎(らんかんばしとら)()(とう)()門只今(もんただいま)剃髪致(ていはついた)して、円斉(えんさい)となのりまする。(がん)(ちょう)より大晦日(おおつごもり)まで、お()()れまするこの(くすり)は、(むかし)ちんの(くに)唐人(とうじん)外郎(ういろう)という(ひと)、わが(ちょう)(きた)り、(みかど)参内(さんだい)(おり)から、この(くすり)(ふか)()()き、(もち)ゆる(とき)一粒(いちりゅう)ずつ、(かんむり)のすき()より()()だす。()ってその()(みかど)より、とうちんこうと(たま)わる。(すなわ)(もん)()には「(いただ)き、()く、(にお)い」とかいて「とうちんこう」と(もう)す。只今(ただいま)はこの(くすり)(こと)(ほか)()(じょう)(ひろ)まり、方々(ほうぼう)似看板(にせかんばん)(いだ)し、イヤ、小田(おだ)(わら)の、灰俵(はいだわら)の、さん(だわら)の、炭俵(すみだわら)のと色々(いろいろ)(もう)せども、(ひら)仮名(がな)をもって「ういろう」と(しる)せしは親方円斉(おやかたえんさい)ばかり。もしやお立合(たちあい)(うち)に、(あた)()(とう)(さわ)(とう)()にお()でなさるるか、(また)伊勢御(いせご)参宮(さんぐう)(おり)からは、(かなら)門違(かどちが)いなされまするな。お(のぼ)りならば(みぎ)(かた)、お(くだ)りなれば左側(ひだりがわ)八方(はっぽう)()(むね)(おもて)()(むね)(ぎょく)堂造(どうづく)り、破風(はふ)には(きく)(きり)のとうの()(もん)()赦免(しゃめん)あって、(けい)()(ただ)しき(くすり)でござる。

 イヤ最前(さいぜん)より()(めい)()(まん)ばかり(もう)しても、ご(ぞん)()ない(かた)には、(しょう)(しん)()(しょう)丸呑(まるのみ)白河(しらかわ)()(ふね)、さらば一粒(いちりゅう)()べかけて、その気見合(きみあ)いをお()にかけましょう。()ずこの(くすり)をかように一粒舌(いちりゅうした)(うえ)にのせまして、腹内(ふくない)(おさ)めますると、イヤどうも()えぬは、()(しん)(はい)(かん)がすこやかになりて、薫風(くんぷう)(のんど)より(きた)り、口中(こうちゅう)()(りょう)(しょう)ずるが(ごと)し。魚鳥(ぎょちょう)(きのこ)麺類(めんるい)(くい)()わせ、()(ほか)万病速効(まんびょうそっこう)ある事神(ことかみ)(ごと)し。さて、この(くすり)第一(だいいち)()(みょう)には、(した)のまわることが、(ぜに)ゴマがはだしで()げる。ひょっと(した)がまわり出すと、()(たて)もたまらぬじゃ。

 そりゃそりゃ、そらそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ。アワヤ(のど)、さたらな(した)に、カ()()(おん)、ハマの二つは(くちびる)軽重(けいちょう)開合(かいごう)さわやかに、あかさたなはまやらわ、おこそとのほもよろを、一つへぎへぎに、へぎほしはじかみ、(ぼん)まめ、盆米(ぼんごめ)(ぼん)ごぼう、摘蓼(つみたで)摘豆(つみまめ)、つみ(ざん)(しょう)書写山(しょしゃざん)社僧正(しゃそうじょう)()(ごめ)のなまがみ、()(ごめ)のなまがみ、こん()(ごめ)()(なま)がみ、(しゅ)()ひじゅす、(しゅ)()繻珍(しゅちん)(おや)嘉兵衛(かへい)()嘉兵衛(かへい)(おや)かへい()かへい、()かへい(おや)かへい、ふる(くり)()古切口(ふるきりぐち)雨合(あまがっ)()か、番合(ばんがっ)()か、()(さま)のきゃはんも皮脚絆(かわぎゃはん)(われ)()がきゃはんも皮脚絆(かわぎゃはん)、しっかわ(ばかま)のしっぽころびを、()(はり)はりながにちょと()うて、ぬうてちょとぶんだせ、かわら(なでし)()()石竹(せきちく)。のら如来(にょらい)、のら如来(にょらい)()のら如来(にょらい)()のら如来(にょらい)一寸先(ちょっとさき)のお()(ぼとけ)におけつまずきゃるな、細溝(ほそどぶ)にどじょにょろり。(きょう)のなま(だら)奈良(なら)なま(まな)(がつお)、ちょと()()(かん)()、お(ちゃ)()ちょ、(ちゃ)()ちょ、ちゃっと()ちょ(ちゃ)()ちょ、青竹茶筅(あおだけちゃせん)でお(ちゃ)ちゃっと()ちゃ。

 ()るわ()るわ(なに)()る、(こう)()(やま)のおこけら()(ぞう)狸百(たぬきひゃっ)(ぴき)(はし)(ひゃく)(ぜん)天目(てんもく)(ひゃっ)(ぱい)棒八(ぼうはっ)(ぴゃっ)(ぽん)武具(ぶぐ)馬具(ばぐ)、ぶぐ、ばぐ、()ぶぐばぐ、()わせて武具(ぶぐ)馬具(ばぐ)()ぶぐばぐ。(きく)(くり)、きく、くり、()菊栗(きくくり)()わせて(きく)(くり)()菊栗(きくくり)(むぎ)、ごみ、むぎ、ごみ、()むぎごみ、()わせてむぎ、ごみ、()むぎごみ。あの長押(なげし)長薙刀(ながなぎなた)は、()長薙刀(ながなぎなた)ぞ。()こうの胡麻(ごま)がらは、()のごまがらか、()ごまがらか、あれこそほんの真胡麻(まごま)(がら)。がらぴい、がらぴい風車(かざぐるま)、おきゃがれこぼし、おきゃがれ小法師(こぼし)、ゆんべもこぼして(また)こぼした。たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、つったっぽ、たっぽたっぽ一(ちょう)だこ、()ちたら()()お、()ても()いても()われぬものは、()(とく)(てっ)きゅう、かな熊童(くまどう)()に、石熊(いしくま)石持(いしもち)虎熊(とらくま)(とら)きす、(なか)にも、(とう)()()(しょう)(もん)には、(いばら)()(どう)()がうで栗五合(ぐりごんごう)つかんでおむしゃる、かの頼光(らいこう)のひざもと()らず。

 (ふな)、きんかん、椎茸(しいたけ)(さだ)めて()(だん)な、そば()り、そうめん、うどんか、愚鈍(ぐどん)()(しん)発地(ぼち)()(だな)の、()(した)の、()(おけ)に、こ味噌(みそ)が、こ()るぞ、()(しゃく)()、こ()って、こすくって、こよこせ、おっと()(てん)だ、心得(こころえ)たんぼの川崎(かわさき)神奈(かな)(がわ)(ほど)ヶ谷(がや)()(つか)は、(はし)って行けば、やいとを()りむく、(さん)()ばかりか、藤沢(ふじさわ)平塚(ひらつか)大磯(おおいそ)がしや、()(いそ)宿(しゅく)(なな)()きして、早天早々(そうてんそうそう)相州(そうしゅう)小田(おだ)(わら)とうちん(こう)(かく)れござらぬ()賤群衆(せんぐんじゅ)(はな)のお江戸(えど)(はな)ういろう、あれあの(はな)()てお(こころ)をおやわらぎやという。(うぶ)()(はう)()(いた)るまで、この外郎(ういろう)()(ひょう)(ばん)()(ぞん)じないとは(もう)されまいまいつぶり、(つの)()せ、(ぼう)()せ、ぼうぼうまゆに、(うす)(きね)、すりばち、ばちばちぐゎらぐゎらぐゎらと、羽目(はめ)(はず)して今日(こんにち)()でのいずれも(さま)に、()げねばならぬ、()らねばならぬと、(いき)せい()っぱり、東方(とうほう)()(かい)(くすり)元〆(もとじめ)(やく)()如来(にょらい)(しょう)(らん)あれと、ホホ(うやま)って、ういろうは、いらっしゃりませぬか。


……いかがでしたか。今の私たちには馴染みない物の名がたくさん出てきて、面白いですね。

私はこの台詞の中で、「ハマの二つは唇の軽重」という部分を特に面白いと思います。ハは唇が軽く、マは唇が重いということですが、これが発表された1718年当時、ハ行は唇を動かす音だったことが察せられます。それも、「軽い」というのだから、今でも日本の一部の方言に残っている、両唇音の「ファ」だったに相違ありません。ひょんなところに日本語の音声に関する証言が隠されているものですね。

また、この時代もまだ「大晦日」を「おおみそか」でなく「おおつごもり」と言っているのも面白いと思います。私個人としては、「おおみそか」よりも「おおつごもり」の方が理屈の通った名付け方だと思います。「みそか」は“30日”ですが、大晦日は31日だし、陰暦でも月末は必ずしも30日ではないでしょうから。「おおみそか」の呼び名は江戸時代後半より現れ初めたようです。「大三十日」という表記が俳風柳樽に出ていると、小学館日本国語大辞典にあります。この古来より伝わって来た「おおつごもり」が、いつから「おおみそか」に完全に取って替わられたのか、興味深いところです。

さて、この台詞、諳んじてしまいませんか。初めは舌の回転もままならない難物ですが、一日に何度かくり返しているうちに、舌も慣れ、2〜3週間ほど過ぎると、部分的に口を突いて出るようになります。そうなったときに、一気に覚えてしまうのです。それから1〜2週間メインテナンスをくり返しせば、あとは、本文を見ないで言えるようになります。

私は、授業に行くとき、運転中に2度くらいそらんじると、口が滑らかに動くようになって、授業がしやすくなります。いろいろな滑舌の練習はありますが、無味乾燥なものが多く、暗記したいとは思わないものです。しかし、この外郎売りの台詞は、発音もさることながら、内容にも面白みがあるので、諳んじるのも楽しいですよ。まぁ、もともと発音がはっきりしている人は、こんなことする必要ないかも知れませんけどね。

2002.05.25


ずいぶん長い間練習しないでいたら、だいぶ忘れてしまい、部分的にしか諳んじられなくなっていました。練習を続けることは、本当に大切ですね。

2010.06.23


このページを滑舌練習のためにプリントアウトしてくださる方もおられるようなので、それらの方の便宜を図り、MSワード版を作りました。「ここ」をクリックすれば、ダウンロードできます。

2010.07.10