JISDG201(2001年度冬学期)の日誌

  担当:サブジェクト
期間:2002年1月7日〜2002年2月25日
タイプ:月水金
時間帯:8:40-10:50
総授業数:20回(うち10回担当)
総授業時間:40時間(うち20時間担当)
学生数:17人
教材:『日本語 JISD200』
 

第1回目 1月9日水曜日

進度:1ページ〜2ページ

8時40分に教室に入った。学生は7〜8人くらい来ていた。その後、ぞろぞろ入ってきた。

まず初めに私の名前を言い、ひらがなで書かせた。名前を書かせるのは、教師の名前を印象付けるため。これは、クラスの雰囲気を作るのに役に立つようだ。

そのあと、学生たちの自己紹介をさせようとして、まず番号の読み方を説明した。“4”が「よん」、“7”が「なな」、“9”が「きゅう」になること、番号はつぶ読みで2桁ずつまとめてリズムを付けて読むこと、そのためリズムを合わせなければいけないので“2”は「にー」、“5”は「ごー」と読むことを説明した。

そのとき、カードをまず配るのを忘れていたことに気付き、急いでカードを配り、学生たちに自分の名前と電子メールのアドレスを書かせた。記入する位置を間違えないように、黒板に絵を書いて説明したが、それでも間違える人がいる。

カードを回収してから、学生たちの自己紹介をさせた。まず最初に、自分の電話番号をノートに書かせて3度発音練習をさせた。それから、カードをめくりながら学生を当てて自己紹介させた。そのとき、いつもと同じく、自己紹介する学生の名前と電話番号を書き取らせ、次に当てた学生に、自己紹介を始める前に前の学生の電話番号を言わせた。全員が携帯電話の番号を答えた。

それから、授業を受ける際の注意事項を話した。

9時30分に教科書に入った。1ページの「日本人と贈り物」を読んだ。この文章は3つの段落からなっており、最初の段落は「お中元」と「お歳暮」、次の段落は「手みやげ」、3つ目めの段落は「お土産」について書かれている。

本文に入る前に、「贈り物/プレゼント/お土産/手みやげ」と黒板に書いてから、本文を読み始めた。「お中元」と「お歳暮」について書いてある文章を読みながら、韓国の「チュソク・ソンムル」と「クジョン・ソンムル」について平行して質問した。学生たちはほとんど大学生なので、こういうものは苦手らしい。あまり活発な返事が帰って来ないのも、面白いと思った。「お中元やお歳暮を送った相手も、ほとんどまた、お中元やお歳暮の品物を送ってくるので、事実上自分が食べるものを自分で買っているようなものだ」という一節は、その意味を理解できる人が少なかった。

そこで9時40分になったので、休み時間にした。そして、9時50分にまた教室に入った。

「日本人と贈り物」の2段落めから読み始めた。この段落では「手みやげ」について書いていると説明した後、手みやげとは何か、この文章から理解するようにと言って、本文に入った。

手みやげを渡すときに「つまらないものですが、どうぞ」と言うという説明があるが、そこで「つまらないものなら持ってこなければいいのに」と書いてある所を読んで、その文章を理解した学生はにやりと笑った。

この「つまらないものですが、どうぞ」と、もらう人が言う「どうもすみません」を、実際にジェスチャを交えて説明し、いちばん近くに座っていた男子学生に相手になってもらってその場面を実演した。10時ごろ、学生が一人遅れて入ってきた。

それから3段落めに入った。ここでは「お土産」について書いていると説明したのち、本文を読んだ。本文に「お土産を探すのに1日を使ったという話もよくある」という一節があるが、そこで、みなさんはお土産を探すのに時間がかかりますかと聞くと、自分は旅行に行ってもお土産を買わないと答えた学生が何人もいた。

本文を読み終わってから、「贈り物」と「プレゼント」について説明した。両者はよく似ているが、贈り物というと、お中元やお歳暮、またはチュソク・ソンムルやクジョン・ソンムルのようなものをいい、プレゼントというと、クリスマスや誕生日のプレゼントのことをよくいうと教えた。そしてついでに、贈り物の一種で法律に触れる「賄賂」も教えた。

10時15分頃、3ページの「確認してみましょう」に入った。12の質問文を音読した後、学生たちをペアにして、本の内容について話させた。そのとき、答える人はなるべく本を見ないようにと注意した。

10時25分から答え合わせを始めた。カードをめくりながら学生を当てる。最初に当てた学生が質問し、次に当てた学生が答える。その次からは、カードをめくって出た学生に、その前に答えた学生が質問して答えさせる。そうやって、35分まで答え合わせをした。

それから4〜5ページの「話してみましょう」もやろうと思ったが、時間がなかったので、一緒に付いて読ませるだけにした。

今日の宿題は、3ページの「確認してみましょう」を書いて来ること。

10時50分に授業が終わった。

出席:15/17人


第2回目 1月11日金曜日

進度:4ページ〜7ページ

今日は一緒にこのクラスを担当しているランゲージのウォン先生が体調を崩して授業ができないため、私が代りに授業をすることになった。

8時40分よりも少し前に教室に入った。学生たちは私を見ると驚いた顔をした。わけを話し、すぐに出席を取った。初めに出席をとったときに教室にいたのは7人。

8時42分から3ページの「確認してみましょう」をおさらいした。カードをめくりながら、順繰に学生に質問させ答えさせた。

8時50分から4〜5ページの「話してみましょう」に入った。読みながらないようを説明した。キーワードの意味で分らないものを質問させたが、その中で「泡が立つ」という語句を質問するので、キーワードの他の部分に出てくる語句を用いて「せっけんは泡が立ちます。洗剤は泡が立ちます。ビールは泡が立ちます。コーラは泡が立ちます」と、ジェスチャーを加えて説明すると、半分の学生が理解した。

9時25分からペアワークで練習に入った。練習中は、学生の質問に答えた。男子学生が一人いるが、口数が少ないせいか、他のグループよりも早く終わってしまった。私が、一つの質問にもっと長く答えなければならないと言ったが、彼にはそれは難しいようだ。

9時44分に休み時間にした。休み時間に、その男子学生が講師室に来て、学生数が多いので分級できないかと聞いた。私は、日本語の主任はウォン先生なので、私から事務室に分級の話を持って行くわけにはいかないと答えた。

9時55分に教室に入った。そして10時2分から発表を始めた。やり方はいつもの通り。

10時20分頃から、6〜7ページの「ロールプレイ」に入った。ランゲージで学生がいちばん楽しむのは「話してみましょう」だが、学生がいちばん力をつけるのは「ロールプレイ」だ。

まず、ロールプレイについて説明した。簡単な会話だけを習っても、日常的な状況では何とかなるが、複雑な問題にぶつかったときに日本語で解決できなくて苦労することが多い。しかし、ここで勉強すれば、日本へ行ったとき同じ状況で苦労することはないと説明した。

そして、この課のロールプレイは、友達と映画に行く約束をしていたが、用事ができて行けなくなった。しかも悪いことに、この映画はその日までだ。そしてさらに、“相手の気分を害さないように”約束を変えなければならない。これは本当に難しいことだ。しかし、それに必要な表現や話し方の技術をこの教材で勉強することができると言って、勇気づけた。

まず、6ページのタスクAとタスクBを読んで、状況を確認した。それから7ページの「基本表現」を読んだ。そのとき、まず初めに、表の左にある会話のフローチャートに注意を向けさせた。そして、必ずしもこのフローチャート通りに話は進まないが、しかし、これに乗っ取って話を進めると、会話が大変なめらかに行くと説明した。そして、そのフローチャートの右側にある表現を読みながら、その順番から大幅に外れることでコミュニケーションに来たす支障を実演してみて、学生たちに納得させた。「導入」が会話では大変重要だということを、導入なしでいきなり本題に入る人の唐突さを例にして説明した。「近況報告」を抜きにして本題に入るとどれだけ冷たい感じになるかも私が実演してみた。「提案」が具体的な約束に入る直前に来ていることに注目させた。このようにして、それぞれの表現も去ることながら、この会話の流れの重要さにも気をつけさせた。

10時35分からペアワークに入った。二人ずつグループにして練習させた。みんな頑張って話をしていた。しかし、さっきの男子学生のいるグループは、やはり他のグループよりもずっと早く終わってしまっていた。

今日の宿題は、4ページの「話してみましょう」と6〜7ページの「ロールプレイ」。ワークシートの表に「話してみましょう」を書き、裏に「ロールプレイ」を書くようにと言った。ただし、水曜日の宿題にまだ手を付けていない学生には、水曜日の宿題はやらないで、水曜日に渡したワークシートに「話してみましょう」、今日渡したワークシートに「ロールプレイ」を書いてくるようにと指示した。

そして、次の私の授業は来週の金曜日だということをもう一度言い、定刻より5分ずれ込んだ、10時55分に授業を終わった。

宿題の準備は誰もできていないと思っていたら、4人の学生が宿題を提出した。私はその4人の学生の勤勉さに驚いた。

出席:15/16人
宿題:4人


第3回目 1月18日金曜日

進度:6ページ〜9ページ

8時40分に教室に入り、出席をとった。そして宿題を返したが、前回出した4人の宿題はケアレスミス以外にこれと言った誤りがなかったので、宿題の誤用については説明しなかった。

それから教科書6〜7ページのロールプレイを読みながら説明した。

9時から、ペアワークで練習させた。

9時19分に8ページに入った。第2課「思い出」の「日本人と思い出」という文章を読んだ。この文章は、日本人が記録を好んでするという内容だ。ただし、メモや日記に関する言及はなく、主に写真やビデオでの記録に集中しており、最後の段落は、ホームページの登場が日本人に歓迎されているという話で締めくくられている。

日本人がいちばん伝統的に嗜んで(?)きたメモや日記などについての言及がないのは、おそらくこの教材が韓国人学生のためのもので、彼らは日記をつけることに道徳的義務のようなものは感じていない。それよりは、写真やビデオなら少しは関心があるだろうということと、ホームページも、日記よりは学生たちにとっては身近なものかもしれない。この文章は、それを読んだあと、その語彙や表現などを用いて自分で韓国のことについて話せるようにするのが目的なので、日本のことでも学生たちの関心事から程遠いことは避けられている。

9時48分まで説明しながら文章を読み、休み時間にした。

9時58分に教室に入った。そして、ホームページについて少し話した。自分のホームページを持っている学生も何人かいる。ホームページを作ることは簡単だから、ぜひみんなも作ってみるようにと勧めたあと、教科書の9ページの「確認してみましょう」に入った。

10時13分に「確認してみましょう」のペアワークを始めた。そして、学生をカードで順繰に当てて確認をし、10時45分に終わった。

それから宿題の説明をした。私が今日の宿題は6〜7ページのロールプレイだと言うと、学生たちは、その宿題はもうやったという。え?と耳を疑ったが、ロールプレイは前回やったのだと言う。私は何を勘違いしたのか、一度やった所をもう一度やってしまったのだった。しかし全く記憶に残っていない。こういう失敗も、この授業日誌には赤裸々に記録される。(汗)

で、今日の宿題は、9ページの「確認してみましょう」。

出席:11/16人
宿題:7人


第4回目 1月23日水曜日

進度:9ページ〜11ページ

8時40分に教室に入り、出席を取った。

宿題を返す時、形容詞「いい」の感動詞的な使い方で、いくつか注意すべきことを説明した。

  1. 「いいです」は、断る時の表現。韓国語では「チョーッスムニダ」は同意の表現だが、それを直訳して「いいです」と言うと、断る意味になってしまう。
  2. 「いいですよ」で、語尾が上昇するイントネーションは、許可する表現。「〜してもいいです」の意味。
  3. 「いいですよ」で、語頭が高く語尾が地を這うイントネーションは、引き止める表現。「〜しなくてもいいです」の意味。
  4. 「いいですね」で、「ね」を語頭の「い」と同じ高さで平坦に発音するイントネーションは、羨望の同感を求める表現。第三者について羨ましいと言うことを、相手にも同感を求める。
  5. 「いいですね」で、語尾を上昇させて後藤よりも高くさせるイントネーションは、命令や指示の確認。「わかりましたね」と言っても同じ。
  6. 「いいですねえ」で、語頭を高く発音するイントネーションは、同意をする表現。相手の誘いに積極的に乗る時に用いる。
  7. 「いいですねえ」で、「ねえ」を高く発音するイントネーションは、羨望の表示。ため息混じりに羨ましい気持を表す時に使う。「羨ましいですねえ」と言い換えることもできる。
こんなにいっぺんに説明して学生たちが消化できるとは思わないが、「いい」という形容詞の用法がけっこう多様だということが分れば、それで目的は達成されたと思う。あとは学生たちが実際に用いられた「いい」から、その用法を汲み取ることができるだろう。

9時15分から、10ページの「話してみましょう」に入った。この課のキーワードには、「縄跳び、かくれんぼ、鬼ごっこ、鬼、ままごと、ぶらんこ、すべりだい、遠足」などの、子供の生活に関する単語が出て来る。「教育実習」「思春期」「遠足」「学究委員長」は、日本語で説明するのが難しい。「塾」と「予備校」は、その区別になると、韓国語で説明するのも難しい。

10時から10時10分まで休み時間にした。

10時22分からペアワークをした。45分にペアワークを終え、学生を一人ずつカードで当てて発表させた。

今日の宿題は、10ページの「話してみましょう」。

出席:13/17人
宿題:9人


第5回目 1月28日月曜日

進度:12ページ〜14ページ(読解文7行目まで)

8時45分頃教室に入った。そして出席をとった後、宿題を返した。今日は、宿題に出てきた誤用を解説しなかった。昨夜宿題のチェックだけはしたが、誤用をまとめなかった。それが、今朝寝坊をして急いで家を出、言語教育院に着くや否や教室に入ったので、チェックの準備ができなかったのだ。

8時50分から、前回の復習に、10ページの質問を、学生をカードで当てて質問させ答えさせた。

9時5分から、12〜13ページのロールプレイに入った。このロールプレイでは、ヘビースモーカーとタバコ嫌いがルームメイトという設定なので、私はタバコについて肯定的でも否定的でもない態度を取りながら誘導した。

内容を読みながら、説明した。このとき、会話の機能の多くを語尾が受け持つことを教えた。事情の説明には「〜んです」、忠告には上昇調の「〜よ」、提案には「〜たらどうですか」、自分の利益になる提案には「〜てもらえませんか」。とくに、この教材では「提案」のチャートに「少し減らす」「外に出て吸う」などがあるので、それらは語尾を区別して用いる必要があることを強調した。学生に「少し減らす」はどっちがいいですかと聞くと、「少し減らしたらどうですか」と(自信なげにではあるが)答えた。「外に出て吸う」はどっちがいいですかと聞くと、それよりは少し自信ありげに「外に出て吸ってもらえませんか」と答えた。

9時50分から、13ページの下にある「ロールプレイの前に」という質問を学生たちをペアにして話させた。

10時5分に休み時間にした。

休み時間にうちのクラスで唯一の男子学生が講師室に来て、中国のお土産をくれた。「山査」という実のお菓子だ(本当は「査」の字に木偏が付いているが、日本語のコンピュータではこの字が出ない)。色は李のようだが、味は杏で、甘酸っぱい。羊羹の水気がなくなって固くなったような感じだが、多少粘り気がある。

その学生はまた、私がロールプレイの表現例で説明しなかった「〜てもらえませんか」について質問した。これは「もらう」の可能形に「ませんか」が付いたもので、婉曲に頼む表現だと説明した。

17分に教室に入り、ロールプレイをペアワークで始めた。学生たちは、盛んに話していた。いろいろな表現を私に聞いた。「イロミョン オットルカヨ?」は日本語で何ですかと聞かれた。「こうするのはどうですか」と答えた。「こう…」という時には、相手の目を見ず、目は宙を見ている必要があると説明した。ただ、「…ですか?」という時には相手の目を見た方がいいということは説明し落とした。それにしても面白い。「〜ハミョン オッテヨ?」は「〜(する)のはどうですか」にニュアンスが近く、「〜ハヌンゲ オッテヨ?」は、「〜(し)たらどうですか」にニュアンスが近い。「交通」が「キョトン」で「共通」が「コントン」だと知った時も驚いたが、ここでも日本語と韓国語が交差する。

また、「働く」という語がここで初めて学生の目に触れることも今日気付いた。ただしここでは「頭も働きません」という形で出てくるので、「会社で働く」という言い方も一緒に教えておいた。

他に、「ソファガ チャルデダ(→消化がよくできる)」、「ユホグル パッタ(→誘惑される)」という言葉を質問された。

10時40分から、14ページの第3課「健康」に入った。生徒たちはほとんどが大学生で、全員が若いので、健康に気を使っている人はあまり多くない。そこで、歳を取れば健康に関心を持つ人が多くなると言い、とくに中年以上の女性には「健康マニア」がいると言った。これは、鎌田先生の『中級から上級への日本語』では「健康病」という言葉で出てくる、病的な健康への脅迫観念だ。健康は大事だが、ここまでくると、かえって不健康だ。ある人はこれを「健康のためなら死んでもいい」と皮肉ったと話すと、学生たちは吹き出した。

時間が10時50分になってしまい、次のクラスの学生たちがドアを開けて教室の中を覗いては出て行くので、7行目まで読んで、授業を終わりにした。

今日の宿題は、12〜13ページのロールプレイ。

出席:12/17人
宿題:5人


第6回目 2月1日金曜日

進度:14ページ〜17ページ

8時40分に教室に入って出席を取り、宿題の中で間違った表現などを指摘した。

8時57分に、14ページの「日本人と健康」を読み始めた。前回は7行目まで読んだが、今日は最初からもう一度読み始めた。

9時27分に16ページを読み始めた。

9時35分に16ページの「確認してみましょう」と「考えてみましょう」をペアワークで練習させた。そして、発表。

9時54分から10時5分頃まで休み時間。

10時5分頃教室に入って、16ページの下にある「重要文型」をやった。

10時20分に、16〜17ページの「話してみましょう」を読んだ。

出席:11/17人
宿題:4人


第7回目 2月6日水曜日

進度:16ページ〜19ページ

8時45分に教室に入り、出席を取ってから、宿題を返した。

8時55分に、16ページの「話してみましょう」の質問をした。9時5分から、ペアワークをした。そして、9時30分に発表。

9時40分から9時50分まで休み時間。

教室に戻ってから、前回学生からの質問に答えた「クジ・マラジャミョン」は「あえて言えば」より「強いて言えば」の方がよかったと言って訂正した。

9時55分から、18〜19ページのロールプレイに入った。この課のロールプレイのタスクは、マンションの隣の部屋がうるさいので、静かにしてもらいに行く立場と、今日が誕生日で友達がお祝に来ているのでもう少し遊ばせてもらいたい人との交渉。

10時30分にロールプレイのペアワークをし、10時40分に発表した。

10時55分に授業を終わる。

今日の宿題は、18〜19ページのロールプレイ。

出席:13/17人
宿題:12人


第8回目 2月15日金曜日

進度:20ページ〜23ページ

ここから入力してください.....

出席:10/17人
宿題:4人


第9回目 2月20日水曜日

進度:24ページ〜31ページ

ここから入力してください.....

出席:11/17人
宿題:6人