書き込み帳


どんどん書き込んでください。
お待ちしています。

新規投稿
過去記事 <<(全552件)>>

From アガペーインターネット放送局 大島( HP ) To ijustat@chance at 2002 07/18 15:10 編集 返信

★第2回 TLS全国青年ビジョンキャンプ オンライン申し込み開始!☆

(管理者様:この掲示板を御利用になっている皆様に少しでもお役にたてるのではと思い、投稿させて頂きました。 もし掲示板の趣旨にそぐわないと判断されましたら、お手数をおかけいたしますが管理者権限にて削除してくださいますでしょうか。)

---
★第2回 TLS全国青年ビジョンキャンプ オンライン申し込み開始!☆
 みなさんは、目標やビジョンをもって熱く人生を送っておられますか?今年も青年ビジョンキャンプを開催いたします。

 日本中の青年たちが主にあって一つとなり、神様の栄光を共に体験し、ビジョンを受けてこの21世紀を導くリーダーとして世界に向かって旅立つ。そんなキャンプに、神様があなたを招待されています。もちろん年齢制限はありません!我こそは青年なりとお思いの方でしたら、どなたでも御参加いただけます。詳しくは、以下のサイトまで!

 ―去年のキャンプのダイジェストムービーがご覧になれます!―

今年も講師として参加されるジョン・ビョンウク師による早天礼拝のメッセージやキャンプ全体のダイジェスト放送をオンエアしております。もちろん無料!

 講師:アーサーホーランド師(アーサーホーランドミニストリー代表)
    ジョン・ビョンウク師(青年が約6000人集まる韓国サミル教会牧師)
    ビュン・ジェーチャン師(小牧者訓練会TLSミッション代表、21世紀青年ファイアー)

参加申し込みはアガペーインターネット放送局まで
http://www.agape-tls.com/

問合先:小牧者訓練会 0298-64-7511
    E-Mail: deshi@agape-tls.com


---
★毎日更新!聖書のお話約8分!「ディボーションTV」☆

アガペーインターネット放送局
http://www.agape-tls.com
にて好評放送中!

ディボーションメッセージ毎日更新!全国の有名な先生やミッションスタッフが、毎日約8分のメッセージを語ってくださっています。完全無料!毎日、新しいメッセージが聴けてしまうなんてスゴイでしょ?

今日一日があなたにとってすばらしい一日となりますように。

--
アガペーインターネット放送局 大島
E-Mail:info@agape-tls.com

To J ijustat@chance at 2002 07/05 17:10 編集 返信

RE:KBS

J先生、書き込みありがとうございます。

>恥ずかしいので隠し通そうかとも思ったのですが、今週の土曜日7月6日にKBSラジオの日本語放送で少しだけ私の事が紹介されます。(日本国内向けですが、韓国リスナーも10%くらいいるとか)

すばらしいことですね。放送される時間にうまくキャッチできるかどうか分かりませんが、聞いてみたいと思います。

>ほんの短い放送時間ですが、日本語教師として韓国で頑張っていこう!という意気込みをお話しましたので、日本語教育に携わっている方などに是非聞いて頂けたら、と思っております。

これは本当に私たちにとっては士気を鼓舞するためにも、本当に必要なことだと思います。その意気込みを、私たちもみんなで分かち合いましょう。

>www.kbs.co.kr 言語で日本語を選ぶと画像も出てくるそうです。
>収録前日、私はラジオなのに張り切って美容院へ行き、太ったコケシのような髪型に・・・そのマヌケな姿がサイトでも見られるそうです。

そのサイトでは、音声も聞けるのですか。もし音声が聞けるなら、ラジオの放送時間を待たずに、そのページに入ればいいのですが。

>イデの宣伝?もしておきました!(笑)

ありがとうございます! ラジオで宣伝してくれれば、その10%のリスナーの中からイデの言語教育院に来てくれる人がいるかも。

From J( Mail ) To ijustat@chance at 2002 07/04 23:17 編集 返信

KBS

先生、こんばんは。
恥ずかしいので隠し通そうかとも思ったのですが、今週の土曜日7月6日にKBSラジオの日本語放送で少しだけ私の事が紹介されます。(日本国内向けですが、韓国リスナーも10%くらいいるとか)
ほんの短い放送時間ですが、日本語教師として韓国で頑張っていこう!という意気込みをお話しましたので、日本語教育に携わっている方などに是非聞いて頂けたら、と思っております。

17:00-18:00 5975 MHZ 7275 MHZ
20:00-21:00 9570 MHZ
21:00-22:00 1170 KHZ 5975 MHZ 6135 MHZ
23:00-24:00 5975 MHZ 7275 MHZ
9:00 -10:00 11810 MHZ

www.kbs.co.kr 言語で日本語を選ぶと画像も出てくるそうです。
収録前日、私はラジオなのに張り切って美容院へ行き、太ったコケシのような髪型に・・・そのマヌケな姿がサイトでも見られるそうです。

イデの宣伝?もしておきました!(笑)

From horobasya@chance ( HP ) To ijustat@chance yoshimoto@chance at 2002 06/30 20:25 編集 返信

RE:どうしたんでしょう?

>先ほど、日韓フォーラムに書きこもうとしたら、「アクセスが拒否されました」という警告が出て、フォームにカーソルを置くことすらできませんでした。幌馬車先生のコンピュータからはどうですか。

どうしてでしょうか。私のコンピュータからは何の支障もなく書き込みすることが出来ます。また、日韓フォーラムは誰もアクセス拒否をしていないのですが。ijustat先生より後にアクセスして書き込んだ人もいるみたいです。もう一度御試しください。

From South-Mouth( Mail ) To ijustat@chance at 2002 06/30 19:37 編集 返信

(-.-)

相互トップページリンク募集中。。。

From South-Mouth( Mail ) To ijustat@chance at 2002 06/30 19:37 編集 返信

(-.-)

相互トップページリンク募集中。。。

To horobasya@chance yoshimoto@chance at 2002 06/29 23:07 編集 返信

どうしたんでしょう?

先ほど、日韓フォーラムに書きこもうとしたら、「アクセスが拒否されました」という警告が出て、フォームにカーソルを置くことすらできませんでした。幌馬車先生のコンピュータからはどうですか。

古い韓国語を習った経験としては、私は“담바귀”を“담배”よりも先に習いました。そのとき、韓国語は語彙が豊富で難しいなあと思いました。(笑)

それから、“타자하다”という動詞も習いましたが、今までこの動詞を認める人に会ったことがありません。“타자”は名詞しかないというわけです。延世韓国語辞典でも、“타자”は名詞としてしか扱われていなかったと思います。“타자하다”というのは昔の用法なのでしょうか。

To she_she21@goo at 2002 06/28 10:27 編集 返信

こんにちは。

こんにちは。ijustatです。ホームページの開局おめでとうございます。

これからちょくちょく来て勉強させていただきます。

よろしくお願いします。^^

To yoshimoto@chance horobasya@chance at 2002 06/27 10:51 編集 返信

RE:修了審査

>>面白そうなので、見に行こうかとも思います。ただ、この時期いろいろ忙しいため、時間に余裕ができるかどうかですね。yoshimoto先生もいかがですか。

> どうしましょうか。
> 成績処理の方はいちおう終わったのですが、土曜日が提出の締め切りなんですよ。
> 行きたいのはやまやまですが、行けるかどうか、まだわかりません。

いろいろ気をかけてくださりありがとうございます。私も頑張りたいと思います。

From yoshimoto@chance To horobasya@chance ijustat@chance at 2002 06/26 19:40 編集 返信

RE:修了審査

>面白そうなので、見に行こうかとも思います。ただ、この時期いろいろ忙しいため、時間に余裕ができるかどうかですね。yoshimoto先生もいかがですか。

どうしましょうか。
成績処理の方はいちおう終わったのですが、土曜日が提出の締め切りなんですよ。
行きたいのはやまやまですが、行けるかどうか、まだわかりません。

From horobasya@chance ( HP ) To ijustat@chance yoshimoto@chance at 2002 06/26 08:18 編集 返信

RE:修了審査

面白そうなので、見に行こうかとも思います。ただ、この時期いろいろ忙しいため、時間に余裕ができるかどうかですね。yoshimoto先生もいかがですか。

To horobasya@chance at 2002 06/24 16:03 編集 返信

修了審査

幌馬車先生、書き込みありがとうございます。

>ijustat先生、こんばんは。先ほど「幌馬車の旅程」を見たら「正規クラスの公開修了審査」というのがありました。いったいどんなことをやるんですか。ちょっと関心がありますので、お教えください。

よくぞ聞いてくださいました。T−T

これは、言語教育院の日本語正規課程の最終段階(準備〜400までの5段階)の学生の修了テストで、レポートを書いて提出し、その内容を縮めたものを、パワーポイントを使いながら発表するものです。発表時間は、一人当たり、5〜6分ですが、10分以上発表する学生もいます。

発表するテーマは自由で、人形の話やバレンタインデーのように軽いものから、ゴシック建築のような専門性のあるもの、在日韓国人の意識調査のように学術的なもの、原子力のように、私にもよくわからないものまで多様です。幌馬車先生のところにある学生のレポートのように踏み込んだ調査をするものは多くありませんが、面白いですよ。私は難しいテーマはなるべく選ばせないようにしています。

発表のあとで、審査員との質疑応答があり、そのあとで、審査員のコメントがあります。合否の発表は、その場ではなされず、あとで簡単な話し合いをしたうえで決めます。

合格レベルは、ACTFL OPI の水準ではおおよそ上級に近づいたレベルです。これはそのように決めたというよりは、他の先生たちの経験と観による判断を、私なりに検討して、そうだと思ったのです。それで、私は合格ラインは上級、大目に見ても、中級の上と考えています。

この修了審査は、独特な行事ですが、学院の先生方にも大学の先生方にも参考にはなるのではないかと思います。

もし気が向いたら来てご覧になってください。

場所は、梨大後門付近にある梨花三星教育文化館309号室で、時間は、今週土曜日(29日)の午前10時からです。どんな形の建物かは、下のページをご覧ください。

http://ijustat.tripod.co.jp/seoul/ile.html

From horobasya@chance ( HP ) To ijustat@chance at 2002 06/21 01:10 編集 返信

お久しぶりです

ijustat先生、こんばんは。先ほど「幌馬車の旅程」を見たら「正規クラスの公開修了審査」というのがありました。いったいどんなことをやるんですか。ちょっと関心がありますので、お教えください。

To niina at 2002 06/05 10:55 編集 返信

RE:はじめまして・・

niina様、書きこみありがとうございます。

>韓国でさがしてたら  ここ見つけました
>私は長崎にすんでます。。  これからもここに  遊びにこさせてください・・。よろしく

そうですか。それはありがとうございます。長崎は韓国に近いですから、気軽に遊びに来られるのでは。

これからも遊びに来てください。

To 興津と申します。 at 2002 06/05 10:52 編集 返信

RE:はじめまして!

興津様、書きこみ下さってありがとうございます。

>しかし、日本語教師というのは経験が必要と聞きます。
>わたしのような新卒が日本語教師の道を歩むには、どうしたらいいのでしょう・・・。アドバイスを頂けたら幸いです。

そうですねえ、やはりまず最初にどこかに就職することが必要だと思います。履歴書に職歴が一行でもあれば、経験者ということで、次の就職が、少しはしやすくなります。日本国内での就職が難しかったら、外国で就職をすることを考えて見ることも一法です。情報を集めてみてください。私のホームページの「お気に入り」の、日本語教育関係のリンクのページで、そのような情報を提供している団体のホームページをリンクしています。それから、在韓日本語教師のメーリングリストでは、ときどき韓国での求人情報が入ってきます。また、東京や大阪の凡人社に行けば、掲示板に求人情報が貼ってあるとのことです。そうでなくても、凡人社へ行けば、就職情報などの載っている出版物にどんなものがあるのか分かるかもしれません。

それと、日本語教育能力検定試験に合格していると就職に有利になると聞きました。試験対策の教材を1冊勉強してから試験に臨むと楽だそうです。

それから、アルクの『月刊日本語』を読んでいると、どんな人を日本語教師として求めているかが分かるときがあります。そういう部分を丹念に読んでいけば、どんな人物が求められているか、その輪郭が分かってくるのではないかと思います。この雑誌はお勧めです。

From 興津と申します。( Mail ) To ijustat@chance at 2002 06/03 21:04 編集 返信

はじめまして!

私は今、大学4年生の女の子で、就職活動中の者です。
大学では副専攻ですが、日本語教授法を学んできました。
自分の将来をかんがえると、やはり、日本語を教えたいという気持ちが
強くなってきました。
しかし、日本語教師というのは経験が必要と聞きます。
わたしのような新卒が日本語教師の道を歩むには、どうしたらいいのでしょう・・・。アドバイスを頂けたら幸いです。

From niina( Mail ) To ijustat@chance at 2002 05/18 08:02 編集 返信

はじめまして・・

こんにちわ

韓国でさがしてたら  ここ見つけました
私は長崎にすんでます。。  これからもここに  遊びにこさせてください・・。よろしく

To horobasya@chance at 2002 05/08 01:38 編集 返信

RE:「えんがちょ」情報局

>このたび「俗信・迷信の館」に新しく“えんがちょ情報局”と言うコーナーを作りました。正直言って、幌馬車の資料集めなのですが、「えんがちょ」関係でご存知のことがありましたら、書き込みよろしくお願いいたします。

面白い掲示板ですね。早速書きこませていただきました。たくさんの人が書き込んでくれるといいですね。

ちなみにこの掲示板、以下の住所にあります。

http://jbbs.shitaraba.com/study/1081/

From 朝鮮語愛好家@일본( Mail ) To ijustat@chance at 2002 05/06 23:47 編集 返信

掲示板の宣伝

http://jbbs.shitaraba.com/study/844/

皆さん、こんにちは。朝鮮語愛好家です。
お時間がありましたら、上のURLの掲示板に是非、おいで下さい。宜しくお願いいたします。

From horobasya@chance ( HP ) To yoshimoto@chance ijustat@chance kiyoko@gatecity at 2002 05/06 20:11 編集 返信

「えんがちょ」情報局

このたび「俗信・迷信の館」に新しく“えんがちょ情報局”と言うコーナーを作りました。正直言って、幌馬車の資料集めなのですが、「えんがちょ」関係でご存知のことがありましたら、書き込みよろしくお願いいたします。

To ゆみじゃ at 2002 05/06 02:04 編集 返信

RE:ごれんらく

>さきほど、私のHPでijustat先生のリンクを完了いたしました。
>報告まで。。。

私もゆみじゃ先生のホームページをリンクさせていただきました。韓国関係のリンクページにあります。五十音順に並べているので下の方になってしまいましたが、ご了承を……。

From ゆみじゃ To ijustat@chance at 2002 04/24 04:11 編集 返信

ごれんらく

さきほど、私のHPでijustat先生のリンクを完了いたしました。
報告まで。。。

From yoshimoto@chance To ijustat@chance at 2002 04/22 21:08 編集 返信

RE2:主語無用論

>ところで、その本の主張する内容は分かりませんが、私も日本語の主語が英語の主語のように絶対的な存在だとは思いません。主語の入れようがない文もあるところを見ると、日本語では主語も他の名詞句と同列の名詞句なのだと思います。

まあ、要するに、そういうことです。
いわゆる主語も、いわゆる目的語も、その他の名詞句も、すべて同列の補語だという主張です。
このこと自体は、特に目新しい主張ではありません。

三上章の主張に対し、有力な学者からの批判はあったけれど、その批判への再批判はなされぬまま、主語や目的語などの用語が使われてきたわけですが、これまでのそういう議論をふまえて、再度「主語無用論」を唱えているので、学ぶべきところがあります。
もちろん、それを受け入れるかどうかは、別の問題だし、私も、主語や目的語などの用語を使うかもしれません。
でも、この本での議論を知っておくのと知らないのとでは、大きな違いがある、と思います。

いま、読みかけの本が20冊ほどあるのですが、この本は、読み易くて、一気に読んでしまいました。

To yoshimoto@chance at 2002 04/22 01:57 編集 返信

RE:主語無用論

yoshimoto先生、書きこみありがとうございます。

> ところで、『日本語に主語はいらない』(金谷武洋、講談社選書メチエ)という本、読まれましたか。
> ちょっとした話題になっているみたいですよ。

いいえ、その本の名前は初めて知りました。近いうちにキョボ文庫へ行って探してみようと思います。

ところで、その本の主張する内容は分かりませんが、私も日本語の主語が英語の主語のように絶対的な存在だとは思いません。主語の入れようがない文もあるところを見ると、日本語では主語も他の名詞句と同列の名詞句なのだと思います。

> これを読んだあとだったので、「例文の作り方」の中の「主語」という表現がちょっと気になってしまいました。

「主語」について言及した項目を見てください^^;。統語構造の理解に関する1番ではなく、“状況”理解の方で扱っているのです。

誰の行為か、何の動作かということは、例文の中で意外とその行為や動作の状況を作ってくれます。文法での主語は、あくまでも動詞が要求する名詞句の一つに過ぎないと思いますが、それが実際に文の理解に与える比重は、無視できません。

私はいまのところ「主語」という表現が気になりませんが、早く『日本語に主語はいらない』を読んで、「主語」という表現が気になるようになりたいと思います。無知でいると、重大な問題を何でもないように思ってしまいます。今の私は「主語」に関して、そういう状態だと思います。

From yoshimoto@chance To ijustat@chance at 2002 04/21 20:06 編集 返信

主語無用論

ところで、『日本語に主語はいらない』(金谷武洋、講談社選書メチエ)という本、読まれましたか。
ちょっとした話題になっているみたいですよ。
三上章の主語無用論は御存知だと思いますが、それへの批判に対して再批判を加えた本で、わりと面白いです。
これを読んだあとだったので、「例文の作り方」の中の「主語」という表現がちょっと気になってしまいました。

To yoshimoto@chance horobasya@chance at 2002 04/21 13:37 編集 返信

RE:例文の作り方

yoshimoto先生、書きこみありがとうございます。

> 普通なら、企業秘密(?)にしそうなところを、惜しみなく公開なさるというのがすごいですね。

理解してくださり、ありがとうございます。実際あれは、私の秘密事項にしておこうかとも思いました(笑)。でも、あの文書(?)が、韓国の教材の質を高めるなら、これ以上望むところはありません。それで、ひっそりと公開しました。

ただ、私の考えでは、あそこに書かれた内容を実際の教材作成に採択する人は少ないだろうし、たとえ採択したとしても、十分に理解して生かせる人も少ないと考えています。

もし多くの著者たちが、あの基準を理解して充分に活用したとすれば、その後は著者のセンスとアイデアがものをいうようになるでしょう。でも、そういうセンスのある著者は、私が書いたようなことを、はっきりとした形でなかったとしても、すでに体で知っていると思います。だから、そういう著者の目には、これは企業秘密級に映るかもしれません。^^

> もちろん、私達が教材を作ったりする際にも役に立つし、他の方達のためにも大いに役立つだろうと思います。

語彙教材や文法教材などの例文を作るときに、役に立ててもらえれば、幸いです。これでもし韓国での日本語教材の質が向上するなら、私たちも、教材選択の幅が広がります。そして、韓国における日本語教材のコレクションが楽しくなります。実は、私の本当の目的は、そこにあるのです。

From horobasya@chance ( HP ) To ijustat@chance yoshimoto@chance at 2002 04/21 13:36 編集 返信

タグつき例文の作り方

>いま、そのままコピーして貼りつけました。でも、タグが丸見えになっちゃいました。あの掲示板はHTMLタグを受け付けないんですね。せっかくですから、タグ付けのサンプルとしても残しておきましょうか。(笑)

ちょっと読みにくいけど、
×今朝はヨーグルトを<u>飲み</u>ました。→今朝はコーヒーお茶牛乳 etc.)
を<u>飲み</u>ました。<br>
なんかは、タグを読むとijustat先生のいいたいことがよくわかる。これはこれで、貴重な資料ですね。

yoshimoto先生、お疲れなようで。昨日「二」先生が後から合流したのですが、コピーを持って来ませんでした。コピーはyoshimoto先生が持っているとか…。

To horobasya@chance yoshimoto@chance at 2002 04/21 11:42 編集 返信

RE:例文の作り方

>できればあの書き込み、「日本語講座 in 韓国」の“日本語の教材を考える”にしていただけるとあありがたいのでが。

いま、そのままコピーして貼りつけました。でも、タグが丸見えになっちゃいました。あの掲示板はHTMLタグを受け付けないんですね。せっかくですから、タグ付けのサンプルとしても残しておきましょうか。(笑)

From horobasya@chance ( HP ) To ijustat@chance yoshimoto@chance at 2002 04/21 06:31 編集 返信

RE:例文の作り方

ijustat先生、貴重な書き込み、ありがとうございます。できればあの書き込み、「日本語講座 in 韓国」の“日本語の教材を考える”にしていただけるとあありがたいのでが。

From yoshimoto@chance To ijustat@chance horobasya@chance at 2002 04/20 19:21 編集 返信

RE:例文の作り方

「いい例文の作り方」のアップロード、どうもありがとうございます。
普通なら、企業秘密(?)にしそうなところを、惜しみなく公開なさるというのがすごいですね。
もちろん、私達が教材を作ったりする際にも役に立つし、他の方達のためにも大いに役立つだろうと思います。

今日、講師会に行こうと思っていたのですが、体の具合が悪くて行けませんでした。