書き込み帳


どんどん書き込んでください。
お待ちしています。

新規投稿
過去記事 <<(全552件)>>

To horobasya@chance ijustat@chance at 2002 03/20 14:52 編集 返信

RE:日本語のアクセント

幌馬車先生、書き込みありがとうございます。

>>大根 DAIKON
>>
>>Aにアクセントが東京弁
>>Iにアクセントは何弁?
>>Oにアクセントで知りあがりが東北弁

大根の標準アクセントは平板だと思います。私が持っている3種類のアクセント辞書と新明解国語辞典(4版)ではすべて平板でした。

ただし、全国アクセント辞典には、2番目の発音として「コ」の後ろに滝がある発音も載っていました。これは、東京アクセントでずいぶん昔から進行しつづけている、4拍名詞の3拍目にアクセントが来る傾向の一つだと思います。

>今でも標準語なんていうんでしょうか。

これは人によると思います。私は「標準語」と呼ぶ主義です。国で決めた標準語というものはないけれども、社会的にかなり限られた形態の日本語使用を標準的なものとして、それに外れたものは“間違っている”とされることが多いです。共通語程度の言葉なら、そのような強制力はあってはならないと思いますが、実際には誰もが言葉の自警団になって、そうでない言葉を排斥しているのが現状のようです。

私は埼玉県川越の出身で、文法や語彙、発音などが、東京とわずかに違います。それらは、川越の言葉を使ってもほとんど通じるものであるにもかかわらず、“間違った言い方”として、その存在すら認められていません。たとえば、「来ない」を「きない」と言っても、変わった言い方だなあと思うだけで、意思疎通に問題は起こらないはずですが、小中学校のとき、ずいぶんうるさく注意されました。

以前は、「標準語というのは幻想で、共通語があるだけだ」という話をよく聞きましたし、最近もたまにそう言っている人を見かけることがあります。しかし私は逆に、標準語が存在しないというのが幻想で、権威を持った標準語が日本人の言語生活の上に君臨していると思います。

ある日本語教授法の本で、教師が「もっかい(=もう一回)」と言ったことをやり玉にあげているのをみました。日本語教育は「標準語」を教えなければならないという暗黙の了解が、専門家たちの間にはあるようです。

From horobasya@chance ( HP ) To kiyoko@gatecity yoshimoto@chance ijustat@chance at 2002 03/19 21:32 編集 返信

RE:日本語のアクセント

>大根 DAIKON

>Aにアクセントが東京弁
>Iにアクセントは何弁?
>Oにアクセントで知りあがりが東北弁

>幌馬車先生 日本語の標準語はどこにアクセントになるのですか?

今でも標準語なんていうんでしょうか。幌馬車は東京育ちだけど、両親は名古屋だったから、少し揺れがあるかもしれないし…。ちなみに国語辞典を引けばアクセントがでているんですよ。見出し語のすぐ下にある丸で囲まれたアラビア数字、あれがそうです。たいてい付録に「アクセント表示」と言うのがある。まあ、あれ読んで意味のわかる人って、あまりいないでしょうが。

アクセントなんかはyoshimoto先生やijustat先生の方が良くご存知なはず。ちょっと御伺いしましょう。

と言うことで、yoshimoto先生にijustat先生、よろしくお願いいたします。

To GO ijustat@chance at 2002 03/14 23:37 編集 返信

RE:今実家です。

GO様、書き込みありがとうございます。

>また、韓国で行き着いた点は「武士道」新渡戸稲造著

『武士道』ですか。まあ、その精神は、GOさんのようにクリスチャンには理解しやすいと思います。特に新渡戸稲造は、キリスト教文化圏にいるアメリカ人のために『武士道』を執筆しましたから、さらにわかりやすいかもしれません。

私も先月は『西郷南洲遺訓』(岩波文庫)にはまっていました。そのあと、『言志四録』(岩波文庫)をちびりちびりと読んでいます。

それを読みながら思ったのですが、それらは本当に“読書”といえる読書です。読みながら、新しい知識に驚いたり感心したり、また、忘れていた視点を思い新たにしたりといった楽しみが、そこにあります。

それと比較して、私たちは、はたして聖書を“読書”しているだろうかという疑問を感じました。文字は読んでいるが、それは読書でないのではないか。

書かれていることを、教会で聞いた教理に当てはめているだけなのではないだろうか。教理の確認として聖書に目を通しているなら、それは読書とはいえないでしょう。

読書していないから、何だかたくさん恵みは受けているような気はしながら、実は聖書によって私たちの精神はほとんど成長していないのではないだろうか。それが、私の感じている疑問です。

聖書は、“読書”をすれば、その意味が生き生きと、魅力を持って迫ってくると思います。

で、私が韓国で行き着いた所は、「聖書」です。(笑)

From GO To ijustat@chance at 2002 03/14 00:06 編集 返信

今実家です。

ビザ書き換えのため実家です。

父のお気に入りに

http://www.ysugiyama.com/st/index.html

が入っており

その中にここのWebのリンクが張ってありました。

また、韓国で行き着いた点は「武士道」新渡戸稲造著

今日、それを購入し(東大教授著)読んでいます。

明日は父の仕事の手伝いです。

かなり、肉体労働なので今日筋肉痛。
明日でさらに、、、

おやすみなさい。



To ijustat@chance at 2002 03/09 12:42 編集 返信

RE:サムルノリ

伝統打楽器研究所様、書きこみありがとうございます。

>1。
>韓国伝統打楽サムルノリ(プンムル)のワークショップが
>東京で行われますので、参加してみませんか。

いいですねえ。日本にいる方は、ぜひ、素朴で力強いサムルノリの魅力に触れてみてください。

>2。
>韓国伝統打楽を基調にした創作打楽の公演が行われます。
>創作打楽公演「野壇法席」

「野壇法席」とは愉快なタイトルですね。

>剃髪した方、および僧侶の方は無料!!!

ただで見たい方は、これを機に、ぜひスキンヘッドをやってみてください!

To GO ijustat@chance at 2002 03/09 12:44 編集 返信

RE:大変充実したサイトで驚嘆させられています。

>GO@部屋です。

GO@部屋様、書きこみありがとうございます。

>すんばらしいですね。このサイト。そして、韓国語のサイト。
>継続は力なり、という言葉が浮かんできます。

お褒めの言葉、恐縮です。(汗)

>今日はガンソクとその友達と会ってきました。夕食をご馳走に
>なりました。

ああ、よかったですねえ。彼は元気にやってますか。ところで、福音紹介のホームページは、すっかり頓挫してしまったようですねえ。再開を願っています。教会の紹介やクリスチャンどうしのコミュニティーにするのでなく、来訪者の役に立つホームページを作るというスタンスで作らなければ、存在理由が見つけられなくて、ホームページ作りの動機が得られにくいと思います。彼にそういうホームページ作りができればいいんですけどね。

>ijustatさんのページのすべてが参考になります。
>とてもユーザーフリークで感心し、共に内容が充実。
>しっかりと根を下ろしている人とそうでない人の違いなのかな
>と思っているところです。

いや、実は、自分自身もユーザーなんです。自分がいつでもどこでも参照したい知識や、自分が将来忘れてしまうと困るかもしれない自分の今の考えを、ほかの人たちとも共有できる形で載せたりリンクしているのです。

それから、今は会えなかったり、連絡が取れない昔の友達が、ひょっとして自分のホームページを見てくれたら、自分が今どんなことをやっていて、何に関心があるのかが、少しは分かるようにという考えでも、このホームページを作っています。だからというわけではないけれど、ちょっと無用なおしゃべりもあるでしょう。(笑)

From GO To ijustat@chance at 2002 03/03 02:05 編集 返信

大変充実したサイトで驚嘆させられています。

GO@部屋です。

すんばらしいですね。このサイト。そして、韓国語のサイト。
継続は力なり、という言葉が浮かんできます。
今日はガンソクとその友達と会ってきました。夕食をご馳走に
なりました。ijustatさんのページのすべてが参考になります。
とてもユーザーフリークで感心し、共に内容が充実。
しっかりと根を下ろしている人とそうでない人の違いなのかな
と思っているところです。

最近は、小坂忠さんのホームページに良く書き込みしています。
音楽関係者にとってすごい人気ぶりですね。僕も毎日聴いてい
ます。音楽は人を変える力があるとのこと。(小坂忠Web参照)

まずは、挨拶がわりに。

To ijustat@chance at 2002 03/09 12:43 編集 返信

サムルノリ

1。
こんにちは。
韓国伝統打楽サムルノリ(プンムル)のワークショップが
東京で行われますので、参加してみませんか。
3月21日、23日の2日間
池袋芸術劇場の大リハーサル室
講師はプンムル第一人者の房スンファン先生です。

詳細はhttp://taakyonguso.hoops.jpの
掲示板をご覧ください!

2。
韓国伝統打楽を基調にした創作打楽の公演が行われます。
この時期にソウルにいらっしゃる方は、ぜひご覧になってください。

創作打楽公演「野壇法席」
山寺を背景に僧侶たちの生活を、コミカルに表現した打楽パフォーマンス

3月8日ー24日まで毎日
平日 午後8:00 日曜日午後4:00
土曜日 午後4:00と7:00の2回
ソウル市ジョンノのヨンガンホール
(地下鉄1号線ジョンノ5ガ駅1番出口)
R席 2万ウォン、S席 1万5千ウォン、A席 1万ウォン
(学生および団体20%割引)

剃髪した方、および僧侶の方は無料!!!

詳細はメールをください。

To horobasya@chance ijustat@chance at 2002 02/22 22:17 編集 返信

RE:日韓フォーラム

幌馬車先生、書き込みありがとうございます。

>もうご存知だと思いますが「日韓フォーラム」にアクセスできなくなっています。供給元に問い合わせたところ「現在green.jbbs.netサーバに接続できない状況が続いております。管理機器にトラブルがあり、データ自体が消失してしまいました。ログ復旧等は不可能な状況であることを確認いたしました。」とのことです。いろいろ有意義な情報もあったので、たいへん残念です。

おお、何と悲しいことでしょうか。

>そんなわけで新しい掲示板を作りました。リンク先を貼り替えていただければと思います。

分りました。さっそくリンク先を変更いたします。


From horobasya@chance ( HP ) To yoshimoto@chance ijustat@chance akizuki@chance at 2002 02/22 02:45 編集 返信

日韓フォーラム

もうご存知だと思いますが「日韓フォーラム」にアクセスできなくなっています。供給元に問い合わせたところ「現在green.jbbs.netサーバに接続できない状況が続いております。管理機器にトラブルがあり、データ自体が消失してしまいました。ログ復旧等は不可能な状況であることを確認いたしました。ご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ありませんでした。」とのことです。いろいろ有意義な情報もあったので、たいへん残念です。そんなわけで新しい掲示板を作りました。リンク先を貼り替えていただければと思います。
http://jbbs.shitaraba.com/travel/316/

From horobasya@chance ( HP ) To ijustat@chance at 2002 02/12 12:44 編集 返信

旧正月

明けましておめでとうございます。先ほどカードが届きました。どうもありがとうございます。今年がijustat先生にとってよい年でありますように。今年もよろしくお願いいたします。

To さっく at 2002 02/10 12:12 編集 返信

RE:韓国に行きます

さっくさん、はじめまして。

>日本語学校を訪ねたいのですが、当てがありません。どなたか情報をいただけませんか?
>ソウルは2回目ですが、韓国語もわかりませんので、学校のアクセスも教えていただけるとうれしいです。

そうですか。メールアドレスでも書いてあれば、誰か親切な人が情報をくれるかもしれないんですけどね。

このような情報は、「在韓日本語教師のメーリングリスト」でなさった方がいいと思います。http://ijustat.tripod.co.jp/の表紙から入ることができます。そちらに登録して、質問してみてください。なお、このメーリングリストには豊富で質の高い過去ログがあります。過去ログは登録しなくても見ることができます。ぜひご覧になってみてください。

From さっく To ijustat@chance at 2002 02/10 00:41 編集 返信

韓国に行きます

はじめまして。
2/20から2泊3日でソウルに行きます。
日本語学校を訪ねたいのですが、充てがありません。どなたか情報をいただけませんか?
ソウルは2回目ですが、韓国語もわかりませんので、学校のアクセスも教えていただけるとうれしいです。

To 韓国系日本人 at 2002 02/08 23:07 編集 返信

RE:お久しぶりです。

韓国系日本人様、お久しぶりです。

>ご無沙汰しております。私のこと覚えてらっしゃいますか?

メールアドレスのIDは記憶があります。(笑)

>それはさておき、私、三月より念願叶って(?)韓国で日本語教師として働くことになりました。(^^ゞ
>今回はソウルではなく、プサンの学院でなのですが。
>とにかく、先ずは修行と思い頑張りたいと思います。

おめでとうございます。がんばってください。おっしゃる通り、まずは経験を積んで、それから飛躍することを考えた方がいいと思います。

>後々は大学院で日本語教育について学ぼうと考えています。
>今後、何かとお世話になるかも知れませんが、宜しくお願い致します。<(_ _)>

こちらこそ、よろしくお願いします。

To yuko at 2002 02/08 23:12 編集 返信

RE:どうしたら…

はじめまして、yuko様。

>私は今、韓国で日本語教師として働く道を探しています。
>しかし、私にはいわゆる”有資格者”として必要な条件がそろっていません。
>4年制大学卒業後、1年間カナダへ留学しており、去年夏
>帰国しました。

韓国で日本語教師をする場合、最低の資格は4年制大学を卒業していることです。ですから、yukoさんは、韓国で日本語教師をする資格があると言えます。希望を持ってください。

>彼らは”日本語教師として韓国においで”といってくれます。

その友人たちに助力を求めたらどうでしょうか。彼らと連絡を取り合いながら、情報を集めていくといいと思います。

>ホントにホント−に韓国で働きた−い!!!!!

“Ask and it shall be given you.”です。「ホントにホント−に韓国で働きた−い」という願いをずっと持ち続けているなら、そのチャンスは必ず与えられると思います。

あ、それと、「在韓日本語教師のメーリングリスト」というのがあります。私のホームページからもリンクされています。このメーリングリストは非常に充実した情報が交換されていますので、ぜひホームページに入って過去のログを読んでみてください。

From くろこ( HP ) To ijustat@chance at 2002 02/08 16:01 編集 返信

クジョンの会です

クジョンの会inyokohama

2002年の春節=クジョン2/17横浜で開催
2002旧正月の会「全世界的春節大茶房」
−NewYear’S Acoording to Spring occasional Festival in YOKOHAMA−
2002年の春節=クジョンをW杯開催の地、横浜で祝いませんか?皆さんと一緒に手料理を作ったり、ゲームしたり、民族衣装(韓国だけではない 日本だけでもない アジアだけでもないんです)着たり、誰でも楽しめるイベントです。湘南新宿ラインを使って、東京西部や埼玉、北関東方面の皆様もお気軽にどうぞ!!もちろん神奈川の皆さんは特にどうぞ!!
●日  程:2002年2月17日(日)
●時  間:15:00〜17:00

●会  場:ソリ・マダンホール 
●住  所:横浜市神奈川区鶴屋町2−10−1神奈川韓国会館7階
在日本大韓民国民団神奈川県地方本部内 (045−316−0815) 
●交  通:JR・京急・東急・相鉄・横浜市営地下鉄 横浜駅西口徒歩5分

●料  金:一般¥3000 学生¥1500 高校生以下¥500
(家族同伴の場合は高校生以下無料)

●主  催:国際交流グループ・クロカル茶房
●E-mail・daisabo@hotmail.com

From yuko( Mail ) To ijustat@chance at 2002 02/05 23:42 編集 返信

どうしたら…

こんにちは、はじめて書き込みさせてもらいます。
私は今、韓国で日本語教師として働く道を探しています。
しかし、私にはいわゆる”有資格者”として必要な条件がそろっていません。
4年制大学卒業後、1年間カナダへ留学しており、去年夏
帰国しました。
その留学先で、沢山の韓国からの留学生達と出会い、心からの
友情を築くことができました。
彼らは”日本語教師として韓国においで”といってくれます。
私も、韓国と日本の掛け橋とも言える、その職業に携わりたい!です。
資格がなくても、教師として働ける道はあるんですか?
アドバイス欲しいです!
ホントにホント−に韓国で働きた−い!!!!!

From 韓国系日本人( Mail ) To ijustat@chance at 2002 02/01 16:10 編集 返信

お久しぶりです。

ご無沙汰しております。私のこと覚えてらっしゃいますか?
それはさておき、私、三月より念願叶って(?)韓国で日本語教師として働くことになりました。(^^ゞ
今回はソウルではなく、プサンの学院でなのですが。
とにかく、先ずは修行と思い頑張りたいと思います。後々は大学院で日本語教育について学ぼうと考えています。
今後、何かとお世話になるかも知れませんが、宜しくお願い致します。<(_ _)>

To yoshimoto@chance at 2002 01/08 21:10 編集 返信

あっ!

>>>うちは韓南洞じゃなくて、二村洞なのです。
> 漢字では、「漢南洞」では?

あっ!

From yoshimoto@chance To horobasya@chance ijustat@chance at 2002 01/08 00:39 編集 返信

漢南洞

>>うちは韓南洞じゃなくて、二村洞なのです。

>江南から見れば、二村もなにもおなじもの(ぶつぶつ)。

漢字では、「漢南洞」では?

From yoshimoto@chance To ijustat@chance at 2002 01/08 00:36 編集 返信

私は何人

>え、電話をされてたんですか。知りませんでした。でも、もう新学期が始まっていて、ひょっとしたらたまたま授業中に電話されたのでは……。

そうかもしれません。
タイミングが悪かったんでしょうが、でも何度もお電話したんですよ。
逆に、私の方にも、なかなか連絡がつかない可能性もありますけど。

>私たちが変化したことはきっと事実だと思いますが(無自覚…汗)、日本にいる人たちも、相当変化したと思います。ここ10年の環境の変化は大変なものですから。だから、自分のことを棚に上げてそう言ってみているわけです。

たしかに、それはよくわかります。
私も、たまに日本に帰ると、空港で「ヨックォン ポヨ ジュセヨ(パスポート見せてください)」と韓国語で言われたり、売店で「すみません。日本語、わかりますか。」と聞かれたりします。
一体、何人(なにじん)に見えるんだ?

To horobasya@chance at 2002 01/07 12:51 編集 返信

梨泰院と韓南と二村

>>うちは韓南洞じゃなくて、二村洞なのです。

>江南から見れば、二村もなにもおなじもの(ぶつぶつ)。

まあ、確かにそうですね。

ところで、二村って、印象の薄い地域のようです。私の知り合いもこの間電話で、私の家のことを梨泰院って言ってました。そのとき“二村”ですよって訂正したんで、今回も同じ気分で訂正しちゃったんです。

From horobasya( HP ) To ijustat@chance yoshimoto@chance at 2002 01/07 03:05 編集 返信

RE:平成14年

>うちは韓南洞じゃなくて、二村洞なのです。

江南から見れば、二村もなにもおなじもの(ぶつぶつ)。

To horobasya@chance at 2002 01/06 14:35 編集 返信

RE:平成14年

>>さあ、私も何年だったか……。たしか今年は平成13年では。違ったかな?

>今年は平成14年でした。

うわあ、本当ですか。じゃあ、去年が平成13年だったんですね。

>>本当に、浦島太郎の気持ちがよくわかります(?)。

>韓国は竜宮城だったのか。韓南洞に乙姫様がいっぱいいる(?)。

じゃあ、ロビンソン・クルーソーか、小野田寛郎元少尉か、横井正一元軍曹か……。でも、彼らは一人ぼっちでしたよね。まあ、そういう細かいことはいいとして、うちは韓南洞じゃなくて、二村洞なのです。

To yoshimoto@chance horoasya at 2002 01/06 14:12 編集 返信

RE:謹賀新年

> 明けましておめでとうございます。
> 今年もよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

> ijustat先生、この頃、お忙しいようですね。
> 電話連絡もなかなかつかないし、メールのカードもお送りしたのですが、まだ確認もされてないみたいですし。

え、電話をされてたんですか。知りませんでした。でも、もう新学期が始まっていて、ひょっとしたらたまたま授業中に電話されたのでは……。メールの方は、確認してみます。開いたらメールの嵐になっているのではないかと思うと恐いですね。

> 逆に、われわれの方が、日本語を話す外国人みたいに見られるのでは?

実は、それを分かっていながら言っているのです。私たちが変化したことはきっと事実だと思いますが(無自覚…汗)、日本にいる人たちも、相当変化したと思います。ここ10年の環境の変化は大変なものですから。だから、自分のことを棚に上げてそう言ってみているわけです。

To 朝鮮語愛好家@中国_延辺 at 2002 01/06 13:52 編集 返信

RE:ご挨拶

朝鮮語愛好家@中国_延辺様、書き込みありがとうございます。

> こんにちは。趙先生のBBSから来ました。

> ところで、「書き込み先」って、なんですか?わからないのでデフォルトの「ijustat@chance」のままにしておきましたが。

それでOKです。

ところで、コンピュータ用語には、それを使った人にしか分からないような言葉がよくありますよね。私も意味が分からなくてそのままにしたら、アリャー! なんてことが時々あります。

よく分からないといえば、トライポッドのファイルマネージャー(ホームページを管理できるページ)は、わざと変な日本語を使っているようで、「テキストだけ表示」と言うべきところを「すべてのテキスト」と言ったりして、利用者を考え込ませます。まあ、これも一つのユーモアなのでしょう。

From 朝鮮語愛好家@中国_延辺( Mail ) To ijustat@chance at 2002 01/06 03:22 編集 返信

ご挨拶

 こんにちは。趙先生のBBSから来ました。

 ところで、「書き込み先」って、なんですか?わからないのでデフォルトの「ijustat@chance」のままにしておきましたが。

 では。

From yoshimoto@chance To ijustat@chance at 2002 01/04 21:05 編集 返信

RE:謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ijustat先生、この頃、お忙しいようですね。
電話連絡もなかなかつかないし、メールのカードもお送りしたのですが、まだ確認もされてないみたいですし。

>私の日本での時間は90年で止まっているので、日本に戻るたびに、未来の世界です。日本に住んでいる人たちも、日本語を話す外国人みたいだし。本当に、浦島太郎の気持ちがよくわかります(?)。

逆に、われわれの方が、日本語を話す外国人みたいに見られるのでは?

From horobasya@chance ( HP ) To ijustat@chance yoshimoto@chance at 2002 01/04 13:11 編集 返信

平成14年

>さあ、私も何年だったか……。たしか今年は平成13年では。違ったかな?

今年は平成14年でした。先日、明洞へ行ったとき日本書籍の店で神宮館の『平成14年神宮館九星本歴』というやつを買いました。毎年正月になると売っている暦と占いの親玉みたいな本です。初めて買ったのですが、なかなかおもしろいですね。ちょうどその日飲み会があったので、そこでその店のママさんの運勢を読んであげたところ、おもしろがって、結局すべての子の運勢を占うはめに。ちょっとした占い師気分です。何かの集まりに持っていくと人気者になれそうですよ。日本語教師としても必携の書だったりして。幌馬車は一番安いのを買いましたが、できれば部厚いほうが。

>本当に、浦島太郎の気持ちがよくわかります(?)。

韓国は竜宮城だったのか。韓南洞に乙姫様がいっぱいいる(?)。

今年は皆で乙姫様ツアーでもしてみますか。

<注>
韓南洞は日本人会御用達のカラオケがたくさん集まっているところ。ですから乙姫様ツアーとはカラオケのはしごのことです。お間違いのない様に。

To Joy at 2002 01/04 12:30 編集 返信

RE:セヘボン マニ パデュセヨ

Joy様、セヘ ボンマーニ パドゥセヨ

>今は日本で日本語教師をしていますが、
>半年後に韓国に住む事になりました。(主人はもうソウルにいます)

すばらしいことですね。歓迎いたします。

>2歳の息子を連れて海外の引越し・・・とても不安です。
>韓国では大学院へ進学し日本語教育を研究したいと思っています。

最近私は外国語の勉強の方に関心が向いてしまっていますが、日本語教育にも関心を戻して、韓国で日本語を教えたい人の役に立てるようにしたいと思います。

>分からない事だらけなのですが、将来は韓国の大学で日本語を教える事が出来たらいいな〜と夢見ています。
>宜しくお願いいたします。

こちらこそ。私も実は分からないことだらですが、よろしくお願いします。