985   ニュアンスって難しいですね。
2002/02/27 13:39:56  ijustat   (参照数 0)

ゆどうふさんこにちわ!ijustatです。

>ふむ 似た言葉の使い分けということですね
>うそっぽいやつには スサンハダ
>摩訶不思議なものには イサンハダ
>「ス」と「イ」で微妙な差が出るんですね!
>なるほどなるほどメモメモ。

ニュアンスっていうのは、難しいですよね。「イサンハダ」は“普通ではない”ということで、意味が広いですから、いろいろな状況で使えます。

ちなみに「イサンハダ」の「イサン」は“異常”のことです。でも、日本語の“異常だ”に該当する意味では、「イサンハダ」では弱くて、「ピージョンサンジョギダ(bi-jeong-sang-jeog-i-da)」を使います。「ピージョンサン」は“非正常”です。「ジョク(jeog)」は“的”。

私は「スサンハダ」の「スサン」は固有語だと思っていたのですが、今気が付いたついでに『延世韓国語辞典』を引いてみると、“殊常”と出ていました。そういえば、“ことに”というとき“殊に”とも書くし“異に”とも書きますよね。この二つの単語、意味が似ているわけもうべなるかなということですね。