1848   むずかしいお礼
2004/03/10 23:53:37  ijustat   (参照数 1)

らぴすさま、こんにちは。

>>○相手にしてあげることだけを考え、見返りを期待しいない。
>>(難しいことですが、これはまだ韓国に来る前に、増田忠幸さんから忠告されました。いつもとはいきませんが、時々思い出してこの忠告を守ろうとしています。)
>
>上記のことに関して、韓国人も出てのドラマで(現地ロケ、現地スタッフ、俳優、女優も登場してのドラマです)
>主人公がうけた親切にお返しになにか持っていったら
>「韓国」の大家さんでもあるおばさんが日本からきた奥さんに
>繰り返し言ってました。
>
>「自分が受けた親切は、
>親切をしてくれた人に返す必要はない。
>
>自分が受けた親切は忘れずに
>別の困っている人を見つけたら、その人に親切にしてあげることだ。
>私はなにも困っていないのだから。」
>
>
>と反対に怒られてしまい、(お年寄りの域にはいりかけてるおばさんなので
>文化の違いに気遣うよりも、習慣を教えてあげようとしたのだと思いますが)
>日本式のお返しをしにいった彼女はすごくとまどっていました。

なるほど、そうですね。これは日韓関係の本質にかかわる、いい質問です。

日本では、すぐにお礼をするのが礼儀にかなっていますが、韓国では、すぐお礼をすると、まかり間違えば、何か取引をしたように思われてしまうのです。それは、むしろ情のなさを表します。

日本でも、お礼というのはモノがうれしいのではなくて、気持ちがうれしいわけですが、韓国でも基本的には同じで、ただ、その気持ちの表し方が違うために、相手に後味の悪い思いをさせてしまう可能性がいつも控えています。(気持ちよりモノを喜ぶこ人もいます。)

しかし、もう一方では、韓国の人の中には、相手のお礼を固く断るのが一次的な礼儀としている人も少なくありません。若い人の間では、そういうことはあまりありませんが、年配の人(特に知識人)は、特にそういう礼儀意識を持っています。そのときは、私の立場ではこのお礼をすべきだと反論し、無理やり受け取ってもらおうとするのも、一つの情の表し方です。

現在の韓国は、様々な価値観が入り乱れているので、すべてこの調子で行くわけではないのが泣き所です。しかし、私の考えでは、とりあえずは日本式の礼儀作法でお礼をして、相手の反応によって自分の態度を切り替える必要があると思います。

>どうも日本人どうしだと、島国根性、ほとんどみんなおんなじことを考えてるはずなのにって思いが先にたちますね。こわいことに。わかってくれたっていいのにぃと
>近い世代の人には、特に思います。

らぴすさんは、日本人だからってみんな同じことを考えているとは、期待していませんよね。日本人の価値観は、一昔前の韓国人の価値観に比べれば、ずっと多様です。アメリカの話を聞くと、びっくりしてしまいますが、それほどではないにせよ、やはり人々は銘々てんでばらばらな世界で生きているようです。

>うちは同居で、田舎なので、ものすごい量のお祝い、入院しても、すごい量のお見舞いがきてお返しするときは、その段取りだけで一日つぶれてしまうという具合なのです。送るわけにいはいかない家に、訪問するだけで数日つぶれたりするし。(日本の気をつかう文化はすばらしい気遣いかもしれないけれど、お返しはいらないという習慣にしたほうがいいとよく思うし、日本人からもよく聞かれますよねぇ)

こういう点は、私の苦手な部分です。地域によって違うだけでなく、都市部とそれ以外の地域によっても違うかもしれませんね。私の故郷である、埼玉の川越でも、お礼のし方などはいちおうしきたりがあるようですが、それでもらぴすさんから見れば、ずっと簡素なようです。