1680   Re^9:アウトプット
2004/02/20 20:14:00  ijustat   (参照数 11)
これは 1674 [Re^8:アウトプット] への返信です

ゆどうふさんこにちわ!ijustatです。

>言いたいことはあるけど言えない、表現を知らないので出来ない
>というのは、初学者にとって一番つらいことでせうね。
>しかしインプットがある程度ないと絶対それは無理だし…
>で、挫折感感じて、外国語学習が嫌になる、と。
>会話の授業もこの意味で英語嫌いを作っている、という印象を私は持っています(悪名高い「文法」だけじゃなくて)

ああ、なるほどそうですね。英語嫌いを作っているのは、案外会話の授業かもしれませんね。青い目をした巨躯の英会話調教師が、どれ話してごらんと、英語でどういうのかもわからない表現を言うよう要求し、それに唖然としているところで、他の人に回されて、その人が何とかしゃべってしまう。そこで英語でしゃべることに挫折して、英語学習が嫌いになる。

でも、しゃべること自体、簡単なことではありません。日本では日本語の文脈があって、その枠組みに自分の思考を流していくわけですが、それに該当する表現は英語にはないことが多いからです。まずそこのところを押えれば、もしかしたら英語で話すのは余り難しくないのかもしれません。

それだけでなく、私たちは知らない人に話し掛けるのはあまりにも慎重ですが、英語でそういうことをすると、不審人物に見られかねないそうです。だから、知らない人にでも気軽に声を掛けられるメンタリティーを教えてもらう必要があると思うのですが、そんなの英会話学校で教えてくれませんよね。

私の住んでいるソウルでは、東京よりは知らない人と会話が始まることが比較的多いような気がしますが、それでもアメリカ人の気さくさにはかないません。(でも、ある子供英語クラスの先生は、はじめのうちは“アンニョンハセヨ”と挨拶すると、非常に当惑した表情で逃げていきました。それでもずっと挨拶するのを続けていると、そのうち挨拶を返してくるようになりました。そういう人もいます。その先生はたぶんアメリカ人だと思いますが、アメリカ人にも外国人恐怖症はあるのかなあと思いました。)

>独学だと逆にそういう場がないためにインプットのほうばっかりにお熱になってしまう…
>
>この辺は各人の工夫しかないのかもしれません。
>だからこそ学習ストラテジーとして、ijustatさんのいわれるように「覚えたものをすぐに自分の体験の中に呼び出す」という方略が有効なのだと思います。

そうですね。で、前から考えているのですが、その外国語を話す人から習うとき、言語教育の専門家でなくてもかまわないのですが、家ではインプット中心の独学をし、その先生とはフリートーキングに近いことをするのがいいのではないかと思います。これは、両者の長所と欠点をうまくカバーした、割れ鍋に閉じ蓋のような方法だと思います。いかがでしょう。^^