1655   Re^2:50イングリッシュ
2004/02/15 22:54:54  ijustat   (参照数 1)
これは 1652 [Re:50イングリッシュ] への返信です

☆様、こんにちは。

50 English”をキョボ文庫で買ってきました。この本、日本書籍のコーナーには数冊あったので、これは韓国でもよく売れている本だろうから、韓国語の原書もきっと平積みになっていることだろうと思っていました。

ところが、一般の外国語教材のコーナーでこの本を探してみると、どうしても見つけられません。この本の姉妹編の“50 English 英文法”という本は見つかったのですが、肝心のこの本がありませんでした。それで、店員にこの本を探してくださいと頼むと、平積みになっているところではなくて、普通の本棚の方へ行って探しています。そしてしばらく探したのち、この本を見つけました。そこにはこの本が1冊しかありませんでした。原本は日本語版と違って、カセットテープ2本が透明のビニールカバーで本につけてあります。

先ほど家に戻ってきてこの本を開いてみましたが、いや驚いた。28ページに「英語が習慣となるには、文を暗記したのちに、細切れの時間を利用して一つの文を千回ほど集中的に発音してみる練習と努力とが、必要である」と書いてあります。いや、千回だなんて……。(汗)日本語版にもそう書いてありますか。

上のリンクしてあるページは、キョボ文庫のこの本のページです。下にインデックス模様の“ブックログ”が出ていますが、これはこの本に関する読者の書評です。韓国語の読解に挑戦してみたい方はぜひ読んでみてください。

書評は主に否定的で、中にはこき下ろしているものもあります。しかし、それらを全部読んだ印象としては、書評だけではこの本がいい本なのか悪い本なのかさっぱり分からないということでした。ひどくけなしている書評は、言語習得に関して何か勘違いをしている印象があります。ある書評は、著者の言語習得理論の見識が偏狭だと指摘していて、それは正しそうな気がしました。しかし、その人はこの本の効果の有無については何も言っていません。この本を覚えたら英語が口を突いて出てくるようになったと喜んでいる書評もあります。しかし、それは別に特別なことだとは思えません。

言語教育の専門家が作ったものではないから、たぶん大した本ではないかもしれません。しかしそれでも、読む価値がないとか、これで英語が伸びるわけがないとか言うのは言葉が過ぎると思います。現にこれで英語の実力を伸ばしている人がいるわけですから。暗記例文としては十分な量がありますし、それなりに重要な要素を整理していることでしょう。また、これでは英語の映画が聞き取れるようにはならないと批判しているのは、ちょっと注文の多すぎる要求です。ひょっとして、この本にそんな効能書きが書いてあるのでしょうか。(実はまだよく目を通していないのです^^;)

この本をめぐって、あれこれと思いをめぐらしてみました。