1395   Re^2:ご意見下さい!
2003/07/09 14:37:24  ijustat   (参照数 13)
これは 1393 [Re:ご意見下さい!] への返信です

>>私は現在、大学で日本語教師になるための勉強をしているのですが、もっとこの分野の勉強に集中したいと考えるようになり、大学を辞めてNAFLの日本語教師養成通信講座を受けながらバイトをしてお金を貯め、日本語教育能力検定試験を受けて合格したら、海外派遣プログラムに参加したいと考えているんです。友達からも様々な意見をもらったのですが、もっといろんな人からの意見を聞いてみたいと思うので、よかったらご意見をください!!
>
>初めまして。
>前の書き込みで書きました猪浦さんの「語学で身を立てる」には、「相手の国の言葉を知らない場合は、自分はその人には日本語は教えない」というくだりがあります。
>相手の言葉を知らないと、何処で生徒がわからないのかがわからない。ダイレクトメソッドは似たような言葉を使っている生徒には効果的だが、日本語/英語などの場合はそうではない。といった事が書いてあったような気がします。
>外国語は既にお出来になるということですよね?

韓国で日本語を教えていると、この点を強く実感します。ちょっと分かって意思疎通ができるだけではあまり役に立たなくて、その言語の深層にまで迫るまで勉強することが大事だと思います。日本語も韓国語も、簡単に図式化できず、世代差と個人差のある混沌とした世界ですが、その両方の混沌を理解することが韓国人に日本語を教えるときに必要だと思います。

でも、相手の国の言葉を知らなければ日本語を教えられないわけではありません。教師が学習者を理解できないという欠点が残るというだけです。学習者と心は通じるかもしれないけれど、その学習者の世界に入って日本語習得の困難さを知ることは無理でしょう。そういう欠点はあっても、学習者が日本語を習得するのに手助けできないということではありません。そういう現実を踏まえた上で、自分が取るべき態度を決定すればいいと思います。

ところで、海外で日本語を教えるとき、最低限の資格として四大卒であることが求められる場合があります。韓国ではそうです。日本で取った四大卒の資格が必要なのです。他の国でもやはり似たような資格制限があるかもしれません。